都城の歯医者(歯科医)Heart dental〜ハートデンタルクリニック〜都城市の歯の治療、歯の矯正、虫歯予防

都城の歯医者(歯科医)Heart dental〜ハートデンタルクリニック〜都城市の歯の治療、歯の矯正、虫歯予防
都城の歯医者-ハートデンタルクリニックへ問合せ
都城の歯医者-ハートデンタルクリニックへのアクセス
都城の歯医者-ハートデンタルクリニック営業時間
info@heartdental.net
都城の歯医者Heart dental-治療メニュー都城の歯医者ハートデンタルクリニック-一般治療都城の歯医者ハートデンタルクリニック-子供の診療都城の歯医者ハートデンタルクリニック-矯正・審美都城の歯医者ハートデンタルクリニック-予防歯科
  TOP >> 診療方針
都の歯医者-ハートデンタルクリニック 診察に関するお問合せ

診察に関するお問合せは

こちらのフォームより

診察のご予約TEL 0986-59-7700

〒885−0031

宮崎県都城市天神町19街区21号

都城の歯医者ハートデンタルクリニックの医院案内
  • 都城の歯医者(歯科医)ハートデンタルクリニック診療方針
  • 都城の歯医者(歯科医)Heartdental医院紹介
  • 都城の歯医者ハートデンタルクリニック 診療時間
  • 都城の歯科医 Heartdental院長紹介
都城の歯医者 ハートデンタルクリニック 営業カレンダー

色の付いている日は休診日

詳しい診療時間はこちら

予防歯科Q&A
定期検診は異常がなくても行った方がいいのでしょうか?

むし歯や歯周病は初期段階での自覚症状はほとんどありません。自覚症状のないうちに定期的に検診することが早期発見・早期治療につながり、ひいては治療期間の短縮・治療費の節約になります。それぞれの方により、定期検診の間隔も1ヶ月に1回程度の方〜1年に1回程度でよい方まで幅がだいぶ広いです。 まずは定期検診に一度行かれて現状把握を早目に把握されることをおすすめいたします。


プラークとは?プラークコントロールとは?

プラークはお口の中の細菌の塊です。歯だけでなく、金属や義歯にも付着します。プラークをできるだけ少量にしたり、むし歯や歯周病が起きない程度に押さえたりすることをプラークコントロールといいます。

神経を抜いたのに痛みが取れないのはなぜですか?

神経が除去されているのであれば、歯そのものの痛みではなく、歯根の先の炎症による痛みが疑われます。歯髄<しずい>(歯の神経)は冷たい物や温かい物、甘い物などの痛みを感じる所ですが、歯根膜<しこんまく>という部位は歯を押さえたり(圧痛)、たたいたり(打診痛)、噛んだり(咬合痛)した時の痛みなどを感じる所なので神経を取っても痛むことがあります。

食事の後は3分以内に歯を磨かないとむし歯になるのですか?

問題は時間ではなくて磨き方です。虫歯の原因の1つに歯垢(しこう・プラーク)があります。この歯垢が作りだされるのにかかる時間は、24時間と言われています。ですから、食後にあわてて磨く必要はありません。
あまり時間が取れない場合には、夜だけの1日1回の歯磨きでも構わないですが、十分時間をかけて歯垢がとれるように正しい歯磨きをしなければなりません。間違った歯磨きは歯肉を傷つけ、歯周病の原因にもなります。

毎日使う歯ブラシの『 寿命 』はどれくらいでしょうか?

ブラシは最低でも1カ月に一度取り替えることをおすすめします。また、毛先が開いてしまった歯ブラシは通常よりも早く取り替えた方がいいですし、1カ月経たずにで毛先が開いたりする人は、歯を磨く時に力が入りすぎている場合も多いので、歯科医院でその方に合った歯ブラシと磨き方をアドバイスしてもらうことが大切になります。

電動歯ブラシと普通の歯ブラシではどちらがよいのでしょうか?

電動歯ブラシでのブラッシングのメリットとしては圧倒的に “ 楽 (時間が短い) ” ということが挙げられると思います。またなんだかスッキリしたように感じられると思いますが、これが意外に落とし穴で実際は前歯の方の表面的には磨き残しにそんなに差はでないのですが、歯と歯の間や奥歯では磨き残しは電動歯ブラシの方が多くなりがちです。
これには、電動歯ブラシには一概に電動歯ブラシといっても音波式・超音波式・回転式など種類によって正しい磨き方が違うので説明書などをよく読んだり、歯科医院で実際にデモで使用したりして正しい磨き方を知ることがとても重要になってきます。
結論としては、良い性能を保持している電動歯ブラシですが、知識のない方の場合は普通の歯ブラシで磨いた方がいいでしょうし、知識がある方の場合は電動歯ブラシを使用した方が短時間で楽に清掃できるのでメリットも大きいです。
ただ、いずれの場合でも歯と歯の間は完全には磨けないのでフロスや歯間ブラシなどの補助用具も必須になりますのでご注意下さい。


子供が歯磨き粉を嫌がるのでなにも付けずに磨いていますが、虫歯にならないためには歯磨き粉を使った方がよいのでしょうか?

まず何もつけずに磨いても特に問題はありません。歯ブラシの毛先がきちんとプラークを落としているかが重要なので、それ判断するには逆に発泡剤などがない状態で磨く方がいいと思います。 ただし、歯磨き粉にはわずかに研磨剤が入っているので着色を落とすという点ではわずかな量で使用する方がいいですが、清涼感がでるために磨けていなくても磨けている気がするのが問題なので、自分がおすすめしているのは、まずは何も使用せずに10〜15分程度きっちり時間をかけて磨いた後で、わずかな量だけつけて短い時間を清掃すると歯磨剤の有効成分のメリットも十分恩恵にあずかることもできると思います。
よってむし歯にならないためには必ずしも歯磨き粉は必要ないですが、使用することでなりにくくはなるでしょう。


子供に普段からフッ素入りジェルを毎日使用しています。歯科医院に行った時高濃度のフッ素を定期的に塗った方がいいですよ。と言われました。毎日低濃度のフッ素を使用しているのですが・その必要性はあるのですか?

高濃度と低濃度では作用が違いますので、一般的には組み合わせての使用を勧められます。
ただし、最近では 「 むし歯になりにくい子には安易にフッ素塗布を行うべきではない 」 との考え方もあります。要は予防処置なので、本来ブラッシングによる十分なプラークコントロールができていればそこまで必要ではないかもしれませんん。大事なのは、定期的にかかりつけ歯科医院で仕上げ磨きで磨きにくい部分や磨けていない部分の清掃方法の指導を受け実践することが基本にはなると思います。


フッ素塗布は何歳から行えばよいでしょうか?また副作用の心配はないですか?

フッ素塗布の開始年齢は1歳半〜といわれていますが、結論としてはその子の生活環境などによって多少変わってくると思います。また副作用についてですが、通常年数回塗布するだけなのでフッ素の急性中毒(吐き気や嘔吐)について記載すれば、通常急性中毒症状の発言の最小量は2mg/kg(体重)といわれていますので、平均体重10kgの1歳児だとしても20mgが上限の目安なので、仮にフッ素塗布1回分をすべて体内に摂取しても急性症状は発現しないので特に問題ないと考えられています。


フッ素塗布はどのくらいの間隔で行えばよいのでしょうか?

通常であれば、3〜6ヶ月の間隔で歯科医院でのフッ素塗布をお勧めいたしますが、できればご家庭でもフッ素入りの歯磨き粉やジェルを使用するとより効果的と言われています。
ちなみに予防効果がより高いのは、フッ素塗布よりもフッ素洗口の方だと言われていますが、6歳未満のお子様で飲みこむリスクが多少ある場合を考えると一般的にはフッ素塗布がよく行われているのが実情です。 ただ当医院でも、もし飲み込んで微量のフッ素を取り込んだとしても、むしば予防効果がはるかにメリットがあると考えて 「 フッ化ナトリウム洗口液 」 を幼児用と学童期用に分けて販売もしています。

市販と歯科専用のキシリトールガムやタブレットの違いは?

歯科専用のものは市販のものに比べてキシリトールの含有量が多い、あるいは甘味料として砂糖を全く使用していないかのどちらかです。(市販のものにはわずかに砂糖を含有しているものもあります。)虫歯菌の栄養源となる砂糖の摂取の代わりに甘味料として虫歯菌が栄養として利用できないキシリトールを用いているので虫歯予防効果があるということです。
ガムとタブレットの違いは、差がほとんどないため、その方に合ったものを選択さえればよいと思います。


子供にフッ素塗布を定期的に行えば虫歯になりませんか?また大人になってもフッ素塗布は行った方がよいのでしょうか?

フッ素塗布の必要な回数はお口の状態によっても異なりますが、1年間に2〜4回塗布することによって20〜40%程度の予防効果があるとされています。ただあくまでも正しいブラッシングによるプラーク除去や正しい食事・おやつの摂取が前提になりますので、極端に言えば歯磨きをまったくせずにフッ素塗布だけしていてもむし歯にはなると思います。
またフッ素塗布の成人の方への効果としては、歯周病や部分入れ歯の使用により普段は歯ぐきで覆われているはずの歯の内部のセメント質や象牙質が露出してくることがあり、これらは通常のエナメル質よりも弱くむし歯になりやすいため歯ぐきが下がって根面が露出してしまった場合などでは、根面のむし歯のリスクを下げるのに役立ちます。

歯科専用のガムでキシリトール100%配合というものがあるのですが、それを噛んでも虫歯になりませんか?また歯磨き後に噛んでも大丈夫ですか?

キシリトールは合成の甘味料で虫歯菌が利用できないので、砂糖を全く含んでいない状態であればその食品を摂取したからといって虫歯のリスクが上昇することはありません。ガムを噛むこと自体は唾液の分泌を促進して、お口の中のpHが低下するのを防ぐため歯磨きの後でも噛んで問題となることはありません。