都城の歯医者(歯科医)Heart dental〜ハートデンタルクリニック〜都城市の歯の治療、歯の矯正、虫歯予防

都城の歯医者(歯科医)Heart dental〜ハートデンタルクリニック〜都城市の歯の治療、歯の矯正、虫歯予防
都城の歯医者-ハートデンタルクリニックへ問合せ
都城の歯医者-ハートデンタルクリニックへのアクセス
都城の歯医者-ハートデンタルクリニック営業時間
info@heartdental.net
都城の歯医者Heart dental-治療メニュー都城の歯医者nートデンタルクリニック-一般治療都城の歯医者ハートデンタルクリニック-子供の診療都城の歯医者ハートデンタルクリニック-矯正・審美都城の歯医者ハートデンタルクリニック-予防歯科
  TOP >> 診療方針
都の歯医者-ハートデンタルクリニック 診察に関するお問合せ

診察に関するお問合せは

こちらのフォームより

診察のご予約TEL 0986-59-7700

〒885−0031

宮崎県都城市天神町19街区21号

都城の歯医者ハートデンタルクリニックの医院案内
  • 都城の歯医者(歯科医)ハートデンタルクリニック診療方針
  • 都城の歯医者(歯科医)Heartdental医院紹介
  • 都城の歯医者ハートデンタルクリニック 診療時間
  • 都城の歯科医 Heartdental院長紹介
都城の歯医者 ハートデンタルクリニック 営業カレンダー

色の付いている日は休診日

詳しい診療時間はこちら


なぜ歯は変色するのでしょうか?

変色には様々な原因が考えられます。一般的に考えられる原因は加齢やお茶、コーヒー、コーラ、タバコなどによる着色、そして、外傷や歯の古い修復物によるものです。また、発育期の抗生物質(テトラサイクリン等)の服用による副作用も考えられます。

どんな人でもホワイトニング可能でしょうか?

ほとんどの人が可能です。しかし、それほど効果がない場合もあります。歯科医師による診査や診断により、あなたがホワイトニングの適応症かどうかを判断します。「ティオンホーム」は健康な天然歯を白く輝かせるのに適しています。

安全に使用することができますか?

はい。過酸化尿素を用いる歯のホワイトニングに関しては多くの研究と臨床例が報告されており、また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安全に使用することができます。

歯が白くなるまでにどれくらいの期間が必要ですか?

通常は数日後に効果が現れ始めます。個人差もありますが、2週間続けることで効果がでてきます。

副作用はありませんか?

一般的ですが、治療期間中に知覚過敏(歯がしみるような症状)が起こる場合があります。その場合も治療を中断することにより症状が軽減するか消失しますので、安心して使用することができます。

効果はどのくらい持続するのでしょうか?

個人差はありますが、処置前の状態に戻ることはありません。しかし、カフェインやタバコなどの着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、再度ホワイトニングが必要になりますので、定期的に歯科医師による診査や診断を受け、継続的に使用してください。

ブラッシングは普通にしていいのでしょうか?

歯磨剤は出来ればフッ素入りでないものを選んでください。なぜかというと、ホワイトニング前にフッ素を行うとホワイトニング効果をフッ素が阻害してしまうからです。ですから、ホワイトニング後はOKです。

口の開閉がうまくできない人でも平気でしょうか?

顎関節症の方の場合はカスタムトレーをはめることにより顎に負担がかかり症状を悪化させる可能性がありますので、担当の歯科医師にご相談されてみてください。

神経の治療をした歯もできますか?

失活歯には生活歯(神経の残っている歯)のように表面からのホワイトニングは効果がでません。しかし、歯の裏側の根管内にホワイトニング剤を置いて、レーザーとの併用などで効果がでてきます。

外傷、薬などの影響で歯の色が変色している場合はできますか?

まず、普通のケースより時間がかかります。また、効果が期待できない場合もあります。

茶渋やヤ二がついている場合はできますか?

通常の清掃のクリーニングはホワイトニング前に行います。しかし、着色や歯石の多く付着している方は、まず、PMTCによる徹底的なクリーニングをお薦め致します。その後であれば問題はありません。

むし歯がある場合もホワイトニングできますか?

できます。むし歯を治す前にホワイトニングを行ってください。 むし歯部分がそのまま露出した状態でホワイトニングすると、痛みの原因になります。そこで通常は仮にふさぐ処置を行ってからホワイトニングし、自身の歯の色に合わせて詰めると効率よく治療することができます。詰めた後にホワイトニングを行うと、詰めた色と歯の色が合わずに再度詰めなおさなければならなくなります。

白さはどれくらい持続しますか?

6ヶ月から1年が目安になります。嗜好品(コーヒーやワインなどの色のついた物)をよく摂る方と、ほとんど摂らない方では持続する期間も異なります。ホワイトニング終了から1ヶ月後が再着色しやすいです。


昼に何も食べていないのに歯が黄色くなっていてとても嫌です。なぜこんなに黄色くなるのでしょうか?

歯の変色は加齢によるもの、着色物の摂取などによっておこるものなどがあります。朝晩のブラッシングだけでは加齢による変色をさけることはできません。歯の色調を改善する方法としてホワイトニングがあります。かなりの色調変化が期待できますので、歯科医院でご相談されることをお勧めいたします。


今、ホワイトニングをして、高校卒業後に予定している矯正治療に弊害はないですか?

ホワイトニングは永久的な治療法ではなく、徐々に着色して色調は変化します。ホワイトニング後にブラケットを装着すると、ブラケットの下の歯面は他の部位に比べて外来色素に晒せることがないので、ブラケットを除去したあとに色調の違いが生じることになります。ホワイトニングは歯列矯正治療後に行なう方がよいといえます。
ちなみに、ホワイトニングは未成年や妊産婦などには実施しません。ホワイトニングに使用する薬剤の認証が、未成年に対する安全性を保証していないためです。


1本だけオフィスホワイトニングをしましたが、カフェオレを飲むとホワイトニングが無駄になってしまいますか?

オフィスホワイトニングを実施後やホームホワイトニング期間中、着色の強いものは避けるようにと指示をするのが一般的です。赤ワイン、コーヒー、紅茶、コーラなどの飲み物やカレーなどの着色の強い食べ物などはなるべく避けるようにするのがよいと云われています。

ただ、一回のカフェオレの摂取が特に問題となる事はないですが、どちらかといえば、摂取しない方がよいでしょう。オフィスホワイトニング後、歯の表面はタンパク質等による皮膜が全く無い状態で非常に繊細な状態ですので、最初の1週間はなるべく着色の強い飲食物を避けるのが鉄則です。それ以降は頻度の問題で、オフィスホワイトニング直後の色調が永久的に維持できるものではない事を理解される必要があります。


芸能人はなぜあんなに歯が白くてきれいなのですか?何か特別なことをしているのですか?

定期的に歯科医院で歯のクリーニングを受けている、自分でも丁寧なブラッシングを行なっている、すべてセラミックによる治療を行なっているなどの理由が考えられます。テレビ等で拝見する歯の白さでうらやましがられる方々の多くは、セラミックなどの被せ物により歯ならびの改善とともに歯の色もを変えているのがわかります。

ただ歯科医師の目から見ると明らかな人工的な歯に見える場合もあるので、白くする場合も天然歯との調和を考慮した白さにした方がトータルでは審美的な場合が多いですので、歯科医院で十分相談されることをお勧めいたします。


前歯2本に白いシミみたいなものがあってすごく目立つため気にしています。これはどういう症状なのですか?また、治療は可能ですか?

歯の白いシミのようなものを白斑(ホワイトスポット)と呼んでいます。原因は歯のエナメル質が過度に石灰化したため、あるいは初期虫歯によりエナメル質のカルシウムが一旦溶出した後、再度、石灰化した場合に起こります。 残念ながら、白班そのものをなくす事はできませんが、周囲の歯質を白くするホワイトニングで歯全体を白くし、目立たなくさせることは可能ですが、治療結果は人それぞれで大きく差があります。 その他現実的に効果のある治療法として、エナメル質を一層削り、セラミックでできた付け爪のようなものを貼り付ける『 ラミネートベニア法 』があります。