都城の歯医者(歯科医)Heart dental〜ハートデンタルクリニック〜都城市の歯の治療、歯の矯正、虫歯予防

都城の歯医者(歯科医)Heart dental〜ハートデンタルクリニック〜都城市の歯の治療、歯の矯正、虫歯予防
都城の歯医者-ハートデンタルクリニックへ問合せ
都城の歯医者-ハートデンタルクリニックへのアクセス
都城の歯医者-ハートデンタルクリニック営業時間
info@heartdental.net
都城の歯医者Heart dental-治療メニュー都城の歯医者ハートデンタルクリニック-一般治療都城の歯医者ハートデンタルクリニック-子供の診療都城の歯医者ハートデンタルクリニック-矯正・審美都城の歯医者ハートデンタルクリニック-予防歯科
  TOP >> 診療方針
都の歯医者-ハートデンタルクリニック 診察に関するお問合せ

診察に関するお問合せは

こちらのフォームより

診察のご予約TEL 0986-59-7700

〒885−0031

宮崎県都城市天神町19街区21号

都城の歯医者ハートデンタルクリニックの医院案内
  • 都城の歯医者(歯科医)ハートデンタルクリニック診療方針
  • 都城の歯医者(歯科医)Heartdental医院紹介
  • 都城の歯医者ハートデンタルクリニック 診療時間
  • 都城の歯科医 Heartdental院長紹介
都城の歯医者 ハートデンタルクリニック 営業カレンダー

色の付いている日は休診日

詳しい診療時間はこちら

矯正治療の方法にどういう方法がありますか?

大きく分けて、通常よくいわれる “ ワイヤー矯正 ” また透明のマウスピースを使用する “ アライナー矯正 ” (メーカーにより “クリアライナー、インビザライン、アクアシステムなどという名称でよばれることもありますが、考え方はほぼ同じです)、小児で永久歯のはえるスペースが十分ない場合に骨格を正常な状態に誘導するために取り外しのできる床(プレートタイプ)装置を使用する “ 小児床矯正 ” の3つあり、それぞれの特徴・費用・期間・メリット・デメリットなどはホームページの 『 矯正 』 のページに一覧表がありますのでご参照下さい。

矯正の治療期間はどの程度かかりますか?

治療期間は、症状や治療方法により個人差がありますが、通常ワイヤーをつけてから1年半から2年程かかります。(部分的な治療では、半年程度で終わる場合もあります。)また、歯を動かしても歯は元の状態に戻ろうとするので、きれいな歯並びを維持する保定期間(後戻り防止の装置をつけている期間)が同程度かかりますが、実際はこの保定の時期が一番重要になります。詳しい治療期間や治療方法、費用については、いろいろな資料(レントゲン、模型、顔貌・口腔内写真)をもとに診断して決定しますので、カウンセリング時に不明な点などは納得いくまでご相談下さい。また、矯正治療を受けるにあたって生活習慣の改善が必要になる場合もありますので、治療を受ける前に自分のライフスタイルなども含めて良く相談するようにしましょう。

矯正治療の費用はいくらくらいですか?

矯正歯科治療は、口蓋裂やアゴの手術を伴う機能障害のある特殊なものを除き、健康保険が適用されません。 矯正の費用は自由診療になるため、症状・治療内容により異なり、また各矯正歯科医院によっても異なります。 治療の流れからいうと、資料採得やカウンセリングの前に最低歯型がとれると、ある程度の治療方法・治療期間・治療費用の概算は出せます。(歯型代として500円のみ負担していただき、矯正相談は無料です。) しかし、きちんと診断する場合には資料(レントゲン、歯型、顔貌・口腔内写真など)を採ってのカウンセリングをして治療計画を立てますので、その説明の時にその症例に応じた治療方法・治療期間・治療費用を納得いくまでご質問されるとよいと思います。

装着のときの痛みはありますか?

個人差はありますが、痛みというよりも装置も少し浮いた状態なので、圧迫されてい るという感じはありますが、時間が経てばピッタリと歯にフィットしてきますのでそれも 徐々になくなります。取り外しは慣れればすぐですが、装着当初は難しいので最初に 歯科医院でよく練習してみてください。

歯並びは遺伝と関係ありますか?

歯並びの悪さは、遺伝の場合と後天的な要素で起きる場合があります。たとえば、後天的な要素としては、指しゃぶりの時期が長かった場合、爪や指を噛む癖、内分泌障害がある場合など、歯並びを悪くする要因は実にさまざまで、一概には言えません。

見た目以外に歯並びを治すメリットは何ですか?

歯並びが悪い場合、直接的な影響は少なく感じられる方が多いと思いますが、間接的に様々な悪影響を与える場合(子供の場合だと転倒したときなどに口の中を外傷しやすい、心理的に自信が持てずに消極的になりやすい、イジメにあいやすいなど)があります。歯並びが正しくなると、審美的に美しくなるという外見的要素だけではなく、歯磨きがしやすくなり、むし歯予防や歯周病の予防にもいい影響を与えます。また、噛み合わせのバランスが改善されるというメリットもあります。

歯の矯正はいつ頃から始めたらいいのでしょうか?

矯正治療を始める適切な時期は咬み合わせの状態によって様々で、咬み合せの状態は個人差がありますので、治療を始めるべき時期にも個人差があります。通常は6才臼歯と上下前歯4本ずつ萌出してきたころから第?T期治療(主に歯が生えてくるためのスペースを確保する治療など)を開始する場合が多いです。ただし、乳歯列でも反対のかみ合わせや顎のズレがある場合は早期(乳歯の時期)に治療開始した方がいい場合もあります。もちろん永久歯にすべて生え変わってからでも矯正はできますが、歯が並ぶスペースがない場合は抜歯が必要になる場合が多いです。 また相談するのが遅いことはあっても、早すぎることはありませんので、まずは専門医に相談してみることをおすすめいたします。

大人になってからでも矯正はできますか?

年齢に上限はありません。歯を支える歯槽骨(しそうこつ)が健康であれば、大人でも治療を受けられます。ただ子供の顎骨が成長する時期からすると歯が重なり合っている場合などでは抜歯(通常前から4番目の歯を上下左右4本抜歯)が必要になる場合が多いですが、むし歯の治療をしてダメージが大きい方を選択する場合もあります。 どのような方法が可能かについては、詳しい診査(レントゲンや歯型、顔貌・口腔内写真)の資料をもとにカウンセリング時に治療計画(治療方法・治療費用・治療期間など)を説明していきます。

矯正装置は痛いですか?

矯正の装置にも前述したように大きく3つありますので、それぞれについて説明していきます。
まず、通常の “ ワイヤー矯正 ” の場合は、最初は形状記憶のワイヤーを使用しますが、ひずみが大きいためワイヤー交換した歯の動きはじめに、通常痛みを伴う場合があります。痛みには個人差がありますが、歯が浮くような違和感や、噛むと痛いといった症状が現れることがありますが、この痛みはずっと続くわけではなく、装置をつけて2日目くらいがピークで1週間は続かないようです。しかし、どうしても痛みが治まらない場合には1度早い段階で診察されることをおすすめいたします。慣れてくる頃には最初ほどの痛みはありません。また、装置の違和感に慣れるのには2週間程かかり、治療が進むにつれこの感覚も和らいでくるようです。
また、取り外しできて主に小児に使用する “ 小児床矯正 ” の装置は週に1〜2回回転するので回転した翌日くらいまでは拡大した分少し違和感などはありますが、痛みなどは通常は感じないようです。ただ通常1〜2週間の慣れるまでには少し話しにくかったり、違和感はあると思います。 最後に、透明のマウスピースを使用する “ アライナー矯正 ” の装置は厚さ1mm以下のマウスピースを1〜2週間に1回交換していきますが、マウスピース交換した1〜2日は歯が動く力がかかっているのである程度の違和感があります。ただ、その後は痛みはなく、ほとんど違和感も感じない場合が多いみたいです。

ワイヤー矯正であまり目立たない方法はありませんか?

今までは一般的にワイヤー矯正の場合は歯につけるワイヤーを通すもの(『ブラケット』といいます)もワイヤーも金属のものが使用されてきましたが、最近はブラケットにも 『プラスティックブラケット(透明色)』 や 『セラミックブラケット(白色)』 があり、ワイヤーも見える前面に白いコーティングがされている 『エステティックワイヤー』 があります。 詳細は矯正のページに記載していきますので参考にされて、ご希望される場合は矯正相談や矯正カウンセリング時にご相談下さい。

歯を抜く矯正と抜かない矯正はどういうふうに違うのでしょうか?

最近は 『 抜かない矯正 』 を大きく広告している場合もありますが、結論からいうとすべての症例で 『 抜かない矯正 』 をするのには無理があります。小児で永久歯のはえるスペースが十分ない場合に骨格を正常な状態に誘導するために取り外しのできる床(プレートタイプ)装置を使用する “ 小児床矯正 ” は今から成長する途中でスペースを確保できる場合が多いため抜歯しないで矯正できる場合が多いですが、それでもすべてではありません。またこの装置を大人の方に使用してワイヤーでの根の角度などのコントロールをしない場合は、圧倒的に後戻りの可能性が多くなります。抜歯する場合は顎の大きさと歯の大きさのアンバランス(不調和)に原因があるため、歯を抜歯してそのバランス(調和)を保とうとするのです。もちろん必要の無い歯はありませんが、通常は前歯6本を前に出したり、後ろに引いたり動かす場合が多いので、そのすぐ後ろの4番目の歯(5番目の歯と形態的にも似ているため)を抜歯する場合が多いです。ただし、そこ以上に今までのむし歯の処置で神経を抜いていたり、抜歯しないといけなかったりする歯がある場合には治療期間が多少長くなってもそちらを抜歯する場合もあります。 さらに骨格的に問題もある場合には抜歯だけでは不十分で外科的な手術も併用して改善する場合もあります。 もちろん、抜歯や外科的に手術しなくても上だけ、下だけ見れば綺麗に歯を並べることはできますが、抜歯しない場合はすべて歯を外側に並べていくため、側貌(そくぼう・・・横顔の口元の出具合)などで逆に満足いかない場合(特に上顎前突・・・いわゆる “出っ歯” )もでてくると思います。 そのため患者さまが、一番気になるのはどこか、また側貌の改善などからも判断して抜歯した場合はここまで改善できて、抜歯しない場合はここまでの改善という説明をしていきますので、最終的な判断は患者さまに決定していただきます。いずれにしてもその方お一人お一人の要望や歯並びによりどちらの方がメリットとデメリットがより多いのかを比較した上で、より満足いく結果となるか、ということで判断していきますので、カウンセリング時に十分ご相談下さい。