都城の歯医者(歯科医)Heart dental〜ハートデンタルクリニック〜都城市の歯の治療、歯の矯正、虫歯予防

都城の歯医者(歯科医)Heart dental〜ハートデンタルクリニック〜都城市の歯の治療、歯の矯正、虫歯予防
都城の歯医者-ハートデンタルクリニックへ問合せ
都城の歯医者-ハートデンタルクリニックへのアクセス
都城の歯医者-ハートデンタルクリニック営業時間
info@heartdental.net
都城の歯医者Heart dental-治療メニュー都城の歯医者nートデンタルクリニック-一般治療都城の歯医者ハートデンタルクリニック-子供の診療都城の歯医者ハートデンタルクリニック-矯正・審美都城の歯医者ハートデンタルクリニック-予防歯科
  TOP >> 診療方針
都の歯医者-ハートデンタルクリニック 診察に関するお問合せ

診察に関するお問合せは

こちらのフォームより

診察のご予約TEL 0986-59-7700

〒885−0031

宮崎県都城市天神町19街区21号

都城の歯医者ハートデンタルクリニックの医院案内
  • 都城の歯医者(歯科医)ハートデンタルクリニック診療方針
  • 都城の歯医者(歯科医)Heartdental医院紹介
  • 都城の歯医者ハートデンタルクリニック 診療時間
  • 都城の歯科医 Heartdental院長紹介
都城の歯医者 ハートデンタルクリニック 営業カレンダー

色の付いている日は休診日

詳しい診療時間はこちら

赤ちゃんの歯はどうやってできるのですか?はえる時痛みはありますか?

歯ぐきの下には “ 歯槽骨 <しそうこつ> ” と呼ばれる、骨があり、その中には、お母さんの体内にいるときから “ 歯胚 <しはい> ” とよばれる 歯の芽 のようなものができてきます。この “ 歯胚 ” が成長するのにともなって歯の形が作られ、歯ぐきを押し破ってでてきます。そのため、乳歯や6歳臼歯、親知らずが生えるときは、歯肉に違和感や痛みを訴える患者さんも少なくありません。

歯がまだ生えていない子に離乳食として果汁を与えるのは
むし歯の原因になるのでしょうか?

歯が生えていない状況で、離乳食の種類を心配される必要はないと思います。重要な事はお口の中をガーゼなどで、清潔にする習慣を確立されることです。また、乳幼児のお口の中に常在するむし歯菌は家族からの感染によるもので、むし歯菌の遺伝子型はご両親のどちらかのものと一致することが知られています。したがってご両親のお口の中を清潔にする(歯科医院での定期健診などで)ことが、結果的にお子さんのむし歯予防に繋がります。

何歳から歯磨きは必要ですか?

歯が生え始めたら歯磨きが必要です。はじめはガーゼや綿棒などで歯の表面の汚れをぬぐってあげましょう。その後徐々に歯ブラシに慣れさせてあげてください。

1歳半の娘に、夜寝る前のみ歯磨きをしていますが、もっと磨いた方が良いのか、歯みがき粉はいつから使用した方が良いのか教えてください。

乳幼児であっても歯磨きは、できれば最低1日2回、朝と夜が望ましいといえます。朝忙しい場合は、最低夜の1回だけでもじっくり時間をかけて磨いてあげて下さい。歯磨き粉の使用はいつからが良いという決まりはありません。少なくとも低年齢の間は使用する必要がなく、不安があればスプレータイプのフッ素の使用が推奨されます。

1歳半の男の子ですが、1週間程前にむし歯の治療で白い詰め物をしてもらいましたが、よく見るとその近くに米粒くらいに白くなっています。これは初期のむし歯でしょうか?また診てもらった方がいいですか?

歯の表面にある白くなっている状態が治療前から存在していたのか、治療後に発生しているのかによって解釈が異なります。治療前から存在していた場合、白濁部分まで削除する必要がないと判断したか、あるいは白濁部分を含めると削る量が広範囲になるため経過をみていくのでそのままにした可能性が高いと思います。治療後に白濁が認められた場合には、歯の内部を削って光の透過性が変化したためにエナメル質が濁って見える場合がほとんどだと思います。少なくとも、治療後2週間程度で初期虫歯が進行することはないと考えるのが一般的です。

1歳9ヶ月の娘が転んで砂利が口の中に入り前歯がほんの少し欠けてしまいました。診てもらった方がいいですか?

歯の破折で前歯が欠けていると、乳幼児は気になって舌で頻繁にその部分を触り、傷をつけることがあるかもしれません。歯が欠けて尖っている部分の形態修正を行なった方が良いかもしれませんので、歯科医院を受診されることをお勧めいたします。

むし歯になっていたので歯科医院に連れて行ったのですが泣いて暴れるので治療をしてくれませんでした。このままでも大丈夫でしょうか?

通常ならばむし歯になっているのであれば、むし歯の部分を削ってから詰めるなどの処置をした方がいいと思います。ただ、泣いて暴れるような場合は押さえてなどで治療できないことはないのですが、舌や頬などを傷つけたりしてしまう可能性があります。そのため、食事も取れないくらい痛がったり、夜も寝られないくらい痛がったりする場合を除いては、徐々に練習しながら自主的にできるようになるまではむし歯の穴には仮に詰め物をしたり、進行止めの薬を塗ったりする方がいいと思います。乳歯の時期はあくまでも永久歯でカリエスフリー(むし歯がない状態)にするための準備期間と考えて対応していくといいと思います。

乳幼児〜3歳くらいの小さい子の歯の治療はどのようにするのですか?

むし歯の状態によっても変わりますが、むし歯の進行を抑制するような薬を塗ったりする処置が中心になる場合が多いです。(もちろん削る機械なども使用できるようならば、削ってからレジンという白い詰め物をする場合もあります。)

また、3歳くらいまでにすべての乳歯20本が生えている場合が多いので、可能であれば乳歯奥歯(永久歯が生えかわるのが9〜10歳くらいなので)にシーラントという噛み合わせの溝に予防処置をする場合もあります。(保険内の処置で歯に風をあてることができれば削ったりしないので処置できます。)
2歳半になる子供ですが、まだ奥歯が上下とも生えていません。この先待てば生えてくるものでしょうか?

乳歯の先天欠如は殆ど稀であり、他の乳歯が生えている場合特に心配される必要はないと思います。歯の萌出時期は個人差が大きく、他のお子さんと比較されることはあまり意味がありません。2歳6ヶ月は乳歯列が完成する時期であるとされていますが、半年前後の個人差は珍しくないのであくまでも一つの目安と考えたほうがよいと思います。

指しゃぶりはいつまでに止めるべきですか?

指しゃぶりについては、歯科医(小児歯科、矯正歯科)、小児科医、臨床心理士、言語治療士など専門的な立場で考え方の相違があります。矯正歯科医の立場からコメントさせていただきますと、指しゃぶりは、〜4歳頃までにやめられればほとんど歯並びへの問題も少ないと思われますが、5歳を過ぎても止めることが出来ない場合には指導の必要が出てくると思われます。

4歳の子供ですが、毎日おやつや歯磨きにも気をつけているのに小さなむし歯ができてしまいます。どのような対策を取れば良いでしょうか?

むし歯の原因は歯質の問題、砂糖の摂取量、細菌の量が互いに影響しています。砂糖の摂取(おやつの種類、時間、回数など)には配慮されているようであれば、細菌の量が多いことが考えられますので、歯磨きがきちんと出来ていないか(磨いていても磨けていない場合もあります。)歯質が弱いことなどが考えられます。
お母さんによる仕上げ磨きを実施されている場合、歯質の強化が有効な方法です。歯質の強化にはフッ素が有効とされていますので、ご家庭では低濃度のフッ素ジェルなどを歯磨き後に塗布する事が良いと考えます。
歯科医院では、小児の年齢によって有効なフッ素剤が販売されています。また歯科医院で行うフッ素塗布は濃度の高いものでしますので4〜6ヶ月くらいは有効です。

乳歯は生えかわるので、むし歯を放っておいても大丈夫ですか?

乳歯のむし歯も治療が必要なことは言うまでもありませんが、子どもの年齢とむし歯の進行程度によっては、しばらく経過をみてもよい場合もあります。たとえば、永久歯との交換まで1年程度の初期のむし歯では、清掃がしっかりと行われるならば、治療しなくても特に問題はありません。ただし、歯の交換時期は周囲の条件により大幅にずれることもあり、ご自身での早急な判断は禁物ですので歯科医院でレントゲンなどで確認してもらうといいと思います。

虫歯が深いらしく、神経を抜かないといけないと言われました。大人の歯には影響ないといわれたのですが、神経を抜くとどのような影響がありますか?

乳歯の神経を抜くと、生理的な時期よりも早く歯根吸収をおこす傾向があるため、永久歯への交換も早くなる場合が多いです。乳歯の神経を抜くこと自体は永久歯に影響を与える事はほとんどありません。むしろ、虫歯が神経に近く て歯根の先に炎症があると、永久歯は炎症を避けようとするためにその位置自体を自然に変化させてしまいます。このような場合にはできるだけ、早期に神経を取る処置を行う方が望ましいと考えます。乳歯の神経と永久歯の神経は全く独立していますので、乳歯の神経を取っても永久歯の神経が無くなるなどということはありません。

乳歯の後ろから永久歯が生えてきました。すぐ抜いた方がいいのでしょうか?

下の前歯の永久歯は、通常乳歯の後ろ(舌側)から生えてきますが異常ではありません。ただし、永久歯が生えてきたのに、いつまでも乳歯が残っていると歯並びに影響することがありますので、レントゲンなどで確認するために一度歯医者さんに診てもらった方がいいです。(早めに抜歯した方がいい場合もあります)

幼児のむし歯予防のポイントは?

まずは3回のきちんとした食事と、時間と量を決めたおやつの与え方などに注意し、ミュータンス菌(むし歯菌)の感染をできるだけ防ぐことです。そして、食後と就寝前の歯磨きを習慣付けること、フッ素入りの歯磨剤などを使用することです。また最近では、1歳半〜3歳くらいまでのいわゆる『感染の窓』の時期に甘いものを与えなければ、その後の味覚形成や食習慣(甘い物を欲しがらない、偏食をしない・・・etc.)にも影響を与え、極端にいえばむし歯になりにくくなるといわれています。⇒ 詳しくはブログ 予防歯科 『 感染の窓とは??? 』 (2009.2.25)にも記載してあります。

フッ素塗布は保険が利かないのですか?以前、保険診療でしてもらったことがあると思うのですが…

保険診療でフッ素塗布は可能ですが、次のような条件があります。
1.13歳未満であること、2.歯科医院で虫歯予防についての継続的な指導を受けていること、3.虫歯の数が多いことです。これら3つの条件を満たす必要があります。つまり、虫歯がない状態で予防のためにフッ素塗布はできないのが保険診療の決まりです。(保険診療はあくまでも疾病に対する診療が対象になります)
虫歯が多いかどうかは治療した歯の本数によって決まりますが、治療した歯の本数で0〜2歳で1本以上、 3〜4歳で 3本以上、5〜7歳で 8本以上、(永久歯)2本以上、8〜10歳で (永久歯)4本以上、11〜12歳で(永久歯)6本以上の場合です。歯科医院で定期的にフッ素塗布を行う事も重要ですが、更に効果的な事は家庭でのフッ素剤の使用です。低濃度のフッ素剤を継続的に使用することのほうが、むし歯予防効果が高いといわれています。むし歯予防のためのフッ素塗布は保険外になりますので、当医院では上下全体に塗布して2,500円になります。
(また予防のためのフッ素塗布は各医院によって金額が異なりますので、お電話などでお問い合わせ下さい)

中学3年生ですが下の前歯がまだ全部乳歯です。今抜いたら永久歯は生えてくるのでしょうか?

先天性欠如などで二番目・五番目の永久歯がない方は最近は多くいらっしゃいます。そのような場合は乳歯を永久歯の変わりとして残す場合もあり抜く事はしません。また生え変わったことに気付かずに永久歯を乳歯と勘違いしている場合もあります。永久歯の芽 “ 歯胚 <しはい> ” があるかどうかは大きなレントゲンを撮ればすぐ解りますので、まずは歯科医にご相談ください。