審美治療症例

前歯のすき間をどうしよう?②

2018年7月16日
治療期間:約10日~2週間程度(※型取りしてから)
前歯のすき間をどうしよう?②

ラミネートべニア(処置前後の正面観・・・上;処置前で下;処置後)

  • 前歯のすき間をどうしよう?②

    ラミネートべニア(処置前後の前歯部拡大正面観・・・上;処置前で下;処置後)

  • 前歯のすき間をどうしよう?②

    ラミネートべニア(処置前後の上顎咬合面観・・・上;処置前で下;処置後)

  • 前歯のすき間をどうしよう?②

    ラミネートべニア(処置前後の上顎前歯部拡大咬合面観・・・上;処置前で下;処置後)

  • 前歯のすき間をどうしよう?②

    ラミネートべニア(処置前)

  • 前歯のすき間をどうしよう?②

    ラミネートべニア(処置後)

高校2年生の女子で上の前歯6本の歯と歯のすき間が気になるとのことで来院さ

れました。

以前記載したように、

歯と歯のすき間が気になる場合

には、大きく分けて3つの方法があります。

1.矯正治療による方法

長所;まったく歯を削らない。

   治療終了後に比較的長期間維持できる。

   同時に歯ならびも大きく改善できる

短所;1年~の比較的長期間必要。

   保険外診療である。

2.ダイレクトボンディングによる方法

長所;まったく歯を削らない。

   最短で1日で治療終了する。

短所;噛み合わせによっては脱落することがある。

   歯並びの改善は出来ない。

   保険外診療である。

3.被せ物etc.による方法

長所;比較的治療期間が短い(通常10日~2週間程度)。

   材料によっては保険内診療も可能である。

   歯のねじれや角度もある程度までは改善できる。

短所;歯を削らなければならない。

   審美的材料を使用すると保険外診療である。


今回は、あまり歯は削りたくないが、とにかく早く見た目を改善したいのと、審

美的に改善したいとのことで、3.被せ
物etc.による方法 の中でも


『 ラミネートべニア 』による改善方法

を選択。

この処置の場合は、最初の前準備として削る時のガイドになるものを技工士さん

に依頼して製作してもらうのと、歯の神経を残した状態での繊細な削合(けずる

こと)が必要なのと、より精密な型採りも必要で、削合した日にも見た目でも綺

麗に見える仮歯まで処置します。



そのため削合する日は削る歯の本数にもよりますが、1~2時間程度必要でセッ

トする日も1時間程度必要です。

3.被せ物etc.による方法の場合の中でも、この 『 ラミネート
べニ

ア 
』による改善方法 は費用;現在は1本12万円(税抜

き)で
処置しています。( ※ ここは保険内の被せ物でも、保険外の被せ物で

も処置
きます!)

最初に相談があってから、1ヶ月以内に処置が終わったのでご本人も保護者の方

も大変満足されて終了しました。

前歯のすき間をどうしよう?➀

2015年5月17日
前歯のすき間をどうしよう?➀

ダイレクトボンディング法

いわゆる上の前歯の “ すきっ歯 ” が気になる方は意外と多くいら

っしゃいます。

原因としては、上唇小帯(じょうしんしょうたい)というヒダが子供の頃に発達

していて、外傷などで切れることも多いのですが、そのままになった場合や過剰

歯(かじょうし)といって通常より歯の数が1本多く歯のもとがある場合などが

あります。

こういう場合は、

・ その小帯切除が必要なのか?またいつすればいいのか?

・ 過剰歯は抜歯しないといけないのか?またいつ抜歯すれば 

  いいのか?

など、その方それぞれで対処法が違うので、やはり定期的に受診できるかかりつ

け歯科を持つこと(特に小児の場合)が大切になります。

また他にも年齢とともに噛み合わせが変化してきて、下から突き上げられたりし

た場合も、上の前歯が少しずつすき間が広がってくることもあります。

原因によっては、処置しても戻っていく場合もあるので、原因が何か?と探るこ

とも大切になります。

この方の場合は、1日で処置できる  

『 ダイレクトボンディング法 』
 

を選択されました。

最初に歯型をとって最終的なゴールのすき間が閉じた状態を模型上で作り、それ

に合わせたゴム状の鋳型のようなもの(詰めていくときにガイドとして使用)を

予め準備する期間が2週間程度必要になります。

その間は、特に口腔内では何も変化なく、実際に処置するのは1日で約1~2時

間程度の処置になります。

費用としましては、1ヶ所の処置につき3万円(消費税抜き)なの

で、この方の場合は ×2 で6万円になります。

メリットとしては、他の方法と比較して

・ 圧倒的に治療期間が短い

・ 歯をまったく削らない

・ 比較的安価

などがありますが、デメリットとしては

・ 埋める材料が長期間に渡ると、経時的に吸水など

  で多少変色する可能性がある(永久的ではない!)

・ 噛み合わせによっては、脱落する可能性がある

ということです。

患者さま1人1人の優先事項(費用だったり、期間だったり・・・)が違うため

色々な治療方法を提案していただき、十分メリットとともにデメリットの説明を

受けて納得された方法で処置をされればいいと思います。

結果的に素敵な笑顔になることが、歯医者さんとして嬉しいです ^^

※ 金額はいずれも消費税抜き表示になります。

一般的なホームホワイトニング

2015年5月1日
治療期間:約2週間
一般的なホームホワイトニング

【20代女性】上下2週間ホワイトニング

通常の20代女性の方で、歯の色全体が気になるということでの来院でした。

まずは、 ホワイトニング ご希望の方でも歯の表面の着色や歯石を除

去します。

場合によっては、それだけでもう気にならないという方もいらっしゃいます。

ただそこまでの処置をした後に正面からの口腔内写真を1枚撮影して、現状で気

になる部位はどこか?を確認いたします。

患者さまによっては、

・ 自分の歯の色自体が気になる方

・ 自分の歯の色でも神経を抜いた歯の色が気になる方

・ 白いつめものの色が気になる方

・ 被せものの色が気になる方    etc.

など、人それぞれ気になる部位を細かくいえば、原因が違う場合があるので、そ

の部位部位で対処法が異なります。

この方の場合は、すべて生活歯(神経の残っている歯)で、むし歯治療も前歯の

ホワイトニングする部位へはしていなかったので、通常通りのホームホワイトニ

ングを2週間ご自宅でしていきました ^^

銀歯を白いものに・・・

2015年5月10日
治療期間:約10日~2週間程度(※型採りしてから)
銀歯を白いものに・・・

オールセラミックインレー

よくあるいわゆる “ 銀歯 ” これがイヤっていう方は結構いらっしゃいます。

上の歯の場合は、よっぽど大きく開口しない限りはあまり見えませんが、下の場

合は目につきやすいものです。

今回は一般的な 銀歯 を2本 オールセラミックインレー にか

えた症例です。

治療方法は、1日目にまず麻酔してから今はまっている 銀歯 を除去して、次

に縁が欠けたりしないような形態で削ってから、精密な歯型をとり仮のふたをし

ては終了。

2日目は1週間ほどして出来上がってきたものを口腔内へセットして終了。

実質的には治療回数2回、治療費用;1本につき5万円になります。

これを ハイブリッドインレー でやりかえた場合は、治療方法(治

療回数も)は一緒ですが治療費用は1本につき3.5万円 で、

レジン でやり変えた場合は、( 力のかかる奥歯で範囲が広いと欠け

たりする可能性もあるためあまりお勧めいたしませんが )そこまで範囲が広く

ない場合は、治療回数1回で治療費用は1本につき1.5万円 に

なります。

※ 金額はいずれも消費税抜き表示になります。

歯ぐきの色も何とかなる???

2015年5月17日
治療期間:約2週間~1ヶ月程度
歯ぐきの色も何とかなる???

ガムピーリング(歯肉のメラニン色素の除去)

歯ぐきの色については、意識される方もまったく気にしない方もいらっしゃると

思います。

もし、気になる場合には、 『  Nd-Yagレーザー照射  』 によ

り改善することは可能です。