むし歯を治したい方へ

むし歯の治療
むし歯の治療

むし歯の3大特徴

  • 初期段階で発見できれば削らずにすみます
  • 神経を除去すると歯の寿命が縮まります
  • 古い詰め物・被せ物は虫歯の原因になりやすいです
  1. レントゲンでむし歯の程度を確認いたします。(初期の場合不要な場合もあります。)
  2. ※麻酔をします(むし歯が中期程度以上の場合は、1回目の処置で麻酔が必要になる場合が多いですが、通常のむし歯の処置の場合は麻酔の保険点数は処置内容に含まれています。
    保険診療の一部負担金についての詳細はこちら>
  3. むし歯の処置

初期(C0、CI)

初期(C0、CI)

表面が白く濁った色になったり、ザラザラした感じになります。まだ穴は開いていませんが、進行する可能性が高いので注意が必要です。

当歯科医院での対処

  • プラークコントロール
  • フッ素塗布などで再石灰化促進
  • ご家庭でのフッ素配合歯磨剤などを利用したブラッシング
虫歯の処置(初期)C0初期 白濁が見られます
C0初期 白濁が見られます
>
虫歯の処置(初期)C0ケア後白濁が消えました
C0ケア後 白濁が消えました
  • シーラント(予防填塞)で溝の部分をむし歯になりにくくする。※萌出直後が有効

※実質的に小さい穴があいている場合は削って詰める場合もあります。

虫歯の処置(初期)シーラント処理前
シーラント処理前
>
虫歯の処置(初期)シーラント処理後
シーラント処理後

中期(C2)

中期(C2)

エナメル質の奥の象牙質まで虫歯が進んだ状態です。甘い物や冷たい物がしみるようになってきます。

虫歯の処置(中期)CRF(レジン充填)施術前
CRF(レジン充填)施術前
>
虫歯の処置(中期)CRF(レジン充填)施術後
CRF(レジン充填)施術後

当歯科医院での対処

  • むし歯を削った後の処置としてむし歯の範囲が小さい場合は→直接 詰める (CRF)
  • むし歯の範囲が大きい場合→型をとって仮封(※模型上で製作)
    2回目以降の処置→次回詰め物を口腔内にセット

詰める材料により保険適応か自費(自己負担)が変わります。
※場合によっては後から神経を取る処置が必要になる場合がありますが、できるだけ神経を残すよう処置します。

後期(C3)

後期(C3)

歯の神経やその近くまで虫歯に侵されています。神経が炎症を起こしているので非常に強い傷みを感じます。

虫歯の処置(後期)施術前
虫歯の処置(後期)施術前
>
虫歯の処置(後期)施術後
虫歯の処置(後期)施術後

1回目の処置

(1)抜髄

虫歯が神経(歯髄)に達しているので、神経を取って貼薬後、仮封
※根管数によって負担金が変わります。

2回目以降の処置

(2)根管治療

緻密な治療のためお時間をいただいております。

どんな治療をしてるの?
細菌をしっかり取り除きます。
歯の中がむし歯菌などにおかされると、激しく痛みます。また、放っておくと、歯を抜かなければならなくなることも。そこで、歯の中をきれいにして、細菌をしっかり除去し、さらに形を整えて薬を詰める必要があります。
時間がかかる理由
わずか数ミリの管が入り組んでいます。
歯の中は「根管」と呼ばれる管状になっており、歯の根の治療では、この中をきれいにしていきます。しかし、根管はわずか数ミリしかなく、しかも複雑に入り組んでいる場合もあります。しっかり細菌を除去し、再発しないよう薬を詰めるには、根管の状態によって治療に回数が必要になります。
痛みがなくなっても・・・
治療を中断すると、再発したり、抜歯になってしまいます。
痛みがなくなったからといって途中で治療をやめてしまうと、細菌が再び繁殖します。歯の神経をとってしまうため、痛みがないこともありますが、やがてさらに奥の神経が痛んだり、抜歯になることもあります。お時間がかかることもありますが、必ず最後まで治療をお受けください。
根管治療のイメージ根管根管内の細菌イメージ

根管内清掃し、貼薬、仮封
※非感染の状態まで何回も繰り返します。

(3)根管充填

根管内に詰めて細菌侵入防止

虫歯の範囲が小さい場合

直接詰める(レジン充填)CRF

※上部C2(中期)の処置をご参照ください。

虫歯の範囲が中程度の場合
  1. 型を取って仮封※模型上で製作
  2. 次回詰め物を口腔内へセットします。

※上部C2(中期)の処置をご参照ください。
※土台を補強したり、被せたりする材料選択によって保険適応か自費か変わります。

虫歯の範囲が大きい場合
  1. 歯質の崩壊している部分を補強する方を取ります。※模型上で製作
  2. 補強部分をセットした後、周囲の形を整えてから最終的な被せ物の型を取ります。※模型上で製作
  3. 最終的に全体に被せ物をセットします。

※ 被せたりする材料選択によって保険適応か自費か変わります。

※根管治療以外の処置は、ある程度治療回数の目安をたてられます。
根管治療だけは、最初の感染状態や個体差、また同一個人でも根管状態での差などにより回数が変化します。
この処置が不十分だとせっかくいい被せ物をしても、後から痛みが出る可能性がありますので、大変だと思いますがご了承ください。

末期(C4)

末期(C4)

また、義歯やブリッジの場合は保険診療でも、欠損歯数、部位、材料などにより、大きく負担金も変わりますので、その都度治療費の概算をお伝えいたします。

歯質の残りがさし歯の土台として利用される場合

土台として利用ができる場合は、最初に抜髄ではなく感染根管処置をして、C3の虫歯の範囲が大きい場合の治療となります。

歯の崩壊が著しくさし歯の土台として利用できない場合

抜歯(歯を抜く)

抜歯窩(抜いた部位の傷口)が落ち着くまで経過をみます。
※抜歯する部位や状態によって、負担金が変わります。

欠損歯(歯を抜いた部分)を補う
  • は技工室で行う工程です。
  • は診療室で行う処置です。
ブリッジで補う(隣在歯などを利用して被せる)
従来の治療方法(ブリッジ)
治療方法 (虫歯治療方法)ブリッジ
良い点
  • 固定式であるため、装着しても違和感があまりない。
  • 人工の歯の材料を選択することにより天然の歯と過色のない審美的な修復が可能。
留意点
  • ブリッジを支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要がある。
  • 支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失うことの原因となる場合がある。
  • ボンティック(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べ物カスがつまり、口の中が不衛生になりやすい。
  • 空気がもれて発音が困難になることがある。
治療費用
  • 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
  • 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。
抜いた歯の隣在歯などを被せ物できるように削合し型を取って仮歯します
模型上で製作
次回連結している被せ物をセットします
義歯で補う(入れ歯)
従来の治療方法(入れ歯)
治療方法 (虫歯治療方法)入れ歯
良い点
  • ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効。
  • ブリッジのように健全な歯を削らずに補える。(削る替わりにバネで固定する場合もある。)
留意点
  • バネによる隣の歯への負担が大きい。
  • 噛む力が健康な状態に比べて30~40%くらいになる。
  • 取り外して手入れをする必要がある。
  • すぐにガタつきやすい。
  • 口の中に違和感を感じやすい。
  • 食物が挟まって口の中が不衛生になりやすい。
治療費用
  • 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
  • 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。

※部分床義歯(部分入れ歯)の場合には、通常金属で製作する歯に引っ掛ける金具の部分をできるだけ使用しないで製作したり、ノンクラスプデンチャーできますので、ご希望の方はご相談ください。

ノンクラスプデンチャーセット後

>>ノンクラスプデンチャーはコチラ

最初の概形の型を取ります
模型上で個人トレー製作(1人1人に合った型を取る入れ物)
精密な方を取ります
模型上で咬合床製作(1人1人に合った仮の土台)
噛み合わせの前後的、上下的位置を決めます
模型上で人工歯排列(仮の土台に歯を並べる)
人工歯を並べて試適
製作研磨(磨いて仕上げる)
義歯をセットします
インプラントで補う(人工歯根を利用して被せる)
インプラント
治療方法 (虫歯治療方法)インプラント
良い点
  • 天然歯のように頭の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができる。
  • 噛む力は天然歯の約80%回復することができるので、固いものを噛むことができるようになる。
  • 隣の歯を削る必要がない。
  • 見た目が天然歯に近い。
  • 良く噛めることは全身的な健康にも良い影響を与える。
留意点
  • インプラントを顎の骨に埋めこむ手術が必要。
  • 全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある。
  • インプラントを持続するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要である。
治療費用
  • インプラントは保険適用外であるので自由診療となる。
  • 手術の難易度、埋入本数等により必要な費用が算定されます。
外科的に被せ物の土台となる金属をを骨に埋め込みます(根に相当する物)
術後の経過を見ます
上部構造物を付けて周囲の型を取ります
模型上で製作
最終的な被せ物をセットします

※ブリッジやインプラントの最終的な被せ物はC3の場合の最終的な被せ物と同じです。

その他の症例

※画像をクリックすると拡大されます。

大人の根のむし歯の治療

大人の根のむし歯の治療

歯の先端が欠けた場合の治療

歯が大きく欠けた時の治療