前歯のすき間をどうしよう?②

高校2年生の女子で上の前歯6本の歯と歯のすき間が気になるとのことで来院さ

れました。

以前記載したように、

歯と歯のすき間が気になる場合

には、大きく分けて3つの方法があります。

1.矯正治療による方法

長所;まったく歯を削らない。

   治療終了後に比較的長期間維持できる。

   同時に歯ならびも大きく改善できる

短所;1年~の比較的長期間必要。

   保険外診療である。

2.ダイレクトボンディングによる方法

長所;まったく歯を削らない。

   最短で1日で治療終了する。

短所;噛み合わせによっては脱落することがある。

   歯並びの改善は出来ない。

   保険外診療である。

3.被せ物etc.による方法

長所;比較的治療期間が短い(通常10日~2週間程度)。

   材料によっては保険内診療も可能である。

   歯のねじれや角度もある程度までは改善できる。

短所;歯を削らなければならない。

   審美的材料を使用すると保険外診療である。


今回は、あまり歯は削りたくないが、とにかく早く見た目を改善したいのと、審

美的に改善したいとのことで、3.被せ
物etc.による方法 の中でも


『 ラミネートべニア 』による改善方法

を選択。

この処置の場合は、最初の前準備として削る時のガイドになるものを技工士さん

に依頼して製作してもらうのと、歯の神経を残した状態での繊細な削合(けずる

こと)が必要なのと、より精密な型採りも必要で、削合した日にも見た目でも綺

麗に見える仮歯まで処置します。



そのため削合する日は削る歯の本数にもよりますが、1~2時間程度必要でセッ

トする日も1時間程度必要です。

3.被せ物etc.による方法の場合の中でも、この 『 ラミネート
べニ

ア 
』による改善方法 は費用;現在は1本12万円(税抜

き)で
処置しています。( ※ ここは保険内の被せ物でも、保険外の被せ物で

も処置
きます!)

最初に相談があってから、1ヶ月以内に処置が終わったのでご本人も保護者の方

も大変満足されて終了しました。