07.11.16, 20:18

定期健診

最近では

“定期健診を受けましょう”

ってあらゆる所でよく聞くと思いますが、あんまり重要性が分かりにくいですよね?

また患者さま確保のために医院側の都合なのでは?って考える方もいらっしゃると思います。

ただ、実際は本音で言って

“患者さまのため”

なのです。

実際、開業してすぐは以前のブログでも書きましたが、患者さまの9割くらいが小学生以下だったのですが、その時は予防処置が重点だったので、だいたい4、5回くらい来院して終了のお子さんが多かったです。(むし歯が少ない場合)

で、今その子たちが3ヵ月後くらいの定期健診で来院すると、殆ど予防処置も終わっているので、1回の来院で終了です。

で、その1回で新しい虫歯がないかとかはもちろんのこと、1番大事な乳歯と永久歯への交換のチェックができるのです。

むし歯でない歯を削られるのでは?などど考える方もいるかもですが、逆に定期的に来院されている場合などはその初期のむし歯が進行しないかどうかも見極められるので、特にレントゲンなどで経過を追ってできるだけ削らないようにしていきます。

もちろん、むし歯で1回削ると、あとは極端に言えば入れ歯へのレールに乗っかったといってもいいくらい、よほど手入れしてもまったく削らずにいた方よりは、歯の寿命が短くなります。

ですので、自分は予防の考えで、お子様にも特に定期健診の受診をお勧めいたします。

当医院では定期健診のハガキでお知らせして欲しい方にはこちらからご連絡しています。(初診時の問診にも記入欄あります)

あと最近は患者さまの層でいうとご年配の方も多く、また自分と同年代の男性の方も増えてきました。

その中で70歳代後半の女性の方で25本のご自分の歯が残っていらっしゃる方が治療に来られています。

もちろんお元気で、歯並びも綺麗ですし、20歳以上の8割くらいは進行している歯周病もほとんど骨がしっかりしていて問題ない状態です。

本当に感心します。これも定期健診の結果なのだと思いますが、その中には患者さまご自身の意識の高さも大きいかもしれません。

ホームページの歯周病の項にも書いていますが、

“歯周病はどうやったら治るのですか?”というご質問や

“歯周病の治療を歯医者でずっとしてるのに治らない!”

というお言葉をよくお聞きします。

しかし、歯周病は生活習慣病の1種で慢性疾患なので、今までの生活習慣を変えるなどの患者さま自身の努力が必要です。
治るというよりはうまく付き合っていくという意識で、今まで何年もかけて骨がなくなってきているのですから、安定するのにも時間はどうしてもかかってしまいます。

また歯医者はむし歯に関しては、どちらかというと治す?(修復する)という表現が適切なのですが、歯周病に関しては患者さまが治す手助けをする程度のことしか出来ないのです。
(1番大事なセルフケアであるブラッシングがしやすいように歯ぐきのマッサージの邪魔になる歯石除去などのプロフェッショナルケアをするのです)

このように大人の方にはむし歯のための定期健診というよりは、歯周病の予防のための定期健診という位置付けでおススメしています。

むし歯などは穴があいているのが目で見えたり、冷たいものなどがしみたり、ズキズキ痛かったりと自覚症状がはっきりと分かりやすいのですが、この歯周病というのは自覚症状はあまりないまま進行するので、特に定期健診が大事になるのです。

患者さまの歯周病の程度により、治療終了時に1~3ヶ月ほどの間隔で定期健診をおススメして終了しています。

また、なんでも相談お受けいたしますので、治療内容以外でも分からないことなどは、お電話などでもご質問下さい。
posted by 院長   歯にいい話(予防歯科)    

07.05.09, 17:47

むし歯予防

最近、むし歯予防ってよく耳にしますが、実際取り組んでいる歯科医院はあまりないのでは?って感じます。

今から20年以上前の話ですが、自分が鹿児島で小学生だったころ、自分の通っていた学校が、全国保健優良校だったこともあり、週1回フッ素洗口をしていました。

そのかいもあって、今もなんと むし歯ゼロ なんです。

このころのデータで、確かにフッ素洗口をしていた学校の生徒たちはむし歯罹患率が異常に低かったというのが実証されています。

自分はこういう風に実感しているだけに、フッ素以外にもキシリトールやリカルデントなどの歯質強化の予防に関することなどに大変興味を持って知りたいと思いました。

皆さんもキシリトールやリカルデントなどは、聞いたことはあるけれど、あまりよく分からないという方は多いと思います。

これらは、自分の所属している、日本ヘルスケア研究会や日本フィンランドむし歯予防研究会、またオーラルケアのホームページなどに詳しく書いてありますので、そちらも参考になさってみてください。

今回は、フッ素について少しお話したいと思います。

①フッ素配合スプレー・・・ぶくぶくうがいできないお子さんでも利用できます。フッ素濃度100ppmくらいです。ご家庭でできます。

 
②フッ素洗口剤・・・4歳くらいから中学生くらいまで続けると、もっとも効果あるといわれています。フッ素濃度11%くらいで、未就学児用と就学児用と2種類あります。ご家庭でできます。 

③フッ素塗布・・・各歯科医院で3ヶ月から半年に1回塗布します。フッ素濃度は2%くらいです。やはり、乳児くらいから、1歳半検診などで希望される方がいらっしゃいますが、ぶくぶくうがいができないと、歯科医院でも無理があります。
その場合は、ご家庭でのフッ素配合スプレーなどをお勧めいたします。

※フッ素配合の歯磨剤などは、だいたいフッ素濃度は900ppmくらいです。歯科医院で販売しているものなどは、市販のものより割高感がありますが、実際はフッ素濃度などの違いや、キシリトールガムなどでも、キシリトールの割合が2倍だったりと歯科医院専売のために成分が違うので、効果はあると思います。

また、現在の予防製品などのフッ素の量では、安全性は確実に確立されていますので、まったく問題はないと考えていいと思います。

これらの製品も含めて、当医院では、カンファレンスコーナーの一部に、他の医院では、あまり見ることないような製品も含めて、ところ狭しと展示していますので、ちょっと気になる方は覗いてみてください。
フッ素製品以外にも、キシリトールやリカルデントのガムや、以外なところでは、歯医者さんの作ったチョコレート(キシリトール100%)などのおやつも置いています。
他にも、指しゃぶり防止製品(4歳以上向き)や乳幼児への親が親指に付けて磨くブラシなどもあります。

これらをうまく組み合わせて利用すれば、永久歯でのむし歯ゼロも夢ではありません。

親からの最高のプレゼントとして、お子様へ一生大切な永久歯列を贈りませんか?

乳歯でむし歯がたくさんあるのは、なりやすいからかもしれません。その原因を知るのも大切なので、その検査も行っています。ただ、乳歯は生え変わります!

今からでも大丈夫です。当医院では、できるだけ抜かない矯正治療も行っています。

当医院へ子育てのうちのお口部分をまかせてみませんか?
ぜひお手伝いをしたいと考えています。

ご質問などございましたら、お気軽にどうぞ!^^
posted by 院長   歯にいい話(予防歯科)    
end of entries.