13.06.25, 23:11

口臭って???

お口の臭いって気になりますが、自分ではなかなか気付かないうちに相手に嫌な思いをさせていたりしてもなかなか相手も指摘してくれません。

ニンニク料理などの食べ物によるにおいは一時的なものですが、お口の中の疾患(むし歯や歯周病など)が原因の場合は、治療しない限りはなくなりません!
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

13.06.24, 23:59

患者さま志向型セミナー2

昨日は福岡で株式会社シーエイチアイ社さん主催の

          『  患者さま志向型セミナー  』

がありました。

なんでも学会があるからといって前日のホテルは2ヶ月以上前から予約できなかったため、今回は日帰りの高速バスで往復7時間かけて。。。

実はこのセミナー受講するのは半年ぶりで、昨年12月にも受講しているのですが、復習の意味も込めて再受講したのでした。

すると前回は30名くらいの定員でほぼすべて先生方の参加だったのが、今回はなんと定員60名くらいのうち、8割以上の方が自分と同じく再受講でさらに2~3割はスタッフの受講でした。

そうすると内容はどうなのかな?と思っていたのですが、さすが!というかリピーターが多いのが分かっていたのもあり、さらに新しく内容も盛り込んでいたので、再受講といえども充実した時間(約5時間)を過ごせました。

内容は?というと

          『  患者さま志向型セミナー  』

と銘打っているように、患者さまは歯科医院受診に対して、どういう風に考えているのか(どういう気持ちで、またどういう疑問をもって。。。)を理解し、それらの意向をくんだ上で自分たち(歯科医療従事者)はどういうことに重点をおいて診療に携わっていくか?というものです。

まあ、難しくいうのもなんなので簡単にいえば

 『 患者さまの気持ちを理解した上で、患者さまの分からない点はしっかり説明してお互い信頼関係を築いた上で診療しましょう! 』

というもので、自分の考えにまさに一致しているのです。

来院する患者さまは、絶対的に一般的には歯科医院に対して

     「  怖い  」  「  痛い  」  「  辛い  」

というイメージをもっているので、このイメージを払拭することが大事というもの。

それは自分も目指す所です。

なので、当医院は

          “  患者さまの恐怖を理解し配慮する  ”

ためにいろいろなことを心がけています。

この姿勢はたとえ患者さまが増えて忙しくなっても不変です。

さらに患者さまは治療のいろいろなことに対してもさまざまな疑問があるのも当然と考えますので、その質問に対して確実に回答できるように努力していきます。

たとえば、

①. いつまでかかるの?

・・・治療の全体像を説明して分かりやすく説明します!


②. 何をしているの?

・・・簡潔に治療内容を説明します!


ここに重点を置いてできるだけ分かりにくいことをなくす努力をしますので、これからもいつでもいいので院長である自分でも、各スタッフでもご遠慮なくご質問下さいね! ^^

13.06.21, 23:17

与えること・・・

img13060014_1img13060014_2                                           
最近読んでいる本は以前も紹介したものの続編?

下の青い本は、いろんな方にも紹介したく一番身近なスタッフ1人1人に渡した本。

今は上の本を読んでいるのですが、学ぶべき考え方が多い本。。。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

13.06.19, 22:55

久方ぶりの患者。。。

最近、耳の調子がおかしい???

なんとなくそう感じていたが、もう2週間あまり。

ついに衛生士学校の授業終わりで久しぶりの病院受診。

あまり体の不調で病院を受診するという機会なく、耳鼻咽喉科は記憶にある限りでは、

          初めて???          の受診。

(ケガ?では、昨年の熊本で剣道の時肉離れで、救急病院受診以来。。。)

平日の夕方で診療終わり1時間前でも待合室はたくさんの患者さんが。。。

待合室では、     ボーっ     としていましたが、みなさんもこういう風に感じているのだな~と感じながら30分くらい待ち、いざ診療室へ。

やはり、診療室に誘導されるだけでも少しドキドキ。

さらに誘導する看護師さんは毎日同じことの繰り返しなので、あまり意識していないのでしょうが、初めて医院を訪れた自分としては、ここで待ってていいものなのかも少し不安。

で、診察の時も耳の中に何か器具を入れられる恐怖や何とも言えない痛み。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

13.06.17, 22:31

全員参加!

昨日は一昨日に引き続きスタッフと一緒に同じ時を。。。

鹿児島で鹿児島大学歯学部同窓会の卒後研修委員会主催の

   チームで参加の医療接遇

          『  定期来院は患者さまとの信頼関係の証  』

     ~人生の大事な瞬間は強く意識しないと気がつかない~

というセミナーで講師は

(有) エイチ・エムズコレクション 代表取締役社長  の  濱田 真理子 さん

によるもので、スタッフ4人と一緒に参加

(  午前10:00~15:00まででしたが、朝も早いということでみんなでJRで・・・  )

してきました。

あいかわらず先生方の参加は少なく、9割以上はスタッフのみの参加でしたが。。。



この会社の方のセミナーでは、

 ・ 今年3月に受付2人と自分の3人で宮崎で

 ・ 今年4月に受付1人が福岡で

いずれも副社長の  北原 文子 さん

のセミナーを受講していて、この会社(みなさん歯科衛生士さん)の考え方に自分が賛同しているので受講を決めたのです。

 

ちなみに内容はというと

まずは患者さまの満足度をいかに上げていくか?ということを考えて診療にあたる時に必要なこと ( すべての動作に  “  心  ”  をもって行動 ) をする、ということ。

また仕事に対する考え方では、伸びる人とそうでない人では、

          『  思考  』  や  『  行動  』

に違いがあるということで、

          いかに当事者意識をもって行動するか!

ということの重要性をいろいろなパターンでお話していただき、スタッフも分かりやすかったと思います。

今回のセミナー受講で医院での考え方を1つにして、明日からの診療に生かせるように頑張っていきます!^^

13.06.16, 22:03

あらためての気付き・・・

昨日は大学の後輩で、今年3月まで都城病院に勤務していて、現在は鹿児島の鹿屋で勤務している先生が医院見学に来てくれました。

そもそも、前々から医院見学したいと話しがあったのですが、なかなか忙しく実現していなかったのです。

それが先月の福岡での九州デンタルショーで、博多駅から会場(マリンメッセ)までのマイクロバス乗り場でたまたま自分の2つ後ろに並んでいて、会場では目的が違うので別々に行動したのですが、帰りのバス乗り場でも偶然一緒になったのです。

それで、自分の宿泊先の店で一緒にお酒をかわしながら食事をとった際に、医院見学をいつか・・・と約束していたのです。

それからすぐに

          『  お口の健康フェスティバル  』

の講演会会場で一緒になり今日の運びとなったわけです。

10:00~見学で昼食も一緒に院長室でとり、16:00の診療終わりまで見学してくれました。

先生が感じてくれたことは、今日のメールで

「 昨日はありがとうございました。
クリニックに入るなり、洗練されたインテリアに驚きました。
すごく居心地が良い空間が広がっていて、感動しました。
スタッフの方々も感じが良く、治療も流れるように進んでいて
チームワークが素晴らしいように思えました。
ご自身で開業されあのようなクリニックになるまで、ご苦労もされただろうなと想像します。
自分も開業するなら、こんなクリニックがしたいと心から思いました。 」

というものでした。

幾分、社交辞令は入っているとは思いますが、見学に来てくれてこう感じてもらえたら少しは役に立てたかな?とは思います。

また昼休みに話した時も、しきりにスタッフの動きの無駄のなさに感動していました。

そうなのです。

自分は常に一緒に動いているのでなかなか分からなくなっているのです!

自分が指示したときの返事やあうんの呼吸で道具を持ってきてくれる、あいさつがしっかりできる、などのことも第3者の評価で改めてスタッフのすばらしさに気付かされました。

こういうスタッフと一緒に仕事できていることに 『  感謝  』 です。


またまた、そうなのです。

ベクトルは、いかに自分に評価されるかではなく、いかに当医院の顧客である患者さまに評価されるか、という点が一番大事なのです。

そういう意味からすると、先生の評価はある程度患者さまからも評価を得ているのかな、と自信にはなります。

ただそれに慢心することなく、さらなる上のレベルにスタッフともども目指して頑張りますので、患者さまもお気付きの点などございましたらご指導よろしくお願い致します  ^^
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

13.06.15, 23:47

新たなスタート!

今日の夜は、今日付けで退職される受付の方の送別会でした。

そう、初めての手紙を書いた方の退職です。

手紙は、なんとか一番最後のお仕事の日に渡せましたが。。。

やはり退職となると理由はどうあれさみしいものですが、新たなスタートに発つんだ、と思えば元気よく送り出すのもいいのかな・・・と

いつもは主婦の方も多いので、昼に食事会をすることが多いのですが、今は水曜午後は衛生士学校の講師で時間なく、土曜日夕方も剣道の練習を休んでなんとか時間を作れました。

今日の食事会は大好きでもなかなか行けない

         『  プティフール  』  さんへ

2時間くらいでしたが、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

今までの当医院での経験を生かして、さらに次の職場でも欲しがられるような 

               「 人財 」

になってほしいです。

受付なりの苦労がたくさんあったと思います。

もともとの美容師の世界に戻る予定で退職を考えて半年経ちますが、戻るのかはまだ迷っているそうです。。。

本当に出会いに 「 感謝 」 で、今まで一緒に働いてくれたことにも 「 感謝 」 です!

最後のデザートのプレートの絵でいろいろ盛りあがって終わりましたが、明日は朝からスタッフ全員鹿児島でセミナー受講ということで早めに切り上げて。。。

来週からは気分も新たに再スタート!
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

13.06.13, 22:59

つめ物、かぶせ物は大丈夫?

つめ物、かぶせ物や、かぶせ物の下の金属の土台などに使用した材料は年月とともに劣化します。

またその劣化した状態のまま放置するとさまざまな影響がでてきます。
posted by 院長   歯にいい話(小児歯科)    

13.06.12, 21:42

初めての手紙

今日開業して初めてなのですが、退職するスタッフに向けて 『 手紙 』 を書きました。

まあ、自分のこの顔からはなかなか想像できないと思いますが。。。

やはり、どうしても今までの1年半という短い期間ではありましたが  『 感謝 』 の気持ちを伝えたいという素直な気持ちからです。

当医院は開業3年目から受付2人態勢でしているのですが、このスタッフは他のスタッフが結婚退職2人同時期になったため、勤務して4カ月目には2週間くらい1人の時期もありましたし、10カ月目くらいの時にも入れ替わりの時に1ヶ月位1人の時期もありました。

なので一番苦労していると思います。

また患者さまも増えてきた時期にあって、ある程度広い視野で判断できる方なのです。

自分もそれに甘えて、時にはきつく注意したりしたこともあったと思います。

          
               深く反省するところだと思います。 


自分の中ではご結婚されてもずっと地元にいるのなら休職してでもずっと一緒に働けるかな?くらいに考えていたので。。。。

ただ、仕事熱心のあまり、

     「 寝る前も医院の予約のことで頭がいっぱいで寝れない! 」 

ということも相談されていましたので。。。

本当に感謝しても足りないくらいだと思います。

いつか、また何か相談してもらえたら自分も役に立ててうれしいのですが。

手紙を書くことは、自分の頭を整理するのにもいいものです。

当医院で働いてくれたことに、     また出会いに

          
          「   感  謝   」

です・・・




明日が最後の出勤日になるのですが、うまく渡せるか ドキドキ です。

送別会は土曜日なので、その時がいいのか。。。

給与と賞与をわたす20日がいいのか。。。

でも日付けは13日付けで書いたし。。。






なにせ初めてで、性分に合わないことなので、いつになく 「 緊張 」 です ^^
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

13.06.09, 15:09

お口の健康フェスティバル②!

昨日は診療も11時に切り上げて、13:30分開始の 『 手形コーナー 』 イベントに合わせて12:00集合して軽く昼食を。

その後は13:30~の予定だったのを行列が多かったため、13:00スタートに切り上げて実質1時間で約150名の方々に手形を採ってもらいました。
 
ただ、このコーナーが出来るのも歯科衛生士学校の学生さんや歯科技工士の方々がお手伝いして下さるからなのです。

ここに配置されている歯科医師は2人で衛生士さんが5名程度、衛生士学校の学生さんが10名程度、技工士さんも10~15名と圧倒的にお手伝いして下さる方がいないと成り立たないのです。

さらに後かたずけもみんな一緒にして下さるため30分~1時間程度で終了。。。

というのも束の間に16:30~講演会。

今回は以前もご紹介したように、福岡でみらいクリニックをご開業されている


          今井 一彰 先生の

         口呼吸を止めて鼻呼吸へ             ~あいうべ体操~ 

というお話。演題を覚えていなくてすいません ^^

もう1時間30分くらいの講演中ずっと笑いっぱなしでおもしろく、また興味あるお話でした。

その後は今井先生も交えての懇親会を ~21:00くらいまで。壇上でお話される先生も素敵でしたが、酒席で熱く語る先生も  ステキ でした!

先生の年齢は自分よりも2つ下とのことで、とうとう自分より若い先生の講演を聴くことになってきた、という事実にちょっと Shock !

最近疲れるのも当たり前か。。。と実感できる1日でした。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

13.06.08, 22:17

お口の健康フェスティバル①!

今日は明日のイベントの準備で昼休み前にいろいろな道具などの搬入に12:30分から(午前の診療も一時間早く切り上げて)歯科医師会館へ。

まずは歯科医師会館からイベント会場のウエルネス交流プラザへ搬入してから、次は入選したポスターなどを展示するために会場のパネルを動かして間仕切りを。

これが意外と重労働で汗だくになり、1時間程度でまずは終了。

さらに午後の診療も少し早く切り上げて19:00からさらに明日の準備。

自分は、参加賞として渡す景品の袋詰め(500個程度)と 『 手形コーナー 』 の会場設置を。

終了したのは21:00前で結構毎年のことながらクタクタに。。。

ただたくさんの楽しみにしていらっしゃる方々のためにももうひと踏ん張り! ^^
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

13.06.07, 21:33

怖い合併症!

糖尿病の合併症としては、いわゆる

・ 網膜症    ➡  失明
 
・ 腎 症    ➡  腎不全

・ 神経障害   ➡  下肢切断

・ 足病変    ➡  歩行障害、下肢切断

・ 動脈性疾患   ➡  狭心症、心筋梗塞、脳卒中

などがありますが、6番目の合併症として


・ 歯周病    ➡  歯の喪失

があります。

予後不良としては、  歯の喪失  なので、

歯が抜ける程度なら、合併症と大げさに言わなくても???と思われがちですが、これがなかなかのくせ者なのです。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

13.06.05, 23:40

とある水曜日

今日から今年の衛生士学校の2年生への講義も始まり、午前の診療終わってからの14:30~16:10までは講義。

1回目なので少し緊張しながら。。。

その後は16:30~ は、「  株式会社 コムネット  」さん という 『 デンタルサポート 』 の方と打ち合わせ。

ここの会社は1987年にスタートし、その始まりは創立した社長が

          “  歯医者さんでだまって歯を抜かれた  ” 

という嫌な出来事が発端となり
    
      『 患者に一言の説明もなしに抜いてしまうなんて! 』

と相当ショックを受けたそうで、そのころはあまり説明なしでの治療は当たり前だった時代でしたが、歯科治療に関して言えば今もあまり変わっていない???ような気が。。。

  

それで話は戻りますが、この会社は

「 患者中心の医療をめざし、医院と患者の間にある意識や情報のギャップを埋めていこう 」 と考え、



医療者側は

それぞれの患者さまの環境や考え方を尊重する医療を実現するためには、患者さまに正確な情報を提供し、ていねいに説明し、

患者さま側も

受け身ではなく納得して自分で治療方針を決める。

ということ。で、そのためにはコミュニケーションがもっとも大切だと考え、

          『  相互理解と信頼  』

という医療の原点の実現に力を注いでいるのです。まさに自分の理念とも一致する考えなのです。

今患者さまに求められている歯科医院とは

     「 きちんと説明する医院 」
   
     「 予防管理で歯を守り育てる医院 」

     「 笑顔にあふれる医院 」

という話は経営セミナーなどでもよくでます。しかし、あくまでも医療者側からみての方法論ばかりなので、本音でいうと嫌気がさします。

やはり、あくまでも大切なのは経営よりも本質である患者さまからの目線なのでは?と考えるのです!

患者さまの歯科への疑問で

     ・ なぜこんなにお金がかかるの?

     ・ なぜ治療期間は長いの?

     ・ なぜこの治療をするの?

などが多くの声だと思います。

そういうさまざまな患者さまへの分かりやすい情報提供の手段をお手伝いしていただける会社なのです。

自分もいろいろな資料を製作したいのですが、頭で構想していても作成して形になるまでに時間がかかってしまうので、そこを時間短縮したい!のです。


この患者さま目線でさまざまな

          『  コミュニケーションツール  』

を提案する会社はここの

     『  株式会社 コムネット  』 さんともう一つ 

     『  株式会社 シーエイチアイ  』 さんだけかな?と考えます。

このシーエイチアイさんの 「 患者志向型セミナー 」 には今月24日に福岡で再受講(2回目)する予定です。

こういう考えのもと、自分は患者さま目線に立った上で

     『  日本で一番患者さまとコミュニケーションをとる歯科医院  』

を目指し、日々の診療を行っていますので、どうか応援よろしくお願い致します ^^


( ※自分の思いも熱く語ったため打ち合わせが終了したのが22:30でした。。。。。なんと食事もとらずに6時間!!!缶コーヒー1本ずつだけで )
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

13.06.03, 22:07

美しく話す口元は?

最近のテレビの街頭インタビューなどでも、若い方の言葉が不明瞭で聞き取りにくいと感じたことはないですか?

これはずべてではないですが、唇や舌、頬の使い方がぎこちなく発音がクリアでない方が多いように感じます。

これには歯並びの影響もあり、あごや筋肉の使い方が原因の場合も多く、そのために唇や舌の動きが悪くなると正しい発音ができなくなってしまうのです。

もともと日本語は母音と子音を組み合わせてできているので、舌先の位置や顎の開き方、唇の形・強さなどで微妙な音の違いを発音する言語。

歯並びを良くする第一条件が咀嚼力(そしゃくりょく)で、子供のころからしっかり噛む習慣があれば、顎の骨が発達し、口や顔の筋肉も鍛える事ができます。

しかし、最近の食事はやわらかい食品があふれているため咀嚼力の低下が社会問題といわれるほどいろいろなことに影響してきます。


実際、マウスでの実験では軟食育ちのマウスは

     「  我慢が出来ない  」

     「  順応性が低い  」

     「  孤立しがち  」

で、現代の子供たちに多く見られる問題行動と類似しています。


もちろん、この結果がすぐに人間にはあてはまりませんが、咀嚼という顎の運動が脳に刺激を送り、神経細胞の発達を促すことは確かなのです。

そもそも  「  話す  」  という行為は、脳の働きと一体になった口の活動で、唇や舌の筋肉が滑らかに動くと同時に、自分の気持ちや思考を感知して言葉に組み立てる脳細胞もスムーズに働かなければ  「  話す  」  ことはできないのです。

正しく  「  話す  」  ために必要な口と頭、その両方の活動に咀嚼は大きな役割を果たしているのです。

また下唇を噛んだり、常に前歯を舌で押していたりなどの本人も気付かないような小さなクセでも長期間続くと、歯が少しずつ移動してきます。

そうならないために舌の正しい位置を覚えて、口の周囲の筋肉を鍛えるように心掛けましょう!

唇や頬の筋肉は弱いと、いつも口が空いて口呼吸になってしまうので、唾液が少なくなり風邪などのウイルスにも感染しやすくなります。

さらに会話をしない、笑わない、など表情筋を動かさない生活は口元の筋肉を衰えさせるので、毎日楽しく、元気に過ごすことが一番!

口元の筋肉が弱まると、唇や舌、顎、頬などの正しい動きが妨げられ、咀嚼や嚥下(えんげ;飲み込み)能力も低下するので、生命にかかわる病気を招きやすくなるので、高齢になるほど口の中の変化に早く気付くことが重要です。

舌の動きがよくなると顔の輪郭も引き締まり、表情も豊かになっていきます。

きれいな歯並びや発音を手に入れるためには、口が持つさまざまな機能を十分使い、

     よく食べて、よく噛み、よく話し、よく笑う

という生活習慣を心掛けましょう  ^^
posted by 院長   歯にいい話(矯正歯科)    

13.06.01, 22:06

《 ミディアム 》 と 《 ソフト 》

これは歯ブラシの種類によくある毛の硬さを表しているものです。

この硬さはJIS(日本工業規格)という国家標準で定められていて、毛の長さを7mmにそろえて、ある面に毛を押しつけ、その負荷を計測して決めているのです。

JIS規格には

     やわらかめ (ソフト)

     ふつう (ミディアム)

     かため (ハード)

の3種類しかありません。

しかし、実際には家庭品質表示法はJIS規格に従わなければいけないのですが、それ以外の場所への記載は各社がそれぞれ考えて、

          『 実際の磨き心地 』

も伝えようとしているのです。

どういうことかというと、家庭品質表示は

 「 やわらかめ 」 ですが、それ以外の目立つ場所には 「 ウルトラソフト 」 と記載してあったり、

 「 かため 」 で家庭品質表示してある商品でも、目立つ場所には 「 ミディアム 」 と記載してあったり、 「 ミディアムソフト 」 「 ミディアムハード 」 などと大きく記載してあるものもあるのですが、JISにはそのような区分はないのです!

最近でた歯ブラシでトルネード毛という毛がネジってあるものもありますが、これは普通の太さよりも弾力があり

 「 やわらかいのにコシがある・・・さらにしなやか ! 」

という表現ができるものもあるそうです。

歯ブラシの毛の硬さ1つでもいろいろあるものですね! ^^
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    
end of entries.