13.04.28, 22:58

お口の将来。。。

今回の週末は福岡でセミナー受講!

いつもは1人での高速バス旅ですが、家族4人での車での道中にて寂しくもなく? ^^

今回は、名古屋市でご開業されている

          近藤 昌嗣 先生

のセミナーで、患者さまとのカウンセリングのお話でした。

まずは歯科医師である自分たちの意識改革が必要であり、

 「 むし歯を削ってつめるという40~50年前からの進歩していない歯科医療  」 ・・・歯の修理業的考え

から

 「 定期的なメインテナンスを続けてむし歯、歯周病などの予防をする歯科医療 」 ・・・口腔内科医的考え

の発想を持つということ。

この考え方は自分が開業する前に、はるばるセミナー受講もかねて医院見学した

山形県の酒田市でご開業されていて予防治療の第一人者である

          熊谷 崇 先生

の    『 これからの歯科医師は   Oral   Phisician   であるべき!  』

  という考え方と同じになります。


またこの考えを患者さまが十分分かるように入念な予防カウンセリングを行い、現在のデータとして

・ 日本人の80歳での約半分は総入れ歯

・ 総入れ歯の人と入れ歯なしで噛める人とでは入院する確率も5倍くらい違う

・ 歯周病により動脈硬化なども起こしやすくなる


という事実などがあることをきちんと説明することが重要ということでした。

また

歯と口の健康を失うことは全身の健康も失うが、文明社会でも何もしなければ、将来的にはほぼ100%起こりうることであり、飽食生活により体はメタボになり歯はむし歯の再治療の繰り返しのあげく歯は失われ入れ歯になる運命になってしまう 、ということも事実。

さらに、日本の歯科治療は先進国の中では特異的で

  「 定期健診せずに痛いときだけ保険治療(必要最小限の治療)で歯を修復する 」

という考え方だが、これだと定期健診でメインテナンスしないと歯は確実に失う方向に向かってしまう、  ということ。

よって患者さまにとっての大事なことは、まずは

 「  メインテナンスにより歯を守る  」

 「  もし治療が必要になった場合は、できるだけ2次的にむし歯になりにくいようによりよい治療を受ける 」

ということだと思います。

今までもこの考え方で診療してきましたが、これからはよりいっそう

     “  歯を守り育てる歯科医院  ”

を目指して頑張ります!!

13.04.21, 19:09

~ 武士道 ~

昨日は宮崎歯科医師会の剣道部の総会で宮崎市へ。

開業してから15年ぶりに復活した剣道も、復活して早5年!

最初の3年間は九地連という大会で団体3連覇、個人でも敢闘賞2回などと結果はついてきているのですが、道としての自分の精神修行が足りない?とつくずく感じる今日この頃!

もう少し自分中心の考え方だけではなく、周囲の方に対しての思いやりを持った言葉や対応がもっともっとできるのでは?と考えます。

昨年は大会当日の朝の練習で

          「 右ふくらはぎの肉離れ 」

になってしまい多大なる迷惑をかけることに。

ただこういうピンチ?をチャンスをかえることが大事だと思うので、結果的に昨年の出来事がこれからの自分に役立つようにするには、これからの自分次第だと考えます。

これからは、

           「 もう少し周囲に気配りできるように精神を鍛える! 」

ことも念頭に置きながら

           剣の道

もすすめていきたいです! ^^
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

13.04.18, 22:13

会長!

昨日は都城歯科医師会の若手?(といっても40歳以上がほとんど^^)歯科医師の集まりの20日会がありました。

開業してからの6年間で会計3回していたのですが、今回は会長へ。

会長といっても実際は、逆に会計や庶務の方が忙しいのであいさつなどがほとんど?

まあ、いろいろ考えることもあり

「 自分にまわってきた仕事や役割はできる範囲で断らずにする! 」

ということは心がけています。

これからも、地域社会なども含めていろいろな方々に

          “  貢献  ”

できるように日々頑張っていきたいと思います。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

13.04.14, 23:06

よりよく医院を知ってもらうには?

今回のセミナーも経営セミナー in 福岡!

経営セミナーといっても、歯科の情報や歯科医院の現状を正しく伝えるには???というもの。

天下の Funai Soken さん主催のセミナー。

13.04.06, 20:51

妊婦さんのための口腔ケア ①

妊娠中のお口の中のトラブルとしては

1. お口の中がネバネバする

・・・ 個人差はありますが妊娠中はだ液の分泌量が少なくなるため、つわりなどで歯みがきが不十分になると、細菌が増え歯垢が増えて口の中がネバネバしてきます。


2. 歯ぐきの腫れや出血

・・・ 妊娠中はエストロゲン(女性ホルモン)の増加や内分泌の変調により、歯肉が赤くなったり腫れやすくなったりしてときには歯肉から出血することもあります。
これを 『 妊娠性歯肉炎 』 といい放っておくと悪化し歯周病になる可能性があるので正しいブラッシングが必要です。


3. 口臭が強くなる

・・・ 女性ホルモンの変化にともなってお口の中に細菌が増えやすい状態になると、その菌が原因となって 「 口臭 」 が強くなります。


4. むし歯ができやすくなる

・・・ つわりなどによりお口のケアが難しくなりむし歯になりやすくなるため、妊娠したらまずは歯科検診、歯のクリーニングを受けましょう。ちなみに治療が必要な場合は安定期(妊娠5~7ヶ月)の時期がおすすめです^^。



※ 今回の内容は 『 宮崎県歯科医師会・宮崎県 』 のリーフレットを参考に記載しています。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

13.04.04, 08:49

歯ぐきが赤くなってきた!

歯がグラグラしたり、膿(うみ)がでてきたりして自覚症状がでてくるときは歯周病がかなりすすんできてから!

歯ぐきが赤く腫れてきた段階で早めに治したら、ほとんどの場合歯を抜かずにすみます。^^

ただ、ちゃんと歯みがきしてるし痛くもないしと放っておくと知らないうちに歯周病は進行してしまいます。

かかりはじめや少しすすんだくらいの歯周病なら、すぐ歯医者さんに行けば進行を食い止めることができる場合が多いです。

早め早めに診断を受けるのが、自分の歯となが~~~く付き合うコツなんです。

歯周病の予防法としては、

1. ていねいに歯をみがく

・・・歯医者さんで歯みがきの方法を教わって、歯ぐきのあいだや今まで磨けなかったところまで毎日丁寧にみがく。

2. 規則正しい生活をする

・・・細菌への「 抵抗力 」が弱くなると歯周病はすすみやすいので、疲れやストレス、睡眠不足にも気をつける。


3. 定期的に歯医者さんにいく

・・・定期健診ではスタッフが歯のクリーニングもするため自分では磨けない部分も安心です。


歯周病を予防したらそれだけ長く自分の歯で食べられるので、早めに歯医者さんに行くのがポイントですね^^


※  今日の内容は  『  株式会社  オーラルケア  』  さんのリーフレットを参考に記載しています。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

13.04.03, 20:51

これからのスケジュール^^

今日はネットのスケジュール帳に予定を書き込むと。。。



う~ん!  水曜日午後がなくなる!週末がなくなる!



というのも、5月末から水曜日は1歳半検診、その次の週から小学校歯科検診が3週連続、その次の週からは衛生士学校の授業が8週連続と12週連続で予定が!

それぞれ1~2時間の予定なのですが、貴重な水曜日午後が7月末までなかなかゆっくりできそうもない。。。

また週末も6月から本格的に土曜日夕方は宮崎市で剣道(~10月まで)で、その間に福岡、宮崎、鹿児島など8月までに月1~2回ペースでセミナー受講予定計画。

まあ多少は忙しい方が性に合っているとは思いますが。。。

44なので体をいたわりながらぼちぼち頑張りますか^^
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

13.04.01, 21:12

TOOTH   FAIRY

img13040001_1           TOOTH  FAIRY   ( トゥース フェアリー )  という言葉聞いたことあります?
 




 (  西洋では、乳歯が抜けたときに、抜けた乳歯を枕元に置いて眠ると夜中に歯の妖精  TOOTH FAIRY  がこっそりその歯をもらいに来て、お礼にコインやプレゼントと交換してくれると言い伝えられています。 

子どもたちはこのプレゼントをとても楽しみに眠るという、サンタクロースのような存在です。

この儀式は、生えかわる永久歯が丈夫でありますようにという願いがこめられており、歯の大切さが昔から認識されていたことがわかりますね。  )
 




 これは          “  歯の妖精  ”

という意味で、自分(歯科医師)ができる社会貢献の1つなのです。

簡単に言うと、役目を終えた 

  『 撤去冠 』 (いわゆる患者さまの口腔内にあった外して不要になった銀歯など) 

を寄付して、たくさんの子供たちを救うというものです。

この金属の中に含まれる金、銀、パラジウム、プラチナなどをリサイクルした資金で、

「 貧困や重い病気と闘う子供たちを支援するプロジェクト 」
です。

この活動によって集められた寄付金の使い道は、現在ミャンマーと日本の子供たちのために大きく3つのプロジェクトを行っています。

1. 「 ミャンマー学校建設 」 プロジェクト

・・・勉強がしたいと願うミャンマーの子供たちに学校を建設

⇒ 現在までに10校建設


2. 「 海の見える森 」 プロジェクト

・・・難病や重い病気と闘う子供たちとその家族を受け入れ、レスパイト(休息)を提供するための施設(小児ホスピス)を設立

⇒ 2013年夏オープン予定で現在改築準備中


3. 「 チャイルド・ケモ・ハウス 」 プロジェクト

・・・小児ガン専用の化学療法ハウスの建設

⇒ 2013年春オープン予定で現在建設中

で2009年6月のプロジェクトスタートから4億円を超える支援があるそうです。

自分もこの考えに賛同し参加歯科医院として登録させていただいています。

詳しくは http://tooth-fairy.jp も参考にされてみてください!^^
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    
end of entries.