12.05.30, 23:55

保険請求勉強会

今日の夜は、今年4月に保険請求が改定になったのでその講習会に歯科医師会館へ勉強に行ってきました。

この保険請求は、たとえば5月に診療した分を6月の10日前後近くまでにまとめてレセプトを請求すると7月末に本人負担以外の約7割の診療報酬が振り込まれるというシステムなのです。

この保険請求の仕組みをよく分かっていないと正しい請求ができず、直接診療報酬に関わる部分なので今回も勉強に行ってきました。

午後7時半~9時くらいまでがその改正になった部位の請求の注意点などの講習で、9時くらいから懇親会がありました。

宮崎県の歯科医師会の理事の先生方4名も一緒に、自分から見たら大先輩の方々と懇親会に参加してきました。

一緒に講習会後に懇親会などで飲みながら質問などしたり、いろいろな先輩の先生方とお話すると学ぶことも多く話がつきません!

やはり、いろいろな先生方もしくは異業種の方でもいろいろな方とお話するのがとても楽しいです^^

最後は自分の一本締めでお開きに。。。

これからも諸先生方のご指導いただきながら頑張ります!
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

12.05.23, 17:16

基本は“ プラークコントロール ”

               “  プラーク  ”

          『 歯の表面に付着した細菌およびその産物の集塊 』

つまり

          『 お口の中の細菌と細菌が出す物質が集まったもの 』

これが  “ プラーク ” の正体です。

また、           “ コントロール ” は 
          
          『 制御すること、統制すること、管理 』

なので           “ プラークコントロール ”

とは、

          『 お口の中の細菌とその産物を何らかの方法で制御すること 』

といえます。

逆に言えば、歯磨きをしなかったり、上手に磨けていないと歯の表面にたくさんの細菌が付着します。

その中のミュータンス菌が増えると、砂糖を利用しながらネバネバした物質をだしてお口の中は酸性の状態になり、長時間酸にさらされた歯の表面は溶けてしまいます(脱灰;だっかい)。

これが  『 むしば 』  の始まりです。

また、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)に細菌が増殖すると歯周病菌が増えます。多くの歯周病菌は酸素が嫌いなので、酸素の少ない歯周ポケットが大好きなのです。そこにこれらの細菌の毒素や酵素といった産物が歯ぐきに炎症を起こして、歯を支える骨まで溶かしてしまいます。

これが  『 歯周病;ししゅうびょう 』  で、症状としては、歯ぐきからの出血をはじめ、歯ぐきから膿(うみ)が出たり、歯がグラグラしたりします。

『 むしば 』 も 『 歯周病 』 も感染症なのです。

ある調査では、日本人の歯の歯を失う原因で

・ 32%が むしば

・ 42%が 歯周病;ししゅうびょう

・ 11%が 歯の破折

* あとは矯正や親知らずなどの意識的な抜歯だそうです。

このようにむしばや歯周病になる前はもちろん、これらが原因で歯を失う前、治療後のメインテナンスとしても

               “ プラークコントロール ” 

はとても大事なのです。

お口の状態は全身の健康にも大きく影響することがわかってきていますが、最近では

・脳梗塞(のうこうそく)の人は健康な人よりも歯周病菌が多い

・歯石除去で脳梗塞や心筋梗塞など心血管系の病気のリスクが低下し、歯石除去の頻度が高いとさらにそのリスクが低下する

などという報告があります。

毎日の 『 セルフケアでのプラークコントロール 』 とともに歯医者さんで行う 『 プロフェッショナルケアでのプラークコントロール 』 も大切にしていきたいものです。^^

( この記事は 『 月刊 糖尿病ライフ さかん 6月号 』 を参考にまとめてあります。 )
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

12.05.20, 21:00

近未来モニター

img12050009_1 img12050009_2   昨年末に東京でセミナーに行った新宿パークタワーホテル内にあるショールームで見た

          『  GLAS LUCE  』

結構衝撃で今も鮮明に記憶に残っています。

映画の中の世界のような近未来が実用化されてきていることを知らなかったこともショックでしたが、iPhone で操作できる 
          
          『  smart  Home  』

の存在もびっくり@@

こちらは iPhone で色々な家電が操作できるようになるということが、最近ニュースでも少し取り上げられていましたが。。。

この  『  GLAS LUCE  』 はイタリア語で

          “ ガラスから解き放つ光 ”

を意味するそうです。

簡単に説明すると通常はマジックミラーやガラスになっていて、電源をONにすると鏡の中から映像が流れ出す新しいスタイルのディスプレーなのです。

今までのモニターよりもフラット化がすすんだ究極で、他のインテリアとの調和・融合させたミニマムでスタイリッシュな次世代インテリアです。

いわば通常の壁が “ 動くインテリア ” になるのです。

ガラスパネルもマジックミラーのブラック、シルバーやブラックガラス、ホワイトガラスがあり、壁にモニターをビルトインして設置するものや既存の壁に自立パネルを後付け設置可能なものなど応用範囲が広いです。

最近では色々なショールームなどでも設置されているみたいで、1つの壁にいろいろなサイズのモニターを映し出せるメリットもあり、今からは病院、美容院、ホテルなどにも登場しそうです。

また  『  smart  Home  』  はiPod touch や  iPhone  を各AV機器へ接続することによりシステムサーバーから映像・音・光と各種コンテンツを連動させ、各部屋(エントランス、リビング&ダイニング、キッチン、バスルーム、ベッドルーム)の 『  GLAS LUCE  』 をコントロールするというもの。 

これを直接見ると結構な衝撃!!

シンプルで是非取り入れたいインテリアですが、またまた結構な価格設定なので手が出せません。

今からの目標でこれからの構想の1つにとどめて。。。^^

GLAS LUCE HP http://www.glasluce.jp/
ハナムラトレーディング HP  http://www.h-trading.co.jp/
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

12.05.18, 13:38

知覚過敏の治療方法って?

ひとくちに

                   しみる!

といっても、生活習慣を変えるだけで治る軽度のものから、神経を取らなければならない重度のものまでさまざまな症例があります。

そこでまずは小さな治療法から試し、それでも治らない場合のみ、大きな治療へとすすめていきます。

歯は一時期しみても少し経つとしみなくなることでも分かるように、もともと自然治癒力をもっています。

これは

① 唾液が歯を補修したり

② スメア層という象牙質がする減るときにでた削片などの沈着した膜が象牙細管の入り口をふさいだり

③ 象牙細管が中の方でふさがれて穴がなくなったり

して痛みが止まります。

そこで、知覚過敏の治療では、まず

STAGE1.  自然の治癒力がうまく発揮されるよう生活習慣を見直します。

この段階でしみなくなるのが理想的で、改善後は予防のために適切なセルフケアと定期的なメインテナンスで歯の健康を維持していくことになります。

ただ、生活習慣の改善で症状が治まらない場合には、

STAGE2.  コーティング剤を歯に直接塗り、象牙細管の入り口をふさいで刺激を遮断します。

炎症がほとんど起きていない通常の知覚過敏の症例ならこうした処置を3~4回継続すると症状は改善する場合が多いです。

ところが困ったことに、表面の保護だけでは痛みが止まらない方もいらっしゃいます。

というのも、細菌によって歯の内部で炎症が起きている場合は、表面保護ではダメなのです。そこで、

STAGE3.  新たな細菌が入り込まないようレジンやセメントをつめる治療をして治癒を待ちます。

レジンをつめて治癒を待っても痛みが治まらない場合に、炎症がかない進行している状態です。

こうした重度のケースでは

STAGE4.  残念ですが神経を取らないと痛みは止まらないため、神経を取って大きなむし歯を治療するときと同じ処置をします。

こういうふうに知覚過敏の治療は段階的に、しかも可及的すみやかにすすめます。

なかなかCMなどではよく耳にする言葉だと思いますが、なかなか知覚過敏の詳しいことなどはわかりにくいと思いますので、ご質問などありましたらお待ちしています^^

(今回の記事は “ 2012年 nico 2月号 ” を参考にまとめてあります)
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

12.05.16, 18:52

とある水曜午後。。。

今日は先週の水曜日に引き続き 南小学校 の学校歯科検診が14:00~ありました。

自分の担当は4・5・6年生の約220名。

昨年までは 山田中 のみでしたが、今年から 南小学校 も。

ここ 南小 の6年生は自分の次女と幼稚園で同級生だった子供や太鼓の練習で一緒の子供、また当医院へ受診している子供など知っている子供も結構たくさんいるので、保健室でも 
 
        “ あの人知っている! ”

と言われることも。。。

最近の検診では両極端な傾向あり、むし歯がない子はまったくなく、多い子はたくさんあるなど2極化の傾向があるように思いました。

先週はお口の中を診るのに、ペンライトが押している間しか光らないタイプだったため指がつりそうに!^^

今日は先週お願いしてあったため、ずっとついているタイプだったので検診もスムーズに1時間強で終了。

午前の診療後は税理士さんとの話があり昼食もとらずに検診だったため、途中でお腹がなっていて。

まあ、なんとか2週にわたり小学校が終了で、来週が 山田中 。

と貴重な水曜日午後が3週ともに検診ですが、来月中頃からは

          『 衛生士学校 』 の講師

も夏休みをはさんで9月初めまで。

なんとか少しずつでも自分の時間を確保してリフレッシュへ!

( すべての人に平等に与えられているものは、唯一 『 時間 』 だけなのだそうですので、あとはどう有効に使うかで人の価値は変わってくると。。。 )
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

12.05.11, 22:38

喫煙のいろいろ

img12050005_1 img12050005_2 以前から歯周病などに影響を与えると言われている
 
          『 喫煙 』

今月の5月31日は 「 世界禁煙デー 」 もありますので、ちょっと書いていきます。。。

この 『 喫煙 』 は、ガンをはじめとする循環器疾患、呼吸器疾患、糖尿病、周産期異常などさまざまな疾患の原因になることが科学的知見でも確立されていて、健康への悪影響はあきらかで、もちろん歯周病や糖尿病のリスクも高くなります。

たばこの消費量は、最近では減少傾向ですが若い女性の喫煙率はあまり減少傾向を示さず、ほとんど横ばいで、さらに悪いことにより禁煙しにくいメンソール系のたばこが女性に人気のようです。

ただ、この妊娠の可能性のある世代に対して、喫煙の影響は啓発不足の感があり、よりいっそうの禁煙支援を行う必要性があると考えられます。

あと、禁煙の意思でいえば

               やめたい

と思っている人は意外と多く各世代の4割程度の方が考えていながらも禁煙にいたっていないのは、まさにニコチンの依存症にあるといえます。

( 自分も今から15年近く前の長女を授かった?時の妻が妊娠した時に禁煙しました。

それまでも職業柄、診療中(朝から夕方まで)は休憩時間などでも手(正確には指)に匂いがつくと、それを口腔内に入れるのでほとんど吸わなくなっていました。

それで無理なく禁煙できたような気がします。 )

たばこは言わば

          『 合法ドラッグ 』

でニコチンが含まれているため習慣性・依存性があり、実際吸わないと落ち着きがなくなるそうです。

禁煙も3日目がとてもきつく1週間継続できれば、ほぼ成功といえる段階になるようです。

また、

     「 禁煙しようと思っていても、なかなかできない 」

とよく耳にしますが、アルコールよりはやめやすいそうです。

最近社会的な問題になっているのが副流煙による受動喫煙です。

2008年12月に米国小児科学会誌に発表された論文で、新たに警告されているものは、

『 セカンドハンドスモーク(直接受動喫煙) 』  ではなく、

『 サードハンドスモーク(間接受動喫煙) 』   です。

          『 セカンドハンドスモーク 』 

は、喫煙する人が吐き出す煙や、くすぶらせる煙が拡散して、近くにいる人がその煙を吸わされ喫煙者でなくても

心臓血管系の病気・脳卒中・肺ガン・流産・新生児無呼吸症候群など

のリスクを負わされることで、近年わが国でも知られるようになってきたものです。一方、       

          『 サードハンドスモーク 』

は、煙が消失したのちに煙に含まれる物質が、喫煙者の髪の毛・衣類・部屋のカーテン・ソファなどに付着し、それが汚染源となり間接的に第3者がたばこの有害物質に曝露されることだそうです。

なので、たとえば妊婦が直接受動喫煙を受けると、おなかの中の胎児にとっては間接的に受動喫煙となるので、これも “ サードハンドスモーク ” となります。

最近は “ セカンドハンドスモーク ” の知識をもっている人は多いのですが、お子さんのいる自宅を完全禁煙にしていない家庭は多くあります。

というのも、子供がいない間はタバコを吸っていたり、喫煙者が換気扇の下で喫煙したりすることは問題で、このような状態では、赤ちゃんや幼児を有害物質の曝露から守ることは出来ません。

 “ サードハンドスモーク ” の知識をもてば、室内(車内も)は絶対にスモークフリーでなければならないのです。

これを読んだきっかけにぜひ禁煙を!^^

( この記事は 『 月刊 糖尿病ライフ さかん 5月号 』 を参考にまとめてあります。 )
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

12.05.09, 18:45

それって口内炎?

お口の中にできる粘膜の病気といえば、まず 『 口内炎 』 とされがちですが、実際の病気の本当の中身に気をつけなくてはなりません!

“ 口内炎 ”って思っていても、もしかしたら実際は欠けて鋭くなった歯が当たっているかもしれませんし、入れ歯が合わないせいかもしれませんし、もちろん悪性の腫瘍の可能性もあります。

口腔内の粘膜の病気は多様な原因が考えられるので、歯科医師がしっかり診察し必要な場合は口腔外科で専門的な検査もして診断しないと、本当の原因は明らかになりにくいのです。

本来、口腔ガンは直接見たり触ったりできるので早期に発見しやすいのですが、残念なことに発見の遅れる例も多いのです。

これにはよほど進行しないと痛みがないため、できた場所によっては気付くのが遅れる場合や、「痛くないから大丈夫!」と放置してしまう場合があるからです。

ある日、いつものように 『 口内炎 』 かな?と思って、以前歯医者さんでもらった口内炎の薬を塗ったとします。

それが、前はすぐ効いたのに、今回は1週間経ってもできものがちっとも治らない場合。

       「 まあ、大丈夫だろう 」

と、つい放置したくなると思います。

しかし、ここで放置してはいけないのです。ただの口内炎ならもっと痛みますし、1週間も薬を塗布すれば、とうに改善し始めているはずです。

こういうとき

       「 おかしいな??? 」

と、疑うことも大事です。

口腔ガンは、普段から粘膜を見ていれば、比較的病変をみつけやすいガンです。

しかし、よほど進行しないと痛みがでないことが多いため、興味や知識がないと見逃しやすい面があることも事実です。

少しでも気になる場合は、かかりつけの歯科医院を受診してみては?  

( 今回は “ 2012年 nico 4月号 ” を参考に書いています。)
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

12.05.06, 15:19

気になるインテリア?

img12050003_1img12050003_2                       
この前の鹿児島のインテリアショップ 

           『 STYLISH 』 さん

で気になったもの。

それが、この     midorie   DESIGN     という緑のインテリア。

階段途中の壁にあり気になったもの。

リーフレットをその時もらったものの、今日ネットでも見てみてさらに気になり。。。

なんでも サントリー さんの事業らしくびっくり!

土に代わる 『 パフカル 』 という軽量、清潔な素材を使用しているため壁などに自由に飾りつけできるというもの。

フレームカラーも何色かあり、部屋のイメージカラーに合わせてレイアウトも自由とのこと。

ただ、フレームカラーで植物も決まっているのと5種類の植物があるので、1種類の植物でシンプルなのを自由に選べるのもいいかな?・・・と

医院でもトイレに1つあるといいなあと思いつつも価格が結構なもので、いつか購入を構想しながら。。。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

12.05.04, 20:31

ゆっくりと

img12050002_1 img12050002_2img12050002_3     



今日はレセプトの仕事で医院へ。。。

で、院長室前入り口の玄関の鉢の植え替えや陶器鉢への植え替えも。

院長室前入り口はひまわりの30~40cmまでしかならないものに植え替えを。

みずをたっぷりやって一番日当たりいい場所へしばらく移動。

でも今までの購入してからの2週間くらいで、水やりはちゃんとしていたのですが、部屋の中だったのもあり?花はあまり元気なく。。。

すべて花を摘んで今からのつぼみへ期待を。

花が咲いてきれいになったら画像アップします~

また大きい鉢は

         アガベ・アテヌアータ

多湿を嫌うのを知らずに、去年秋~冬にかけて他の植物と同じように1週間に1回水やりしていたら葉がどんどん枯れてきて。。。

最近、水やりを控えて枯れた葉を剪定してからまた元気に復活!したためどこに置こうか検討中のものです。

もう一つのものは

         サンセベリア・バキュラリス・ミカド

といって福岡の博多駅で半年くらい前に購入してから技工室の窓際に置いていたらぐんぐん成長してきたものです。

購入したときは20cmないくらいだったのですが、今では一番高いものが50cmくらいあります。

俗にいう空気をキレイにするサンセベリア(サンスベリア)の一種です。

仕事に来ても、なかなか仕事ははかどらずにこういうことばかりしてしまい^^

ゆっくりと。。。
posted by 院長   院内のお気に入り!    

12.05.03, 22:30

高速バスで。。。

今日は恒例の
  
          日帰りバス旅行!


長い距離はいつものようにバスで。今回は2回目(4年ぶりくらい?)のバスでの

          ハウステンボス

今までも

          天草へのイルカウオッチング (初夏)

          高千穂峡 (初秋)

などへ。バス旅行はその季節を感じられる時期にそこに行けるので大好きです。

ただ、その季節真っ只中のため交通渋滞も多い時期なので・・・バス。

きつい運転もしなくていいので。

もちろん、今日もゴールデンウィーク後半初日なので、高速道路も少々混んでいましたが、何kmというまでの渋滞はなく。

おみやげにカステラも購入しての12時ころには到着で。

このバスツアーには入場料も含まれているのですが、

         ハウステンボス

はあえて言わしていただければ、とくとくフリーパスまで購入(別料金)すると

        東京ディズニーランド

よりも料金が高い!

しかも新しいアトラクションなどは少しの割引程度で、フリーパスといいながら完全にフリーのものばかりでもなく。。。

もちろんとくとくフリーパスがないと、各アトラクションで料金かかるためもっと割高になるし。。。

赤字からの建て直しは評価されるべきですが、料金体系はちょっと不満かな?と。家族で行くには。。。ですね。

ただ、お昼に食べた佐世保名物!と書いてあった

         レモンステーキ  

はおいしかったし、花もきれいだったし!なのでこれからに期待!です。

行きに5時間弱、ハウステンボスに滞在5時間半、帰りに4時間強と座りっぱなしも少々きついですがこれも旅かな・・・と。

ただ次回は泊りがいいかなとも考えます。

最近話題の  高速バス  ですが、やはり一番に考慮されるべきなのは

            安全第一

だと思います。

やはり何でも規制緩和だけではなく、今からでも規制が必要な部位は改正していくべき!と考えながらの帰途でした。^^
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    
end of entries.