11.09.30, 21:22

面白い案内???

最近きたダイレクトメールで面白いもの。

      漫画(コミック)の貸し出し・・・

待合室で患者さまが退屈しないようにレンタルで医院様に貸し出しますというもの。常に何十冊と漫画が。。。

うたい文句が

   『 これさえあれば待合室でのクレームなし! 』

これって自分には妙に違和感が!

というのも、これは待たせることが前提での話しでは???

まずは   “  待たせない工夫  ” が必要と考える自分

自分がおかしい?           いや多分大丈夫。

他にも、妙に

       『  滅菌器具使用!  』

ということを前面に押し出している医院。

これも当たり前のこと。

それよりも待合室、洗面所、診療室、トイレなどなどのすべての清潔さがあってこそ・・・だと思うのも自分だけ?

         待合室はシンプルに  

が自分の中での基本と考える今日この頃^^

それだけに日々清潔に保つための努力は怠らないようにする!
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

11.09.27, 14:24

歯ぎしり

この前の宮崎日日新聞に

  危ない「歯ぎしり」   ~顎関節症や歯周病悪化~

というタイトルが掲載されていました。

睡眠中の「歯ぎしり」や「くいしばり」を総称して「睡眠時ブラキシズム」というのですが、

これが

①.一緒に寝ている人の安眠を妨げるだけではなく 

②.歯の磨耗や破損

③.顎関節の障害        など重大なトラブルを引き起こすというもの

他にも歯がしみたり(知覚過敏)、被せ物や詰め物が外れたり、歯周病が進行しやすかったり、口の周りの筋肉が痛んだり、頭痛・肩こりの原因になったりする場合もあります。

ただ、なぜこのブラキシズムが起きるのかは詳しい原因は分かっておらず、これ自体を止めることはできないが、悪影響を最小限にとどめることはできるということで、早期歯科受診をすすめている記事でした。

治療としてはもっぱら悪影響を与えている要因を可能な限り減らすことが目標となります。

「 重要なのは歯の保護と、歯や顎にかかる力の分布を制御すること 」とのこと。

有効なものとしては患者さまに合わせて製作していくもので、睡眠時のみ装着する「ナイトガード」などの樹脂製のマウスピースがあります。

これは歯の表面を磨耗から守るとともに歯にかかる力を歯列
全体に均等に配分するものになります。

日中の意識がある場合は “ 噛みしめている ”ことを常に意識してご自身でできることとしては

1.唇は上下閉じた状態で上下の歯は合わせない

2.噛み合わせていることに気付いたらすぐに離す

3.唇や頬、顎など口の周りの力を抜く

4.緊張時、集中時には姿勢をよくして肩の力を抜いて深呼吸する

5.ストレスをためない

6.重いものを運んだり、激しい運動をするときには特に注意する

などがあります。



また就寝時に注意することとしては



1.寝るときには極力悩み事や考え事をもっていかない

2.リラックスしたイメージ、楽しい経験などを考えて休む

3.高い枕は噛みしめやすくなるので避ける

4.体の緊張ができるだけ取れる体位で休むことが望ましいが、横向きなど顎に力が入りやすい体位にも注意する

などがあります。

お心当たりがある方はまずは歯科医院で早期相談をしてみては?






    
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

11.09.26, 21:53

日々勉強 in 宮崎2

昨日は宮崎市の歯科医師会館で

       第一回  小児歯科講演会   

があり、出身大学の鹿児島大学の小児歯科学の山崎教授を招いてのものでした。

テーマは

『 6歳までの小児にみられる歯科的問題とその対応 
    
    ~ う蝕、外傷、咬合異常などについて ~(その1) 』

というものでした。

まずは一番共感できたのが、一番始めの

      “  小児歯科診療でもっとも大切なこと  ”

それは

   “  歯医者さんで子供たちが歯科恐怖症患者にならないこと  ”

というもの。


        これに尽きる!!!     と思いました。

患者さまの皆さん(特に小児や障害者・児の患者さまと保護者の方々)は、歯科医院受診に大きな決断をしてきていらっしゃることをまず第一に考えるということ。

小児歯科学の分野の治療はすべて

     “ もし患児と保護者の方の協力が得られるならば・・・”

という前提のもとに成り立っているので、その場限りの治療はよくないということ。

たとえ抑制して押さえつけた状態で、一本の大きなむし歯の治療ができた?としても、いずれは歯科恐怖症になってしまうような治療はよくないため抑制的治療は時と場合を考えて必要最小限にとどめておくことが大事ということ。

(  自分の場合だと抑制治療はもちろん、患児が泣く場合でも通常は無理に削ったりはしないのですが、

①.夜も眠れないくらい泣いて痛がる

②.食事も取れないくらい泣いて痛がる

の場合のみで、急に動いた場合でも怪我しないように配慮してという範囲で。。。泣いていても保護者の方のご了解を得て治療します  )

(  通常は保護者の方がそばにいた方がいいというお子さんには、すぐそばで見ていただきながら診療しますが、中には甘えて泣いているだけの場合には、お子さんと約束して頑張れるなら近くにきてもらうよ、と言って泣いている間は同じ診療室の空間のカウンセリングコーナーでお待ちいただく場合もあります。

~ もし自分がその子の親だったら、自分のまったく見えない場所でわが子の大泣きの泣き声だけ聞こえてきたら何されているか分からずイヤだなぁと思うので、そういうことは絶対したくないという考え ~  )


また行き当たりばったりの治療ではなくて、局所麻酔回数の最小化、治療回数の最小化を考慮してのブロック治療を心がけた治療計画を立てることの大切さ、などは自分も第一に考えています。

また治療計画立案の基本は主訴の改善なのですが、小児の場合は患者さまの受け入れ態勢などによっては大きいむし歯は応急処置のみして対顎同側(ex.主訴が右上が痛いならば右下)の小さいむし歯からすることも重要という考え方。

こういう姿勢は自分も重要としているのですが、保護者の方によっては

 “  泣いてもいいのでどんどん治療をすすめてください ”

という方もいらっしゃると思います。できるだけ説得してお話しして大体の方は理解してくださるのですが、中には納得されない方もいらっしゃいます。

嫌がる子供を無理して治療することは、将来的に長い目で見ると環境が変わらなければ(またむし歯になってしまうような環境では・・・)、あまり意味がないことだと考えます。

それよりも少しずつでもステップアップしていき、できる子には心からほめる!!!で何でもできる!という自信をつけさせていきながらも、これ以上無理なところまで来た場合は、そこで治療期間をむだに長引かせるのではなくスパッと2~3ヶ月あけるとお子さんは成長していくものです。

大事なのは

~  乳歯の時期は永久歯をカリエスフリーにするための練習期間  ~

だと考え、保護者の方も子供をむし歯にしてしまって自分が悪かったとあまり落ち込まないこと!

大きな目標は

           永久歯でむし歯ゼロ

ならば合格!!!^^という考えで何事も前向きに!

矯正治療、審美治療、インプラントなどなど先進的な分野のセミナーも花盛りで自分もいろいろ受講していますが、こういう 『  小児歯科学  』 などの基本的な分野こそ重要なのではないでしょうか???

11.09.25, 20:34

お気に入りのインテリア4

img11090007_1img11090007_2img11090007_3 今回は院内に何個かそろえているキャスター付きワゴン。

B-LINE社 の   “  ボビーワゴン  ”

画像のものは4段8トレイ、3段5トレイ、2段2トレーのもの。

上から順に

① 院長室で今から用途を考えているもの

② 診療室で矯正の小さいものをまとめているもの

③ カルテ入力テーブル下で書類などをまとめているもの

(このテーブル上にはUSBやエアコンのリモコン入れとしてミニチュアサイズの2段2トレーのものもあり!)

として使用しています。

これは1970年代に

         ジョエ・コロンボ

という方がデザインしたもので現在流通しているものは復刻されているものです。

この方は彫刻や絵画でも活躍されていたそうで、本来は製図用のこまごましたものを整理するものとして製作されているので収納力抜群です。

最近は歯科医院や美容院などでも、その機能から多く使用されているみたいです。

ちなみに4面ともに収納できトレー以外の2面も機能的に長いポスターなども収納できる工夫がされています。
posted by 院長   院内のお気に入り!    

11.09.21, 20:05

玄関の緑

img11090005_1img11090005_2img11090005_3 最近の玄関の植物の移り変わりを。。。

 苔玉 → ドラセナコンシンネレインボー → エアープランツ

エアープランツは以前大阪のセミナーに行ったときに難波で購入したもの。。。

( 夏場だと1週間に一回一晩水につけて次は逆さにしてしっかり乾燥させてからまた飾るということもしっかり教わって )

ついこの間も福岡で同じショップをみつけて今度は細長いエアープランツも購入したので、カウンセリングコーナーへ置くつもりです。

何回かエアープランツも失敗しているので、今回は細心の注意で枯れさせないように頑張って育てる!意気込みです^^
posted by 院長   院内のお気に入り!    

11.09.20, 22:52

日々勉強 in 福岡2

この前の連休は 福岡で CERECユーザーのベーシックコースセミナーがあり受講してきました。

いつもは福岡は1人で高速バスでのバス停とセミナー会場の往復のみ。

今回は連休ということもあり、家族も一緒に車で福岡へ!

12時半から天神でセミナーだったのですが、余裕をもって朝7時過ぎに出発。

さすがに8時半ごろ早く着きすぎるということで、いつもは休憩なしで直行するのですが、この日はPAへ。

すると次女の同級生のご家族(ご家族で患者さま)とその知り合いの方(こちらもご家族で患者さま)ご一行とたまたま出会いびっくり@@

(次女から友達2家族も福岡へ行くということを聞いていたのですが、まさかここで出会うとは。。。お友達ご家族は午後1時からのヤフードームへ野球観戦ということでした)

それから11時前にはホテルへ到着してセミナー前のお昼は、スターバックスで軽く済ませてセミナーへ。

子供たちは買い物も早々にホテルで宿題。。。

2日目はいつもの福岡のごとく当たり前のように大好きな

         “ 一蘭さん  ” のラーメン

が食べられると思っていたのに、タイミング悪く食べられず。

車はホテルへ置いて市バス(ワンコイン100円!)でキャナルシティへ行き、自分は

         “ 無印良品さん ”

へ。自分は鹿児島でも宮崎でもだいたい無印に行って長くなるので娘たちから嫌がられるほど。。。

またこのキャナル店は最近リニューアルされて家具や植物も目新しいものが多くワクワクでした。

お昼も、もちろん?
 
         “ MUJI カフェ ”   ^^


最後は博多を去るときには夕方で、夕食は車で食べられるように以前春に来たときにお気に入りになった博多阪急百貨店地下のお寿司屋さんの

(以前はカウンターで食べたのですが今回は持ち帰りにして)

         “ すし藤けん鮮魚店さん ”

(ここは魚屋さんのお寿司なので、お安くて質が高いのでコストパフォーマンス抜群!)

で買ってから地下鉄で天神へ戻り帰り路へ。半年振りに福岡を楽しんだセミナーでした!


 ( セミナーのことは何も書いていないけど・・・^^ )

11.09.14, 23:16

スタッフ食事会 ~ お別れ ~

今日は今度退職するスタッフの送別会、新しいスタッフの歓迎会も兼ねて食事会を

       “  銀の雫さん  ”

でしてきました。スタッフは独身は1人だけで、後は5人主婦なのでお昼のコースで。。。

今回はご主人の仕事場が6月から転勤になったということで、宮崎市内へ引っ越すということでの退職。

( その間ご主人へはこちらからの通勤で大変ご迷惑をおかけしました!)

2年近くここで頑張ってくれていて結婚式にも出席させていただいた方の退職だったので、感慨深いものが。。。

まだ2年経っていないのですが、自分がこう動いてほしいという時や患者さまに説明している間の時にすでに準備万端だったり、片付けなどでも分かりやすく空いた時間にまとめて下さったりと感謝しています。本当にありがとうございます。

(なかなか自分の性格上?と言ったらいけないのですが。。。面と向かってお礼を言っていないような気がします。)

なので、今回の宮崎での就職先も何とか探すのをお手伝いしたりなどして。。。今回の就職先へも改めてお電話でよろしくお伝えするつもりです。

(もしかして、自分の娘が就職するときがこういう感じなのかな?という思いです^^)

今回は退職にあたり、お子さんも小さいため

  ~住むところ(住居)

  ~働くところ(就職先)

  ~お子さんを預けるところ(保育所)

と3ヶ所を探さなければならず、都城で働きながらということもありだいぶ大変だったみたいです。

ところで、スタッフでは受付2人も11月と来年3月にこちらもおめでたいことでいずれも県外に行かれるため、退職が決定しています。

しばらくは患者さまにできるだけご迷惑かからないように予約の人数も少しセーブしていくつもりですが、ご了承いただきこれからもよろしくお願いいたします^^
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

11.09.12, 21:31

運動会

この前の日曜日が初めての中学校の運動会!

今までは2人とも小学生だったため雰囲気に慣れていましたが、中学校の運動会はまた独特の雰囲気が。。。

(実は自分は小学校が自宅から歩いて30秒くらいの道路1つ隔てただけのところだったので、運動会の時も自宅に帰ってお弁当?を食べていました!)

(運動会のお弁当というとイナリずし、巻きずしとブドウやナシのデザートのインパクトが強いです^^)

前日が剣道の練習だったので、少々お疲れモードで朝6時前に地区のテント張りへ。。。

これは小学校と変わらないのですが、これも自分たちのころ(30年近く前!と文字にすると一段と昔!)は地区テントなどなかったような?

もう記憶もあいまいになるほどの昔の出来事。。。

テント張りの時に3日連続で虹をみて何か幸せ~

(でも雨の後でなくても虹ってでるのが不思議だったけど???)

このテント張りもお父さん方と交流する数少ない機会なので、張り終わった後はしばしお話などもして。中にはテント張りだけで運動会は見ない、という方も何人かいらっしゃって。

確かに自分の家族は中学校の運動会にはもう来ていなかった記憶が。。。(これも曖昧^^)

で、プログラムも小学校と比べるとたんたんとすすんでいく感じですぐに昼食の時間に。

今年は奥さんの弟夫婦も来てくれていたので、8人でにぎやかでした。春にうまれた赤ちゃんももうすぐ5カ月だったので顔もしっかりしてきていて。。。お姉ちゃんも幼稚園に通いだしてさらにしっかりきて。。。

( 確か長女もこのころは父親(自分)にべったりだったなあ~となつかしみながら^^ )

昨年の小学校の運動会が雨で早期終了だったので、今年は快晴でよかったなぁと考えながら。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

11.09.06, 21:48

キッズルームの気分一新

img11090008_1 キッズルームもイスを変えてまたテーブル代わりにもなるイスもで気分転換。

このテーブル代わりのイスは以前は診療室にあったもの。

お子さんの診療時にお母様方にすわっていただいていたものをアームシェルチェアに交換したためキッズルームへ配置転換。

待合室はすべて角のないものなので、当然キッズルームも丸いもの。

でシンプルなもの。
posted by 院長   院内のお気に入り!    

11.09.04, 22:55

日々勉強 in 熊本2

今回もインプラントのセミナー。

( 前回同様セミナー会場近く(歩いて5分くらい?)のホテルに宿泊で移動は高速バスの回数券で。。。 )

当医院でのインプラントは アストラ という外国産のもの。

この前はインプラントの総論のような感じで、今回は各論でこの前からシステム変更になった アストラ の実習も含めてのセミナー。

今までのシステムよりも術式もよりシンプルになり、さらに埋入後の骨のでき方も早くなったということで、さらなる進化!

本当に勉強しなければ、あっという間に日々進化していく歯科業界!(これは他の業種でも同じだと思いますが。。。)

10年一昔と言っていたのが、本当に一昔!で今は3~5年のサイクルで動いていることを実感。

今回は難症例の場合にも応用できる外科術式の実習もあり、今まで漠然としていたイメージも講義と実習で固まってきました。

以前にも記載したように治療オプションとしてのインプラントの有効性は明らかなので、ご希望される方には治療方法の1つとしての提示をして、メリット・デメリットなども説明した上で患者さまが決定できるようにしていきます。

このインプラントセミナーも第3回は、小学校の運動会と重なるため、今回で最後になるかも?と考えつつ。。。

( さすがに小学校の運動会とセミナーでは比重は圧倒的に運動会になりますね ~!^^ )

11.09.01, 00:00

お気に入りのインテリア3

img11090006_1img11090006_2             今回はカウンセリングコーナーの棚。

B-LINE社 の  “  クアトロクアルティ  ”

(イタリア語で4分の4という意味だそうです)

これは

       ルドルフォ・ボネット

というデザイナーの方の作品で現在流通しているものは復刻されたもので、連結された4つのパーツを組み替えて、必要に応じて家具の形を変えることができるモジュール式家具なのです。

(棚の1段目にはこれまた大好きなルシェロシリーズの歯ブラシ、フロス、ホルダー付き歯間ブラシが置いてあります)

これは自分の好きな

        『  シンプルで機能的  』

にまさに一致するもの。

ちなみに4つあわせてテーブルにもできるので結構重宝しています。
posted by 院長   院内のお気に入り!    
end of entries.