10.02.22, 23:30

おいしいもの

昨日は神柱公園で “ かんばしらピクニック ” といって

手作りの雑貨店や飲食店が鹿屋や野尻町の方からも参加してありました。

何でも1回目の催し物とかで、11時前に行ったときには大行列で駐車場もない状態。。。とのこと

( 幸い、家は近いので長女と奥さんは歩きで自分と次女は自転車で行っていたのでよかったです! )

結構たくさん出店していて娘たちも小さいアクセサリーなどを見て楽しんでいたようでした。

お昼は下長飯にある “ Life Cafe ” さんのハンバーガーとポテトを行列が落ち着いたころにやっと買えました。
(一番早くに売り切れて大好評のようでした!)

~ ここの店長さんとは娘たちが幼稚園のころ、自分が父母の会の会長をしていた時の副会長さんでもあり、ご主人とは古着好きな自分の好きなショップの店長だったということでもあり、また教室は違うものの同じバレエを娘たちがしていることもあり、たまに会ってもいつも会っているような感じの方々です。。。 ~

また、ここの近くの前田町?(田中書店さんの目の前)にも系列の“ Life Wear ” さんもあるので是非足を運んでみては?

ところで、バーガーも大きいアボガドやトマトが入っているにもかかわらずアボガドが苦手な自分でも全然大丈夫でボリュームもあり大満足!でした。

最近では、末吉町の道の駅で夜食べたときには黒豚のしゃぶしゃぶ食べ放題(90分)にミニバイキング(マーボー豆腐やチキン南蛮、酢の物などなど)がついたものも結構満足いく内容でした!

ここはお昼はランチバイキングもしていて、さらにお得感もあるみたいです。

他には先々週は小林の “ さんまるこ亭 ” さんの味噌カツ、先週は宮崎市でセミナーの帰りに  山形屋の “ アレッタ ” さんのバイキングなどなど。。。

ただ、最近は年齢のせいかバイキングの味付けが少し濃い目に感じるのですが、気のせい???

ゆったりできる感じでは花繰町の珈琲館も他の店舗とは違って内装なども落ち着きます。ここの姉妹店は“ 星の空 ” さんも“ 空そら ” さんも何かいい時間の流れを感じます。

食も大事と感じつつ、娘たちからは “ ふとっている ” コールが。。。 

(バイキングではいつも食べ過ぎて注意されます)^^
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

10.02.06, 10:30

2種類のフッ素!

よく予防で  “ フッ素 ” という言葉が出てきますが、

実は2種類存在するのです。

フッ素はエナメル質表層付近の領域(表面からの深さで0~300μm)ではたらきますが、2種類のフッ素のうち

『 フッ化ナトリウム(NaF) 』 

は歯の成分であるカルシウムと結合しやすく、比較的に浅いところ(0~約50μm)で歯が酸に溶かされるのを防ぎます。

一方、 『 モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP) 』

は逆に深いところ(約50~300μm)まで浸透して、同じ効果を発揮するのです。

この2つのフッ素の効果の違いが、2段階の歯をむし歯から守れるということなのです。

今までにむし歯の治療を受けた歯や、初期むし歯には深いところで作用するMFPが作用し、また現在はむし歯ではない健康な状態で、今後もしっかり予防していきたい歯には浅いところからコートしてくれるNaFが作用するのです。

つまり、2つのフッ素ですべての歯に対して、むし歯を予防し進行を食い止めることができるのです。

最後に、むし歯予防に有効な300ppm以上のフッ素濃度を2分間保つためには、900ppm前後配合されている歯磨剤では1g以上の量(ブラシ部分が2cmの大きさの歯ブラシでは約3分の2の量)が必要になります。

むし歯になりやすい奥歯から磨き始めるのもフッ素を生かすコツで、フッ化カルシウム(CaF2)やプラークの中のフッ素はすすぎすぎると流れてしまうので、すすぎは少なめにするといいです。

今回の2つのフッ素については、日本歯科医師会の広報誌の日歯広報を参考にさせていただき記載しています。

ご不明な点などございましたら、院内でもメールででもご質問下さい。
posted by 院長   歯にいい話(予防歯科)    
end of entries.