09.07.21, 20:14

今朝から。。。

とうとう子どもたちが夏休みに入り、お母さま方は子どもたちのお昼ご飯の準備やら、子どもたちの遊ぶペースに惑わされたりなどでこれから40日近く大変だと思います。。。

で、今朝から

   ラジオ体操!

が始まりました。昨年まではなかったのですが今年は小松原地区でも神柱公園の小さい方?で始まり、家族4人で朝6:30から行ってきました。

まず、お父さん1人だけ。。。

お母さんたちは、10人近くいましたが、この1人だけにも負けずにどんなに夜寝るのが遅くても、毎朝の継続でラジオ体操・これを今夏の目標にしよう!

っと意気込んだのもつかの間。

実は今週1週間と最後の週の1週間しか今のところないらしいとのことで少しホッとしたような、がっかりしたような。。。

最後の週、子どもたちは祖母のところに行く予定なので、さすがに子ども抜きで1人での参加はちょっと気が引けるし。。。

でも少しでも達成感を味わえるような、この小さい目標から頑張ってみようと思います!^^

明日は雨が降らないのかな~っと考えながら、カルテのまとめの残りを。。。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

09.07.15, 16:54

審美的な部分入れ歯

1本でも歯がなくなると、噛みにくい・しゃべりにくい・見た目が悪いなどのいろいろな不都合だけでなく、他の残っている歯が気が付かないうちに動いてたおれてきたり、伸びてきたりしてさらに機能的にも困ってしまいます。

なので、何らかの方法で修復(補う)しなめればならないのですが、方法としては

1. 部分床義歯(部分入れ歯)

2. ブリッジ

3. インプラント

などによるものがあります。各方法でそれぞれ長所・短所はあります。

(ホームページの“ 歯を失ってお困りの方へ ”参照)

ここで一番削ったり、外科をしたりの侵襲(しんしゅう)が少ないのは “ 部分入れ歯 ” です。

一般的にブリッジは、抜けた(抜いた)歯の両隣りに歯が残っていない場合にはできないので、奥に歯が残っていない場合には保険内の処置では入れ歯で補うことになります。

また、たとえ奥歯が残っていても、失った歯の本数が多いとブリッジを支える歯の本数が多くなる(健全な歯を削る確率も高くなる)ので、入れ歯を選択したり・ブリッジと入れ歯を組み合わせたりする場合もあります。

部分入れ歯の構造としては

・人工歯 (硬いプラスティック陶材などの歯)
・クラスプ(部分入れ歯を維持する金属のバネ様の引っ掛け)
・義歯床 (歯のない粘膜部分と接する歯ぐき色の部分)

などですが、最近は主に

『 前歯などのみえる範囲にクラスプが見えるのがイヤ! 』

という方のために “ ノンクラスプデンチャー ”

というクラスプを使用しないものがでてきています。

以前は白いクラスプ(アセタルという材料)で金属を使用しないものもありましたが、金属より強度が弱いためクラスプが太くなるので見た目もさほどよくならなかったり、舌感も悪かったりであまり使用されなくなってきたように感じます。

当医院でも最近、ノンクラスプデンチャーを2症例しました。

(そのうち画像ホームページでもアップしていく予定です。)

1症例は、右上奥歯2本の入れ歯ですが、金属アレルギーで金属を使用しない方法希望(インプラントの外科もできればしたくない)とのことで製作し、

もう1症例は、左上前歯2本の入れ歯ですが、その両脇がそれぞれ5~7本ブリッジの支台になっているので、ブリッジにするにはすべて除去しなければならないため外さないでの処置希望とのことで製作したものです。

遠くからの見た目でも、クラスプがないため殆ど目立ちません。ただ、クラスプを使用しないために適合がピッタリなので慣れるまでは取り外しに通常の入れ歯よりは、多少時間がかかると思いますが、長くても1ヶ月程度で違和感も感じにくくなると思います。

もし気になる方がいらっしゃるようでしたら、ご相談下さい。

ブリッジ・インプラントについても順次記載していく予定です。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

09.07.06, 20:00

週末の過ごし方。。。

先週の金曜日は、診療後に

技工物(患者さまにはめていく部分的な銀歯や被せ物、入れ歯や自費の被せ物など)

を依頼している技工所の(株)サンシーさんの社長と都城支店の担当の方と食事をする機会がありました。

これまで開業してから2年強ずっとお世話になっているのですが、食事する機会は初めてでした。

いつも自分の無理を聞いて頂いたりしているのですが、このサンシーさんが製作して下さる “ 技工物 ” は適合などもとてもよくこちらの方が感心させられます。。。

もちろん、自分の形成(歯を精密に削ること)も自信はありますが^^、それだけではぴったりした物は出来上がらないのです。

その後の歯科助手の方の印象材(歯型をとる材料)の練り方や歯科衛生士の方の歯型とり、またその歯型から模型を作るための石膏流し、がすべて上手くいき

さらにその製作した模型で技工士さんが噛み合わせなどの情報をもとに製作したものが上手くいって初めて、

患者さまのお口の中でわずかな調整だけでピッタリフィットするのです。

~そう、チームなのです~

なので技工士さんへはとても感謝しているのですが、なかなか上手く伝えることもできていなかったので一緒にお食事を3時間くらいする中で、ざっくばらんにお話しする機会をもてて本当によかったです。

(ちなみに都城支店の担当の方のお子さんは上の2人は勤務医の時からの患者さまで、今では3人のお子さんが定期的に来院してくださっています)

で、土曜日は診療後に高速で宮崎市まで行って、約1時間半剣道の練習をして帰ってきたらもう9時だったような。。。

そこから今はレセプト(診療報酬請求)の期間(毎月1日~10日くらいまで)なので、そのチェックで遅くまで医院で。

~~  そういえば、この日は以前勤務していた衛生士さんが、出産(6月6日)した赤ちゃんをお披露目にも来てくださいました。(元気そうな男の子の赤ちゃんでしたよ!)

何でもご主人は結婚してからずっと大分で単身赴任だったので、出産して1ヶ月足らずですが、その日に大分に一緒に帰る、ということでご主人も一緒でした。  ~~

日曜日はブランチで高城町の “ SAKURA ”さんへ。

今ではミエールにも入っているのでご存知の方も多いと思いますが、この高城の本店?の方では850円で大満足のバイキングができます。(パスタはパンに副菜やサラダ類も多いので)

ただ開店の午前11時にはすでに行列ができていますので、この日も10分前に行って庭のいろんな寄せ植えの花などを観賞しながら開店を待つ。。。という

ただ、お待ちのお客様も多いので制限時間が40分になることもあるのですが、それでも結構おいしくたくさんいただけます。

また待ち時間の間も、パンの販売のコーナーでいろんなパンを見て楽しみ、そのパンがバイキングで食べられるので、気に入れば帰りに購入もできる!とうシステムはよくできています。

その後娘たちと医院に行って、この前までペチュニアが咲いていた小さい陶器のプランターに、またコリウスを植えたり、中庭の落葉樹などにホースで水遊びしながらお水をあげたり

と、こんな感じの週末でした。

来週も診療後もいろいろ忙しくなりそうです。。。。。。。。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

09.07.01, 21:53

オルゴール

来院されている方方は知っていると思いますが、当医院のBGMは  『 オルゴール 』 なのでなかなか落ち着きます。

これを聴きながら、ガムマッサージを受けている方や根の治療をしている方などは急に口が閉まったりして(熟睡してしまい。。。)噛まれることがあります^^
 
それくらい

~~心地いい~~               のです。

(曲はクラシック系などもいいのかもしれませんが、自分は見た目通り?もともとクラシックなどを聴かないので、なじみやすいJーPOPにしています)


ただ、オルゴールなら何でもいいというのではなく普通のオルゴールだとボリュームによっては、ただ耳障りなだけ、になるものもあります。

一番安らぐのは

“ α波のオルゴール ” か “ 小樽オルゴール堂 ”さん

のものならば音が高すぎずに丁度いい感じです。

クリスタル系のものは音が高すぎてテンションが合わない場合もあります。(自分だけかもしれませんが。。。)

特に“ 小樽オルゴール堂 ”さんのものはアップテンポの曲でもリラックスバージョンやアコースティックバージョンに変えたりしていい感じです。

当医院ではそれをミニコンポのHDD(ハードディスク)に落としてジュークボックス形式で

・夜のおススメ
・お気に入りチャンネル
・気まぐれチャンネル
・新着チャンネル
・フィール;ハッピー
・フィール;スローライフ
・フィール;リラックス
・フィール;ハイ
・おはようタイム
・おやすみタイム

などなどを  おまかせチャンネル  でエンドレスで流しています。

高い位置にある白いBOSEのスピーカーで、診療室のみ流していますが、トイレにもいつかは流せるようにしたい、という構想も考えています。

BOSEだと高いのでは?って思われるかもしれませんが、2万円未満のものです。(もちろん左右1セットで・・・^^)

今日、“ 小樽オルゴール堂 ”さんから新しいのが届いたので、またまた明日からしばらくは気分一新で頑張ります!
posted by 院長   院内のお気に入り!    
end of entries.