08.11.30, 10:00

秋絶景!

img08110004_1 img08110004_2 img08110004_3 先週の日曜日は日帰りで、プチ旅行へ。。。

今回も家族4人でいつものようにバスツアー!で高千穂へ。

宮崎にきて13年になるのにマイカーで行くには遠く感じる距離で、今まで1回も行ったことがなく。。。

ツアー30人くらいの方の内、70代以上の方が半数以上でした。

で、最初に “ あゆやな ” で鮎の塩焼き、味噌やき?甘露煮などなどの料理を堪能!同じ川魚でもニジマスやヤマメは食する機会もありますが、鮎はなかなかなく特にこの時期!っていうので 「秋」を感じるスタートでした。

で、それから念願の高千穂へ

さすがに紅葉絶景ってかんじまではもう少しでしたが、ところどころの紅葉もいい感じで。。。

この紅葉の写真は茶屋の近くで下からのショットで撮影したのですが、なかなかのお気に入りです。

ここではバスを降りてから散策して “ 真名井の滝 ”などで、またまた 「秋」を感じつつ。。。といきたいところなのですが、何とも  

暑い!

都城でもそれまで何日か寒かったので、高千穂はさぞかし寒かろう!ってことでダウンを着て行ったのですが、散策30分くらいでダウンを脱いでも汗かくくらい。。。
周りの散策している人たちも片手に上着を持ちながらっていう方が多かったですね~^^

で、散策終わってからは近くの高千穂温泉で1時間くらい温泉にも入れる!というなかなか味のあるツアーなんです。

温泉も気持ちよく、バスに戻る頃にはまた雨がちらほら。。。

高千穂峡の散策のときだけが、雨もなくいい感じの天気で。

で、帰りにはバスの中でアジの握りずし4貫パックが軽い夕食だったのですが、これもツアーに入っているんです。

これだけの充実した宮崎交通さんのツアーですが、料金もお手頃で季節感もあり、運転もしないのでいいリフレッシュできました。

その前の週の週末は、娘たちの通う小学校の参観日だったので、次女の2年生の参観に行くと、茶道 の参観でおもしろかったです。

実は、自分も大学の教養(1、2年生)のころ“ 茶道部 ”にも入っていたのです!(他にも少林寺拳法も少々。。。)

今は長女も4年生のクラブ活動で茶道クラブに入って、なんとかやっているみたいですが、クラブに入った理由は

“ お菓子が食べられるから ” という親子そろって同じ理由で。。。

まあ、秋を感じたこの前でしたが、もう明日からはいよいよ師走の12月なので、さらに気を引き締めていろいろなことに取り組んでいきます。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

08.11.19, 13:16

大人の虫歯って?

よく虫歯というと、子供のころのイメージが強いですが、大人になってからの虫歯には大きく2つの特徴があります。

まず1つは  “ 二次う蝕 ” といって、治療した歯が、また虫歯になること。。。

治療後のつめ物やかぶせた冠のすき間から発生し、つめ物やかぶせ物と歯の間は、プラークがつきやすく、虫歯が再発しやすいから。

これになる確率を少しでも下げるには、もちろんきちんとしたつめ物やかぶせ物がきちんと製作された上での話しですが、つめ物やかぶせ物の材料を生体親和性のよいものを選択するというのも大事です。

保険の材料でも、保険外の材料でも、セットしてしばらくは見た目も適合状態もほとんど変わらないくらいには仕上げることができます。

ただ、長い年月の間では、変色しやすかったり、耐久性が弱かったり、適合性が悪くなったりなどの  “ 差 ” は少なからず出てくる場合が多いです。

価格(負担金)が高いのには、こういう理由があります。

どうしても見た目だけで判断しやすいですが、そういう利点、欠点を患者さまにきちんとお伝えした上で、あとは患者さまに選択していただきます。

話しが、少し逸れましたが、大人の虫歯の特徴の2つめは

“ 根面う蝕 ” といって、歯ぐきが下がって露出した根にできる虫歯。

この部分はエナメル質に比べると、軟らかく弱いので、再石灰化も起こりにくいのですが、では、なぜ歯ぐきがさがってしまうのかというと。。。間違ったブラッシングなどで力が強すぎたりなどすると、起こりやすいのです。

そうしてプラークもたまりやすくなり、歯周病の原因にもなってしまいます。

これら2つの “ 大人の虫歯 ”の発生を抑えるのも正しいブラッシングや生活習慣の改善などのセルフケアと歯科医院での虫歯や歯周病の検査、歯石除去などのプロフェッショナルケアで、発症を未然に防いだり、治療を最小限にとどめたりすることができるので、

年2~3回の定期健診受診      これが大事なのです。

歯医者さんっていうと、

  痛くて治療期間が長い~

っていうイメージもあると思いますが、それは

  悪くなってから。。。痛くなってから。。。

の来院だとどうしてもそうなってしまいますが、定期健診を受診していると、もちろん虫歯などがなければ2,3回で終了になる場合が殆どです。

歯医者さんへは、痛くないときにこそ、これからのセルフケアでの注意点などをいろいろ相談に行ってみるべき!!ですよ^^



 
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

08.11.13, 19:55

歯をケガしたら 。。。1

本日、外傷(友達とぶつかって永久歯がグラグラする!)で来られた小学2年生のお子さんがいらっしゃったので、外傷について少し書いてみます。

歯のケガをしたことがある人って以外と多いのではないでしょうか?

特徴としては、部位でいえば圧倒的に前歯が多いのですが、症例は実にさまざまで

   割れる!

   折れる!

   抜ける!

など見ただけで分かるものやしっかりした検査をしないと分からないものもあり、見た目だけで判断できないのです。

それで、大事なのは歯をぶつけたりした時には、まず歯科医院で検査をしてもらった方がいいです。

ケガだと知らずにそのままにしておくと、あとで痛みがでたり
変色したりすることがありますので。。。

今回は大まかなケガの種類を分類して次回以降で少しずつ1つ1つについて書いていきますね!^^

<割れた!&折れた!の場合>

こういう場合でも、若いだけに治る可能性も高いので、できるだけ神経は取らず、可能な限り被せずに治療を心がけています。折れた歯のカケラがあったら、歯科用接着剤で元通りの形に出来る場合が多いので、お持ち下さい。^^

(1)亀裂・・・ヒビが入っただけで症状もなし。(たまに水などがしみる場合あり。)

  → 経過観察

(2)エナメル歯冠破折・・・先端だけ小さく欠けた場合

  → コンポジットレジン(歯科治療用のプラスティック)で修復

(3)単純歯冠破折・・・先端がポキリと折れた場合で神経に影響がない場合

  → 経過観察後にコンポジットレジンで修復

(4)複雑歯冠破折・・・折れて神経が見えている場合

  → しみるなどの症状がだいぶ強くても、神経が生きている場合は、神経の見えている部分を少しだけ取り除き、傷口を薬で保護した後に、折れた歯のカケラを元のところに戻して接着。
(カケラがない場合でも、コンポジットレジンで元の歯の形に近付けることができます。)

(5)歯冠ー歯根歯折・・・比較的根の上の方で折れていた場合
  
  → 骨の中で歯根が折れていても、神経が生きていた場合は元通りの位置に戻したあと、固定すると神経も生きたままの状態で大丈夫な場合もありますが、通常は神経を取り除く処置が必要な場合が多いです。

  → 歯ぐきの中のほうで折れていて被せ物も出来ないような場合は神経の処置をしてから隣の歯を利用して小矯正で歯を引っ張り出して、被せていく場合もあります。(抜歯になる場合もあります。)

(6)歯根歯折・・・根の先端の方で複雑に折れている場合

  → 抜歯になる場合が多いです。

これは、あくまでも治療例で、レントゲンでの状況などで処置が変更になる場合もありますので、まずは歯科医院でご相談下さい。。。

ちなみに今回の患者さまのようにグラグラしている場合は次回詳しく書く予定です。

               
posted by 院長   歯にいい話(小児歯科)    

08.11.05, 21:15

お気に入りの?

img08110001_1 img08110001_2 img08110001_3                              う~ん・・・

院内のお気に入りのインテリアで、意外とデザインが気に入っているのが、

ごみ箱。。。

デザインもさることながら、実用性にも魅力感じるものです。

1枚目は  “ プラスマイナスゼロ ”

というプロダクトデザイナー深澤直人さんのデザインによるもので、有名なのが円盤状の加湿器がありますね!

デザイン家電もろもろの他にも電卓、時計、懐中電灯など意外にもインテリア全般にわたって商品あります。

これは見える部分はラウンドでやさしい感じなのですが、もう1つの部分はコーナーにぴったりとくるので収まりがジャスト!って感じで好きです。

2枚目は  “ ideaco ”

というブランドのチューブラー(TUBELOR)で インテリア用品、生活雑貨、家具の商品企画、マーケティング、デザインをしていて

  流行に振り回されない、シンプルかつ機能的なもの

をいろいろ作り出しています。何といってもシンプルなのもいいし、中にスーパーなどのごみ袋をセットしても外観を損なわないところがいいですね~^^

トイレに置いています。。。

他にも当医院では、玄関の傘たての カサ・キーパー CUBEや マガジンホルダー  Kamui もデザインで好きでこの“ ideaco ”のものを置いています。

3枚目は  “ ダネーゼ ”

というデスクまわりの道具から、照明、家具と、バラエティにとんだ製品ラインナップを誇るイタリアのデザイン・ブランドで、「長く使い続けられる良品を」という哲学をもっているそうで。。。

斜めにカットしてあるので、ゴミが入れやすくなり、角度によって斜めに見えたりまっすぐに見えたりとデザイン・機能性ともに一目ぼれしたゴミ箱で、待合室にあります。

これらは3つともにネットオークションでユーズドを落札したもので、新品は価格も定価近くで落札されるのですが、ユーズドだと半額以下~半額くらいで落札できるんですよ!

院内は結構落札したユーズドのインテリアがあるのですが、イスなどでも落札した後でクロームメッキ部分の錆びを落とす作業がたまらなく好きなんですよね~^^

なんかゴミ箱でここまで語るとは自分でも思わなかったですが。。。。。
posted by 院長   院内のお気に入り!    
end of entries.