08.08.23, 23:11

15年ぶり!。。。

今日は診療後に宮崎市で、15年ぶりに

“ 剣道 ” をしてきました。。。

これに伴い、防具を新調したり、竹刀などは

家のすぐ近くの「浜田武道具」さん にお世話になりました。

宮崎県歯科医師会の剣友会の練習で、10月に九州地区の学会を兼ねた試合があるので、それに向けてのものです。

診療も4時過ぎまでだったので、それから北部記念体育館での6時からの練習にはギリギリでした。

何しろ15年ぶり!!!

開始してすぐの基本練習で息が上がってきて、きついし何しろ

    暑い

こんなにも暑かったのかというくらい、面を被っての暑さは想像を絶するくらい。。。

太鼓でもいつも、めちゃめちゃ汗をかくのですが、比べるまでもなく。

また久しぶりのため左足にマメ2つと右足に1つ。

それをかばうためなかなか力も入らず、足首がくじいた様な感じにもなり、こんなにも体力がなかったのかと悲しくなったのも事実ですが、意外と体は相手に反応して技はでていたのも確かで、15年ぶりの割には。。。と手応えも少し感じつつ。

で、大変なのが練習後に運転して都城に帰ることで、帰ってみたら、右ひじにはアザは出来てるわ、右内腿が筋肉痛だわで
明日休みでよかった~と。

これからは、ほぼ毎週土曜日は2ヶ月ほど練習ですが、まずは
怪我のないようにしっかり準備していこうと思います。

来週は、奥さんと娘2人も帰ってくるので、久しぶりの再会も楽しみです。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

08.08.22, 14:14

お腹が減った時の贅沢に!

img08080003_1 img08080003_2 img08080003_3 この前、2ヶ月ほど前にオープンした大岩田の

“  空そら ”さん

に行ってきました。

この時は娘2人だけが、徳之島に帰っていたので奥さんと2人
でちょっと贅沢な“トンカツ”を食べに行ったのです。

(この前の月曜日からは奥さんも帰ってしまって、今は1人ぼっちですが。。。)

こちらは自分たちの大好きな“星の空”さん、“珈琲館”さんと同じグループのところで、古民家を改築したような感じで雰囲気がとてもいい感じです。 

この時は2人で別々にヒレカツ膳とロースカツ膳を頼んだのですが、ボリューム満点!!です。

通常はトンカツというと定食でも、お味噌汁と漬物とキャベツの大盛りって感じですが、この膳で頼むと、最初にコースのように前菜・スープ、カツとサラダ、デザート・珈琲(画像参照)とあります。
また、食材もこの季節のオクラやヤマイモなどのネバネバ系などもあり、ほっとする感じです。

(ネバネバ系は納豆も含めて大の苦手なのですが、結構あっさりしていておいしかったです!)

携帯での画像なので、いまいち分かりにくいですが、2枚目の画像でカツにそえてあるモヤシ炒めや卵の中に肉じゃがが少しあったりと、少量でも手のかかっている感じと庭先の草花をちょっと飾るなどの一工夫が、こころにくい演出です。

予算的には、この膳の場合だと要予約で3000円弱なのですが、せっかく行くなら、少し贅沢にこのカツなんとどうです?

自分も他のことはさておいても、食についてはいろんな食材や、いろんな調理法を知りたいというのがあるので、外で食事するときもそこの雰囲気やインテリアなども楽しみながらというのが多いです!

おススメの場所などありましたら、コメントからでも是非教えてくださいね^^
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

08.08.18, 14:24

ミネラルパックってどういうもの?

img08080002_1 img08080002_2 今までの虫歯予防では、フッ素についてが主な予防でよくお聞きしたことはあると思います。

よく聞く “ 虫歯 ”

というのは歯に穴があいて着色などがある状態をいいますが、実際は口の中では目に見えないレベルで

    歯が溶けて虫歯ができ、それを修復する

ということが毎日繰り返し行われています。

これが歯の

「脱灰(だっかい)」と「再石灰化(さいせっかいか)」

と言われるものです。

歯の表面のエナメル質はほとんどが

「 カルシウム 」 と 「 リン 」

というミネラル成分ですが、これらはごく弱い酸性度(pH5.5)で溶け出してしまいます。

で、食事をしたり、甘い飲み物を飲んだりすると、口の中に生息している虫歯の原因菌が糖分を取り込み、分解して酸を生成します。
この酸によって、歯の表面からミネラル成分が溶け出してしまうことを「 脱灰(だっかい)」と言い、この状態が続くと本格的な “ 虫歯 ”ということになります。

通常、この「脱灰」を食い止める役割を果たすのが、

唾液(だえき、いわゆる“つば”)  です。

酸を洗い流して口腔内を中性に戻すばかりでなく、唾液中に含まれるカルシウムやリンなどのミネラル成分が、歯に取り込まれて修復することの「 再石灰化(さいせっかいか)」に重要な役割を担っています。

もちろん、この「脱灰」と「再石灰化」のバランスが保たれていれば、虫歯はできないはずですが、

歯が酸にさらされる時間や回数が多い

と、歯の「脱灰」の状態が続き、「再石灰化」が追いつかないので、虫歯が進行してしまうのです。つまり、

①.3度の食事以外に間食をする回数が多い人や、
②.糖分を含んだ飲み物を飲む機会が多い人、
③.唾液の分泌量が少ない人

などは、虫歯のリスクが高くなります。

また、柑橘系のジュースやお酢などは酸性度が強く、歯を脱灰する要因になるのと、ビール、ワインなどのアルコール類も酸性なので長い時間をかけて飲むと脱灰のリスクを高めることになってしまいます。

では、虫歯予防に重要な再石灰化を促す環境を整えるのには、必ず食後の歯磨きを行い、口の中に酸を作るための糖を残さないことです。
また、虫歯菌の塊であるプラークやそれが固まった歯石を徹底的に除去するために定期的に歯科医院でのクリーニングを受けることも効果的です。

より積極的に再石灰化を促すには、このミネラル成分を歯に浸透させる

“ ミネラルパック ”  

という方法が最近注目されてきています。

これはガムの名称でもおなじみの、牛乳由来成分である

CPP-ACP(リカルデント)を配合した「 MIペースト 」というものを歯に直接塗布する方法です。

この「 MIペースト 」には唾液と比べると、はるかに高濃度のカルシウムとリンが含まれていますので、「脱灰」によって失われたミネラル成分が効率よく歯に再吸収されます。

使用方法も簡単で、まず歯磨きを行い、口腔内を清潔にした後綿棒や歯ブラシなどを使って歯全体にペーストを塗布するだけで、10分~30分程度したら軽くゆすいでもいいですが、できればそのままがいいです。
またこの時の歯磨き時にフッ素配合の歯磨き粉を併用すると一層効果が上がります。

この“ ミネラルパック ”により

①.通常よりも再石灰化が促進
②.口腔内が酸性になりにくい状態を維持できる
③.知覚過敏の症状緩和

などの効果があります。

これまでの虫歯予防といえば、歯磨きによって糖た虫歯菌を取り除き、唾液により再石灰化されるのを待つしかなかったですが、“ ミネラルパック ”により虫歯になりにくい丈夫な歯を作るために必要なものを補給するケアという「攻めの予防、新しい時代の予防法」ができるようになっていくと思います。

このMIペーストは当クリニックでも販売もしていますし、フッ素塗布時に一緒に処置することも可能です。

また、使用方法などで分からないことなどもご相談下さい。
posted by 院長   歯にいい話(予防歯科)    

08.08.09, 18:07

子離れ

う~ん、今度も間隔が開いてしまいすいません!^^

この前の日曜日に娘2人が奥さんの実家に帰省してから1週間になります。

結構、毎年子供たちだけで鹿児島の徳之島まで帰るので、この前も空港まで送り、2人だけで飛行機に乗っていきました。

今度は奥さんが迎えに行くまで、3週間くらいはおばあちゃんたちと一緒の生活ですが、向こうではいろいろな方と触れ合えるので、この次にどれだけ成長しているのかも楽しみです。

その3、4日前には

“ ふれあい広場 ”

のキャンプが高城であり、子供同士で夜もあまり寝ないで楽しんでいたみたいですが。。。

その前の日曜日には高城の観音池のプールに家族で行ったのですが、その時

“ SAKURA ”さん

でお昼いただき、ここのランチは

 「 お気に入りに追加 」

って感じです。

価格も手頃ですが、お客さんがいっぱいだったので、待っている間にそこで売っているおいしそうなパンを見て欲しいなあ~
と思っていたところ、ビュッフェスタイルのところに先ほど見たおいしそうなパンたちもたくさんあり、実際食べることが出来るのに感動しました!

また、パスタなどもたくさんあるので、女性の方ならメイン(ハンバーグなど)なしでも結構ボリュームあると思います。

自分はメインのハンバーグも食べましたが。。。

で、帰りに先ほど食べておいしかった(どれも全部ですが。。。)パンを買って帰れるのもいいですね~

おススメは   “ 玄米ジャリパン ”です。

今度できるイオンモールにもテナントで入るらしいので楽しみにしています。

最近も、仕事で忙しく、なかなか時間を見つけてブログ書くことがおろそかになっていますが、自分で時間をつくり、出来るだけ、最低1週間に1回は更新できるように頑張ります!!

そういえば、仕事前や仕事が終わってからなど、子供たちから電話があったり、こちらから電話したりで、いつも近くにいる時より新鮮な感じします。

(いつも近くにいる時には、注意するような口調になりますが、電話で話していると、笑顔で話せるような気がします^^、不思議ですが。。。)

自分が十分、子離れしていないとかではなく、自分が子供と一緒なんだろうな~とひしひしと考える今日この頃です。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    
end of entries.