08.06.24, 19:59

ミニバレー!

この前の日曜日に娘たちの大王小学校でミニバレー大会があり
家族そろって行きました。

もちろん、昨年同様夫婦そろって出場!!

去年は2回の練習も行かずに、本番だけ出たので今年は金曜日の練習から参加しましたが、本番で筋肉痛が。。。

筋肉痛など久しぶり。

上手などではなく、ただただ勢いだけのようなバレーで、ミニバレーはネットが低いので、正確には何度となくオーバーネットのような???

でも、楽しいんですよね~、こういう行事が。

4年3組は担任の男の先生と自分ともう1人で男は三人だけだったのが寂しかったですが、保護者の交流にいいですよね!

勝負はリーグ2位で少し残念でしたが、またまた来年も出場したいと思いつつ、無事ケガもなく終了しました。

次女の2年1組には出られなかったので、2つのクラスにリカルデントのガムを差し入れしました。
(キシリトールはまあまあメジャーですが、リカルデントはまだまだ普及していないので。。。)

娘2人も朝の8時30分から、応援を一生懸命やってたようでぐったりしてましたが、前の日から応援のマラカスを楽しそうに作って張り切っていました。

自分はその前の日に宮崎で、障害者歯科研修制度のアドバンスコースがあったので、その日からちょっと疲れていましたが、今日になってやっといつもの体になってきたような?

この研修は、

宮崎市だけでなく地方でも障害を持った方が歯科治療を受けられるように歯科医師を育てよう!

という主旨のもとに行われているもので、県下の各歯科医師会から少数ずつ受講しているものです。

自分も土曜日の診療時間を少し削ってでも、その考えに共感して受講を決めました。

これからも自分がいいと思ったことは、どんどん取り入れて少しでも地域に役立つような歯科医師目指して頑張ります^^

また来年もミニバレーも!!!
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

08.06.16, 19:54

週末の過ごし方。。。

この前の土曜日は、娘たちの大王小学校の放課後クラブ?の“ふれあい広場”のバーベキューがあったので、家族4人で5時から行ってきました。

自分たちの担当は紙皿だったので、それを持っていき、会費は1人100円で家族で

なんと400円!

これも主催してくださる宮田若菜さんやその地区の民生委員の方やボランティアの方の応援があるからこそ!です。

このふれあい広場は、昨年から本格的に始まり、うちの娘2人も時々お世話になっています。

昨年もキャンプやカレー大会、その他もろもろ、今年もお茶摘み体験など、高城の“まっぴら農園”のご協力もあったりしていろんな自然とのふれあいや体験ができるところが、ものすごく協賛できるところです。

若菜さんは、ちんどんやさんの花ふぶき一座の方なのでご存知の方も多いと思いますが、ここのご自宅がふれあい広場の本拠地なので、バーベキューもここで親子合わせて総勢50人オーバーで雨天決行!!!で開催。
めちゃめちゃ楽しかったです。^^

雨の中の湿気の多い中での火起こしから子供たち(他の方の子供も含めて)とワイワイガヤガヤいいながら一通りお肉、おにぎりなどを食べて、保護者の方は自己紹介もしていきました。

自分は、昔からこういう皆で集まって何かするというのが大好きで、幼稚園の父母の会の会長のときも、今までなかったレクレーションを、御池自然の家で家族を募って、朝は火起こしとカレー作り、午後からは子供たちのキーホルダー作りなどを一行事として企画したりしていました(予算も考えながら。。。)

確か今も、毎年の行事としていろんな趣向をこらしてレクレーションの日として残っているみたいです。

子供が小さいときから田植えや、そば打ちの体験やキウイ狩りなどいろいろしていましたが、最近は仕事でなかなかする時間もなかったので、久しぶりに純粋に楽しめました。

皆さんに感謝!!ですね^^

ところで、ホワイトエッセンスという名前の歯医者さんを聞いたことがあるでしょうか?

日曜日は、今マスコミなどでも話題にのぼるティースケアという分野?で活躍している歯科医院で唯一のフランチャイズの形態をとっている会社のセミナーが福岡であり、朝からいつものごとく高速バスで行き、会場がホテルオークラだったのでその隣の博多リバレインの3、4階のIDC大塚家具に行ってきました!

ここは自分の好きなイームズやゴルビジェデザインの家具などもあるのでみるだけなのですがワクワクでした。

結局目が行くのは、変える範囲の備品などなので1つ白いフラワーベースを買いましたが、展示してあるものからすると桁が2桁も違うくらいの買い物だったのですが、ものすごく丁寧に接客していただき、こちらが勉強になりました。

で、

セミナーの方はというと、実は自分は開業前にここの考え方に賛同してお電話したのですが、その時は九州では展開をまだ考えていなかったらしく、断られたのです。

しかし、今でも考え方はものすごく協賛できるというか、

簡単に言えば、

     健康な方にも歯科に来て欲しい

ということです。

いわゆるむし歯や歯周病のcure(治療)ではなく、care(ケア)で、ということです。

たとえば、審美や予防という分野での来院、です。

ホワイトニングやクリーニングをベースにして、いつかこういう風にしたいという強い考えが、まさしく一致したという感じなのです。

だからといって治療の技術ももちろん磨くのですが、要は働いている衛生士さんや受付の方も、患者さま?(健康な方なのでお客様???)も楽しく通える場を提供したいと考えています

すこしずつ、この夢を実現できるように頑張っていきますので応援もよろしくお願いいたします。

またこれに関するコメントもお待ちしています^^
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

08.06.13, 14:31

待合室のお気に入り③

img08060004_1 img08060004_2 img08060004_3              今回は、久しぶりに待合室のお気に入りで以前と少し変化したところなどを。。。

まず、1枚目はずっと前は柱サボテン、この前は桜や切花などの定位置だった中庭前のところにきた観葉植物の

“ ストレチリア ”

これもオーガスタの大きい葉っぱが外に広がるようにいくのに対して、葉っぱが細長く・しかも上へ張り詰めるように伸びるところが気に入っているのと、日当たりがある程度必要なのでこの場所へ~

2枚目もなぜか同じようなシルエット(加湿器のチムニー3も似てるような???)の空気清浄機のヘンリー!と中庭にあるシャラの落葉樹もちらり。。。

この樹はこの梅雨の時期だけ小さい白い花を咲かせますが、すぐに散ってしまうので気付かない方も多いんですよね。

また秋には枝だけになり、1月頃にはもう春を待つかのように新芽がたくさんでてくるので結構風情あります。

中庭の4本(シャラ、コナラ、ケヤキ、ヒメシャラ)ともに落葉樹で気に入っています。

ところで、ヘンリーで家電といえば、皆さんがよく知っているのは赤いボディに顔が描かれているイギリスの掃除機のヘンリー君かな?

ただ、これは名前は同じでもスイス・Stadler Form(スタドラーフォーム)社のデザイン空気清浄機「ヘンリー(Henry)」!これは特に気に入っているデザインです。

後ろにはアロマ機能のあるフレグランスホルダーもあるのですが、今のところまだ使っていない状態。。。

待合室には、受付に他のアロマデフューザーを置くつもり

以前はダ●キンさんの空気清浄機をここに置いていたのですが、何か素っ気ない感じがしたので、診療室にだけ残しています。

この前のトクサなどもそうなのですが、なぜか上へ上へシンプルに伸びている!という物に魅かれるみたいで、不思議とこういうものが増えてきているような???

で、3枚目は待合室の患者さま向けの本いろいろです。

こういうところでも、少しでも情報発信できればと考えています。1番後ろの “nico”というのは月刊誌で今年の1月号からいろいろなテーマに絞って結構分かりやすく解説しています。

ちなみに1月号から順に

・前歯をなくしたらどうする?~きれいになる治療とは?~
・はじめよう、おとなの矯正!
・奥歯をはじめてなくしたら?
     ~部分入れ歯・ブリッジ・インプラント~
・ここまでできるコンポジットレジン(白い詰め物)修復!
・ストップ!ザ・二次う蝕(詰め物部位が再度むし歯になること)
・ラミネートベニア(歯のつけ爪のようの物)できれいになる!

です。

結構読んでみると、自分たち歯科関係者にも分かりやすく書いてあるので衛生士さんたちの勉強にもなる?

次回からは、いよいよ診療室!!!
posted by 院長   院内のお気に入り!    

08.06.11, 13:16

フッ化物洗口

img08060003_2 img08060003_3 いよいよフッ素の各論第2弾!

フッ化物洗口は、短時間で簡単にできるため、ブクブクうがいのできる幼児・小中学生はもちろん成人や老人まで幅広い年齢層に適用できるむし歯予防の手段です。

その中でも、特に永久歯エナメル質の成熟が進んでいない幼児・小学生に実施すると予防対策としては大きな成果あり!!

また、矯正治療中の場合などは口腔清掃状態が悪化しやすいので有効な予防法の1つです。

フッ化物洗口の種類としては、大きな差はあまりないと言われていますが、

Ⅰ 週1回法・・・0.2%フッ化ナトリウム溶液を使って1週間に1度行います。

Ⅱ 毎日法・・・0.1%もしくは0.05%フッ化ナトリウム溶液を使って1日1回で毎日行います。
※学校などで実施する場合には、1週間のうち5日間が実施日になるので“週5日法”や“週5回法”と呼ぶこともあります

で、洗口剤の種類としては簡単にいうと、製品化されるものとNaF試薬から作成するものとがあり、製品化されているものでも原液で使用できるタイプは、普通薬として取り扱われますが、顆粒タイプは劇薬扱いとなり保管に十分な注意が必要なのです。顆粒も水に溶解させた状態では、劇薬扱いからは外れますので、この状態でお子様などに渡すのには問題ありません。

洗口の方法としては、洗口液を適量(5~10ml)口に含み、顔をやや下向きにしてブクブクうがいを30秒~1分間程度してから吐き出します。このときは口腔内すべての歯にまんべんなく洗口液がゆきわたるようにして下さい。

※この吐き出した洗口液は、そのまま排水口に流しても問題ありません。

※洗口後は30分程度、お口をゆすいだり、飲食しない方が効果が持続されるので、ご家庭で行う時には寝る前に実施すると1番いいのでは?と思います。

※ブクブクうがいがしっかりできない幼児などには、事前に水などで練習させてからフッ化物洗口を開始した方がいいです。
で、まだ出来ないお子様には、濃度は少し低い(100ppm)ですが、フッ素スプレーなどを使えばいいと思います。
(2枚目画像・・・レノビーゴはフッ素の再石灰化力で初期のむし歯も修復します)

洗口剤は当クリニックでは

ミラノール

という洗口剤(顆粒タイプ)を販売していて、

・未就学児用(黄色1g入り)・・・250ppm
・学童児用(ピンク1.8g入り)・・・450ppm

があります。(1枚目画像)

※ホームページにも記載しています。(予防歯科の関連商品の詳しいパンフレットから開いてみてください。)

洗口液の作り方もセットで溶解ビンをお渡ししていますので、このビンに洗口剤1包を入れ、200の線まで水を加えれば洗口液となり分かりやすいと思います。

また洗口する時にも、このビンの容器のふたが軽量カップになっていますので、これを使用するといいいですよ!
posted by 院長   歯にいい話(予防歯科)    

08.06.08, 19:03

お口の健康フェスティバル!

今週末の土・日で都城市郡歯科医師会主催のお口の健康フェスティバル!がありましたが、皆さん行かれましたか???

昨年は開業2ヶ月ほどでしたので、当日(昨年は土曜日のみ開催)と前日の準備・担当だけだったのですが、今年はその前の4月からの準備にも携わりました!

ポスター、リーフレットの準備で昨年のなどを参考にしながら話し合い印刷所の方と打ち合わせを行い、また受付や手形作りコーナーでは技工士の方方ともいろいろお話しなどして。。。

前日の準備では、お子様に渡す景品を詰めたりと。

うちのクリニックでも、最近希望される方がいらっしゃる時には、この6月7日の無料フッ素塗布もありますよ~とPRしていたため、何人かの患者さまにも当日お会いしてお話しもできいましたが、やっぱり人気はフッ素塗布コーナーと手形コーナーで整理券はすぐになくなったみたいでした。

あと、例年は無料健診も矯正相談以外はそんなに多くないのですが、今年はメーカーの協賛でくじ引きコーナーもあったので
始まってすぐは健診も大盛況だったようです。

で、今日は訪問診療の第一人者である横浜市開業の

加藤 武彦 先生

により、1部(午前10時~12時)は一般の方方も対象にして講演がありましたが、訪問診療などでの現状でけっこう知っているようで分からなかったことなどをとても丁寧にお話しいただき分かりやすかったです。(多分一般の方もそう感じた方が多かったかな?と思います。)

2部(午後1時~4時)では歯科医師と技工士の方方を対象にして、訪問診療ではなく、診療室でのいかに噛める義歯(入れ歯)を作るか?というポイントを絞ってお話し下さいました。

開業するまでは、あまり口腔ケアを含めて関心が薄かったので
すが、歯科医師会の公衆衛生委員でいろいろな事業に参加したり、講演を聴いたりして、最近はとても興味がある分野になってきています。

自分が興味をもつと、そういう患者さまも増えてきてやりがいもでてくるもので、以前は患者さまの層で若年齢層が圧倒的に多かったのですが、その来院して下さっていた方のご両親や祖父母の方もご紹介で来てくださり、結構想像以上に義歯の患者さまも多くなってきています。

で、宮崎県の歯科医師会の事業で、6月~9月は月1回のペースで宮崎歯科福祉センターの研修があるので口腔ケアの4回の研修を受講することにしました。

自分の目指す診療は、特別に矯正・審美・予防に特化しているわけではありません。あくまでも、一口腔単位での診療(むし歯のみではなく総合的に診る診療)を目指しています。

もちろん、患者さまの要望が第一です。

これからもパワーアップしていきますので、応援よろしくお願いいたします。

明日の診療から、さっそく今日の義歯のポイントを頭に入れて
満足される義歯(入れ歯)も作っていきますよ!^^
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

08.06.05, 13:16

フッ素塗布

今月最初ですが、昨日がむし歯予防デーだったということもあり、フッ素塗布について以前の続きで書きますね!

フッ化物歯面塗布についてですが、これは世界的には1942年に初めて実施が報告されて、日本では1949年から普及が図られたという結構最近のことらしいです。

もちろん、専門家によるう蝕予防法としてプロフェッショナルケアの中心的な方法ですが、薬剤として多いのは2%フッ化ナトリウム(フッ化ナトリウム2gを100mlの蒸留水に溶解して調整したものでフッ化濃度は9000ppmで無味・無臭・無色)です。

このフッ素塗布の方法にはいろいろあり、

Ⅰ.一般法(綿球塗布法)・・・部分塗布をしやすい

Ⅱ.トレー法・・・上下もしくは全顎同時に塗布できる。

Ⅲ.イオン導入法

の大きく分けて3つあります。

いずれも歯面清掃して、歯面乾燥後に綿球で塗布したり、フッ化物の入ったトレーを装着したり、2~3分通電させたりした後は30分くらい飲食や洗口をさせないで作用させます。

またこの歯面塗布剤も液状やフォーム(泡)状、ゲル(ジェル)状のものなどありますので、お子様の年齢や部位、目的に合わせて使い分けていきます。

以前も書き込みましたが、通常乳歯の前歯にはむし歯の進行抑制としてサホライトという黒くなる薬を塗るところが多いのですが、うちのクリニックでは、綿球でフルオルゼリーというジェル状のフッ化物を塗布していきます。

溶液の方が塗布はしやすいのですが、何回も塗布しないと効果なく、塗布した部位の確認がしにくいために歯への滞留性がよく、塗布状況が分かりやすいゲル状のものを使用しています。

また、保険外の自費(2500円)で全歯にフッ素塗布を行う場合は前述のトレー法で、歯間部や歯と歯の間に入り込みやすいようにするのと、使用量も少なく誤飲の心配が少ないフォーム(泡)状のものを使用して行っています。

さらに、当クリニックではこれに500円プラスして3000円で、フッ素塗布直後にミネラルパックというリカルデントの入ったMIペーストを塗布してより強固な歯質強化も行っています。

フッ素は主に歯の原料となるカルシウムやリンの運び屋さんとして再石灰化を促進して歯を強くしていきますが、CCP-ACP(リカルデント)は歯の原料となるカルシウムやリンそのものなので、直接歯にカルシウムやリンを補給して歯を強くします。

似たようなものとしてキシリトールはむし歯菌(ミュータンス菌)にむし歯の原因となる酸をつくらせないということによりむし歯予防をします。

お母様方も人からいろいろフッ素塗布のお話など聞くことが多いと思いますが、いろいろな方法や塗布剤などがありますので、誤解のないように各歯科医院で納得するまでご相談した方がいいと思います。また、自費なので料金体系もいろいろあると思いますので。。。
posted by 院長   歯にいい話(予防歯科)    
end of entries.