07.08.31, 19:43

ふと思えば。。。もう。。。

今日で8月が終わり、もう9月になります。

早いもので4月5日に開業してからもうすぐ5ヶ月を迎えようとしています。

この間にもいろいろな患者さまに来院していただき、衛生士さんたちの話では患者様の割合で、圧倒的に女性と子供が多い!ということでした。

でも男性の方々もいらっしゃっているのですが、やはり女性が多いというのは印象としてだいぶ強くあります。

それは自分の考えていた患者様の層として考えていたのですが想像以上でした。

ありがたいことに患者様がいろいろご紹介下さり、来院したことはなくても“ハートデンタルクリニック”を知っていらっしゃる方が多くなってきたことはうれしい限りです。

自分も話好きなので、患者様とお話していると、つい時間を忘れて、診療の最後だと1時間以上お話していたりします。

でも患者様とお話ししてみると、やはり今までは先生に言いたくても言えなかったという経験をたくさんしていらっしゃるということが実に多いです。

それは歯科医院の特徴としてよく挙げられたりもするのですが、他の医院と比べてっていうのはあまり好きではありません。

自分の趣味やスタイル、考え方などを建物の外観を含めて発信し、自分の考えを患者様に提供した上で、一緒に考えていく(治療計画なども含めて)という方針のもとで当たり前の診療をやっていくことが大切だと考えています。

もちろん、自分の中では患者様ありきです。

ただ、患者様によっては

“すべて先生にお任せします”

というありがたいお言葉や

“先生はどれが1番いいと思いますか”

という質問をよく聞きますが、自分は自分の考えうる幾通りもの治療方法を提示はしますが、最終決定権は患者さまに委ねています。

というのもその前にだいたいこれが1番いいと思います、くらいはこちらからも言ってはいるのですがあまり耳に入っていらっしゃらないようなので。。。

特に歯科医院では、その日に説明を受けてその日に決定しなくてはいけない!みたいな雰囲気があるようなのも、自分の中ではおかしいと考えています。

それで、説明はだいぶ前もってして、その治療が必要なときまでにお考えいただき(もちろん本人も含めて、親・兄弟・親戚一同!などなどのご意見も参考にして)それから最終的には患者様の決定した方法で最善を尽くすという方針です。

もちろんその決定した方法が歯科医師からみて最善ではない場合などは、それにより将来的に考えられる問題点などもきちんと説明していきます。

患者様も権利として自分の考えは1度は遠慮されずに伝えるべきだと思います。

それで、双方納得した上で治療のゴールにお互いが向かっていくというのが理想です。

こういう考えの歯医者さんはどうですか?

そういえば前まで、診療が終わっても明るかったのに最近暗くなってきて秋の気配を感じますね!^^

明日は午後3時から、自分と衛生士さんとで別々の講習会に午後3時から行くので午後の診療が2時半までとなります。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

07.08.30, 19:21

妊婦さんと歯科治療

最近、患者さまで妊婦さんが2、3人いらっしゃいますので

妊婦さんと歯科治療について少し書きますね!

まず、妊娠中はホルモンのバランスが崩れるために、だ液がねばねばして食べものの磨き残しが多くなる上に、すっぱいものを好んで食べる場合などで口の中がふだんより酸性に傾きがちになります。

また、つわりの時期などは1度にたくさん食べられないので、食生活もついつい不規則になり、また歯磨きをしたくない時などもでてくるので口の中や生活の変化によりむし歯や歯周病が起きやすくなります。

もちろん、これらの予防には歯磨きが効果的ですが、できない場合は最低でも口をゆすぐことです。比較的気分がよい時には丁寧に歯磨きをして口の中を清潔にするように気をつけることです。

ふだんから定期的に歯の検診を受けるのが理想ですが、受けていない方も、妊娠安定期に入ったら歯科を受診し、必要ならば妊娠中に治療をしておいた方がいいです。
産後の落ち着いてからでも、と思っていても実際はなかなか想像以上に忙しく、なかなか受診できないものです。

また歯科治療の麻酔は局所麻酔なので通常は問題ありませんが、今の体調などが影響する場合もありますので、できればかかりつけの産婦人科の担当の先生に問題ないか確認されると安心だと思います。

あとよく質問されるレントゲンも腹部から離れたお口の中に照射するのと、防護もしますので赤ちゃんへの影響はありませんが、念のために妊娠していることはきちんとお伝え下さい。

お薬も抗生剤や鎮痛剤、消炎剤などが一般的で妊娠5~7ヶ月の安定期に短期間服用ならばあまり問題ありませんが、薬によっては少なからず影響するものもありますので、服用する場合は担当の先生にご相談されるといいでしょう。

また、お腹の中の赤ちゃんの乳歯は妊娠の7~10週目くらいからその芽になるものができ、妊娠4~5ヶ月ころには石灰化(硬い組織になること)が始まり、その石灰化に必要なカルシウムやリンなどのミネラルはお母さんの血液中から供給されます。
またもちろんお母さんの食事から胎児は栄養をとりますので、必要な栄養が不足しないように食事は規則正しく、バランスよくとるように心がけてください。

と、まあたくさん書きましたが、診療中も胎教にいい?オルゴールがBGMですので、おこころあたりある方はぜひ受診してみてください。
口ひげ、あごひげの強面の院長の人相が胎教にいいかは分かりませんが。。。。。。^^
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

07.08.27, 19:21

矯正治療

今回は久しぶりに歯のことについて書きます。

矯正治療っていうとなにか分かりずらそうって感じがあると思います。

実際、費用がいくらかかるのかが1番知りたいところで、他には期間や装置の種類などなど。。。

これは保険診療ではなく、(実際に機能障害があるような顎変形症で、外科なども必要になる時は保険適応になる場合がありますがごく少数です。)自費診療なので、歯科医院によって方法や費用はものすごく差があります。

この分かりずらいのを何とかしたいと考えていて、うちの歯科医院では、まず、小児と成人の矯正に分けて、時期や期間、方法についても、ある程度は無料矯正相談でメドを立てます。

この際に正確には、模型だけ500円の負担金をいただきます。

この時点である程度のメドは立てられるのですが、あとは乳歯と永久歯の混合歯列期だと、永久歯のもと(歯胚)があるかどうかだけでも、大きく治療方針が変わってくるので、より正確な治療期間、費用、方法の治療計画を立てようとすると資料(口腔内写真、顔貌写真、パノラマレントゲン、模型)などが必要になります。

うちではココから8,000円の資料採得代金がかかり、これらの資料をもとにしたカウンセリング料金として次回に15,000円が必要になります。

(成人の方のマウスピース矯正・・・ストレートラインではより詳しい資料を採得し、関東まで資料分析のために送付するので資料採得代が15,000円になります)

(この資料採得代金やカウンセリング料金も3~5万円くらいの負担金のところもあります。)

ここまでお話を聞いてから、実際に矯正の治療するかどうかは決定していただいています。

また、お子様の場合などはある程度の目立つ最小限の部位のみを治療して、あとは本人が成人になり就職活動などで気になる場合は、経済的に自分でそこで矯正をさらにするかどうか決めればいいのでは?ってすすめています。

矯正の専門の先生方は模型のような噛み合わせを追求して親知らずの抜歯や必ず上下でのワイヤー治療を行う方が多いです。

確かに上下でワイヤーを付けた方がいい患者様が多いですが、上だけつけたらこうなります、下だけならこうなります、とその後の予想される問題点を指摘した上であとは患者さまやその保護者の方が決定すればいい、というのが自分の方針です。

もちろん抜歯していい歯はないので、小児ではできるだけ抜かない矯正治療を行っています。

この方法は(仕上げにワイヤーを使う場合はありますが)床装置というネジをまわすスクリューが埋め込まれた取り外しできる装置を使います。
食事と歯磨き以外はずっと付けていて、自分でネジを回して、自覚を持たせた上で歯が並ぶスペースを作るために拡大していくという装置です。

子供は以外と装置に慣れるのも早く、見た目もあまり目立たないので、好まれる場合も多いです。

またワイヤーを付ける際にも、子供だけでなく、金属の色が嫌という方もいらっしゃいますので、メタル、プラスティック、セラミックの3種類のブラケットを用意しています。
(メタルと比較すると、材料代の分が少し変わります。)

あと成人の方でワイヤーが嫌という方のためにマウスピースによる矯正も行っています。

ただそれぞれに適応症がありますので、まずはご相談下さい。

ところで、今までは花壇の水やりの時にいつもカマキリやバッタが白い塀をよじ登って一緒に遊んでいたのですが、最近はこれにトンボが加わるようになってきて季節が少し変わってきたなあと実感しています。
posted by 院長   歯にいい話(矯正歯科)    

07.08.20, 21:09

レーザー

またまた久しぶりのブログになってしまいどうもすいません。

この間もたくさんのいろんなことがあり書きたかったのです

が、少々バテ気味でした。

今、以前ここで書いたレーザーの講習会に出たときの

Nd-Yagレーザーを借りています。

またこの2週間ちょっとで50症例近くに使っています。



前も書いたようにレーザーと言っても炭酸ガスレーザー、

Er-Yagレーザー、Nd-Yagレーザー、半導体レーザー

などなど種類がたくさんあり、それぞれで用途が分かれていま

す。その中で自分が選んだのが、予防処置に有効に使用できる

という点と歯肉の切開などで切開のあとの損傷が少ないという

点や歯周病にも有効という主に3点で魅力を感じています。

実際使ってみると毎日5症例以上で使用してないと不自由に感

じるくらいになってきています。

あと2日でレンタルの期間が終わるのですが、今導入に向けて

悩んでいます。。。

患者様のためになるのならという視点でいくと、予防にも歯質

強化にメリットあると強く感じます。

実際、現段階では硬組織(歯)をレーザーで削ってというのは

まだ実用的ではないですが(やはりタービンという従来の削る

機械との併用が必要)それが実現するころに導入すればいいの

か。。。うーーーーん

ところで昨日は久しぶりに妻と2人で買い物に出かけました。

2週間前にこどもたち2人で帰省してからも、妻はお盆に帰っ

たのですが一緒には帰らずに未だおばあちゃんのところの徳之

島で楽しんでいるみたいです。

昨日は宮崎のイオンの近くの“ゼフィール”さんというところ

でランチを食べました。

平日ではなかったので少し割高感がありましたが、自家農園

にあるハーブや野菜を使っているので食材はいい感じでした。

またスープはブロッコリーのスープだったのですがとても

おいしかったです。あとパスタのバジルなどは半端なくバジル

が前面に出てきますのでストレートな味が苦手な方には無理か

もですね!

デザートもキウイのケーキでおいしかったです。

ここで売っている塩がなんか特別らしく奥さんが買って帰って

ました。なんでもライスに少しかけて食べたりするそうです。

ここ以外にも一ツ葉周辺には喫茶店の“森の詩季”さんや

お菓子の“サントノ-レ”さんなどなかなかいい感じのお店

が目白押しです。

イオンのレストラン街もおいしいですが、ちょっと足を伸ばし

てみるとまたあらたな発見があるかもですよ!

そのあとフラワーパークでのランタンも見に行って、午後7時半ご

ろだったのですが、人も車も多くびっくりでした。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    

07.08.06, 21:25

水族館

久しぶりのブログになります。
先週は台風5号で午後から休診だったりといろいろあったのですが、なかなか更新できませんですいませんでした。

昨日は家族で鹿児島の水族館に行ってきました。
いつもはバタバタして少ししか見れないのですが、昨日は11時くらいから2時くらいまで3時間かけてゆっくり見ました。

鹿児島が地元なので、いつでも行けると思ってなかなか水族館って行かないんですよねー

ちょうど鮫の特集?をやっていていろんな発見も自分なりにもありました。
子供たちはやはり、イルカのショーが心にのこったのと、お土産の水時計?みたいなのを気に入って、昨日は2人とも枕元に置いて寝てました。^^

( 先週の日曜日は子供たちと山田町のかかし村の流れるプールに行って,かんかん照りだったので3時間で背中などが真っ赤に日焼けして今その皮がむけてきてかゆい状態です。)

その後に、家具屋さんに行って、アミュプラザの前に書いた
“ 野の葡萄 ”さんでバイキングを食べました。

いつものことながら食べ過ぎてしまいましたが、チラシ寿司やカレー、パスタに天ぷら、茶碗蒸し、ひじき、キムチ、スープ、グラタン、茶そば、肉じゃが、から揚げなどなど食べました。

ここのバイキングは少し高めですが、素材などにもこだわってますので、是非是非おすすめです。ランチの方がお値段的にはいいと思います。

ところで、明日から娘たち2人が奥さんの実家に行くので、少しさびしい感じです。

今は仕事もいろいろ忙しいですが、帰ってくるころには少しでも相手できるようにしたいです。。。
posted by 院長   院長のいろいろ。。。    
end of entries.