13.02.05, 23:23

子供の時期の食の知識

子供の時期から覚えておくとよい食の知識としては、

          “   ゆっくりとよく噛んで食べる習慣  ”

8020を実現するためには、子供の頃からの

          『 よく噛んで食べる習慣 』

                              が大切です。

ゆっくりとよく噛むことによって、顎や歯ぐきが鍛えられ丈夫になります。

まただ液の分泌がよくなり、口の中の病気も防ぎ消化も助けます。

他にも食事量が少なくても満足感が得られ、生活習慣病の中でも肥満や糖尿病の予防が可能となります。

噛む8大効用としては

①. 肥満を防ぐ

②. 味覚の発達を促す

③. 発音をはっきりとさせる

④. 脳の働きを活発にする

⑤. 歯の病気を防ぎ口臭を少なくする

⑥. がんを防ぐ

⑦. 胃腸の働きを促進する

⑧. 全身の体力向上とストレス解消



子供の早食いは小児肥満の原因となり、大人になってからの生活習慣病につながることにもなります。

子供のころからしっかり噛んでゆっくり食べる週間を身につけましょう。
posted by 院長   歯にいい話(小児歯科)