08.03.04, 19:31

抜歯矯正と非抜歯矯正

矯正治療を始める場合は、患者さまにとって永久歯(普通は前から4番目の小臼歯)を抜くか、抜かないかは大きな問題です。
たとえば、医科に例えると“手術しないで済む方法もありますよ”と言われれば、とりあえずその方法を選びたい、と思うのは当然だと思います。
それと同じで、永久歯を抜く方法(抜歯矯正)と抜かない方法(非抜歯矯正)があると言われれば、誰だって抜かない方法を選ぶのは分かりきったことです。

では、抜く・抜かないかが問題になるのはなぜかというと、最終ゴールをどう設定するかによって違ってくると思います。

もちろん、美容(美しい横顔、歯並び、口元)を優先すると、抜歯が必要になる症例が多いのも事実ですが、なんでもかんでも抜歯でなくてはならない、というものでもありません。

もちろん、その患者さまがゴールで抜かない範囲での歯並びなどの整列のみで、口元の出た感じなどは別にかまわないというのであれば、ある程度の改善は抜かなくても可能だと思います。(しかし、最終的に歯並びが改善されるとやっぱり口元も少し引っ込めた方が良かったなあ。。。という場合も考えられるので、カウンセリングは十分必要です)

次回以降に続きます^^
posted by 院長   歯にいい話(矯正歯科)