17.08.31, 21:14

歯医者さんの麻酔って?

歯科の分かりにくい 『 麻酔 』について書いたものです。 

患者さまが確実に望んでいることが分かる 「 痛くない治療 」ですが、すべての歯科医師が多分それは考えていることと思います。

ただ、患者さまお一人お一人 「 痛みに対する閾値(いきち) 」 が違うので、同じ刺激でも「 めちゃめちゃ痛かった! 」と感じる方もいれば、「 まったく痛くなかった! 」と感じる方もいらっしゃるのです。

なので、「 痛くない治療 」は永遠のテーマですが、日々色々と考え努力しています。

一番は痛くなってからの受診だと、確実に「 治療 」が必要で、「 歯科医院は痛いところ 」というイメージになるので、定期検診での受診をすることで、「 歯科医院は痛くないところ 」になります。

特にお子さんのうちから定期検診の習慣化ができると、歯科医院に対するイメージも変わってくるかも???ですね^^


~~~~~~~~~~~  以前のブログより  ~~~~~~~~~~~


     【 麻酔は、歯の治療を痛くないためにするんだよ ^^ 】

通常大人の方のむし歯治療の場合は、削ったり抜いたりする処置を痛くないようにするために注射の麻酔(局所麻酔)をします。

その場合に当医院では、針をさすところに前もって表面麻酔薬を塗ったり、できるだけ細い針を使用したり、圧が一定にかかるように電動注射器を使ったりして、痛くない注射にするためにいろいろ工夫しています。

実はそ~っと針を刺して、そ~っと注射液の薬を入れると思ったほど痛くありません。

ただ、お子様の場合は注射というと怖いイメージあるために、神経をとったり、歯を抜いたり以外の削る処置の場合は、麻酔なしでする場合が多いです。

また乳歯の抜歯でグラグラしている場合も、表面麻酔のみで抜歯する場合もあります。

さらに、大人の方で下の親知らずの抜歯する場合などは、通常の浸潤麻酔(しんじゅんますい)という歯の根の近くにする麻酔でだけでなく、親知らずの奥の方の歯のない頬の奥あたりにする伝達麻酔(でんたつますい)をする場合もあります。

これは、通常の麻酔が歯や歯ぐきに限局して1~2時間効く麻酔なのに対して、伝達麻酔はその歯の側(右か左か)の唇や舌周囲まで麻酔が3~4時間効くように範囲も少し広いです。

浸潤麻酔でも1本で効かない場合は、場所を変えて歯と歯ぐきの境目の歯根膜腔(しこんまくくう)へ注射する場合があります。

この時は、ものすごい圧をかけても、なかなか注射液が入っていかないため腕がプルプル震える場合もありますが、何も注射するのが苦手で怖くて震えているのではありません(笑)

それだけ力が必要なのです ^^

初診の患者さまへのアンケートで

        「 今までの歯科治療での嫌な経験は?」

との回答では、圧倒的に

            『  痛かった  』

というものが多いです。

自分の解釈では、歯科医師の方が

    「 麻酔しなくても大丈夫なくらい小さいむし歯だろう 」

と判断しての処置なのだと思います。

しかし、患者さまはさまざまです。。。

注射が苦手な方の場合は、削るのは多少我慢できても注射のチクッとする痛みには耐えられない方もいるでしょうし、逆に注射は全然平気だけど削る痛みには耐えられない方もいらっしゃると思います。

なので、当医院では麻酔した方がいいかな?くらいのむし歯の大きさの場合は、患者さまに

「 むし歯は、麻酔するかしないかギリギリの大きさくらいですがどうされますか? 」

と。          その後に

   「 患者さまによっては、麻酔の痛みの方が嫌な方もいらっしゃいますし、削る痛みの方が嫌な方もいらっしゃるので確認しています。。。」

と。          迷っていらっしゃる方には

    「 そのまま削ってみて痛い場合は、麻酔しましょう^^ 」

と。

ちなみに歯ぐきの中の縁下歯石(えんかしせき)除去する場合は、当医院では表面麻酔のみで処置しますが、歯科医院によっては注射の麻酔をするところ、まったく何もしないところなどなど・・・これも医院の方針によって違うと思いますので、分からない場合(もしくは注射してほしい・ほしくないなどの希望ある場合)は、患者さまご自身から希望をお伝えした方が歯科医師も分かりやすいと思います^^

まあ、歯科医院の麻酔は分かりにくいですもんね~ ^^
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

15.09.01, 19:56

噛み合わせの話 ^^

最近は 「 顎関節症 」 などあごの不調に悩む方が増えてきています。

その原因は、歯並びや噛み癖など、口の中にだけあると思いがちですが、最近は

    「 顎関節症は生活習慣病である 」 

という考え方もあります。

「 口を開けるとあごが痛む 」 「 口を開けると音がする 」 「 口が開きにくい 」  

という顎関節症も、原因の1つである噛み合わせの乱れが、全身の健康に影響すること

も一般に知られるようになりました。

ただ、あまり理解されていないのは、

     「 歯並びと噛み合わせは別のもの 」

ということ。

そもそも、噛み合わせが良いとは、どういう歯の状態を指すのでしょうか?

日本人にとって一番大切な歯の役割は、食べ物をよく噛み、すり潰して咀嚼すること。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

15.05.01, 21:15

ウォーミングアップ?

多くのスポーツ選手がガムを噛みながらプレーするのを見たことがあると思います。

昔は行儀が悪いだのと言われたこともあるみたいですが、実は体の動きの出発点は脳から全身への指令。

ガムを噛む咀嚼運動で脳の活動を高め全身の筋肉への情報伝達をスムーズにするため、筋力や瞬発力、動体視力まで高まることが分かってきています。

特に効果的なのは、野球やゴルフなど動いていない時間のあるスポーツ。

次の動きにすばやく対応できるように身体をアイドリング状態に備えられます。

ガムの効果で全身の運動能力が高まることは、プロの選手でも一般の人でもどんな年代でも共通です。

普段の生活に積極的にガムを取り入れることをおススメいたします。

もちろんシュガーレスガムです ^^
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

15.04.08, 19:56

2種類のプラーク???

歯石にも 「 歯肉縁上歯石 」 と 「 歯肉縁下歯石 」 があるように、プラークにも 「 歯肉縁上プラーク 」 と 「歯肉縁下プラーク 」 の2種類があります。

歯肉縁上プラークは細菌の塊で、その中には

     レンサ球菌、放線菌、グラム陽性桿菌

が多く見られ、歯肉炎を引き起こします。

一方、歯肉縁下プラークは歯周ポケット内でバイオフィルムを形成していて、この中にはいわゆる歯周病原菌と呼ばれる特別な細菌が増殖していて歯周炎を引き起こします。

これら歯肉縁下ぷらーきうの中に潜んでいる細菌がもっとも危険なので、徹底的に排除する必要があるのです。

それでブラッシング(歯みがき)により、最近の塊であるプラークをコントロール(減らす)ことが重要になってくるわけです ^^
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

15.04.03, 21:29

プラークをそのままだと・・・

まず歯と接している部分の歯ぐきの細胞が、プラークの毒素によって破壊されると、歯と歯ぐきの間にすき間ができます。

これが、いわゆる 「  歯周ポケット  」 ですが、そのすき間は剥がれてできたわけではなく、歯肉上皮細胞どうしが離れてできる亀裂なのです。

なので、亀裂の断面から体内に細菌が侵入しないように、歯肉の細胞がどんどん歯の根元の方へと下がっていきます。

そして、その細胞がまたプラークにより破壊されると、さらに歯肉の細胞が根元の方へと下がっていきます。

このため、プラークを放っておくと歯周ポケットが深くなっていくのです。



※ この記事は 「 月刊 歯科衛生士 」 2015年 1月号 を参考に記載しています ^^
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

15.04.01, 20:25

よく聞く「 プラーク 」って?

むし歯の原因の1つでもありますが、歯ぐきの腫れの原因の1つに 「 プラーク 」 の毒素があります。

プラークとは、歯の表面に見られる付着物のことで、以前から 「 歯垢;しこう 」 「 歯苔;したい 」 とも呼ばれていました。

しかし、その後の研究により

   プラークとは、歯の汚れや垢というよりも細菌がパックされたもの

ということが分かってきました。

つまり、プラークはむし歯や歯周病の原因となる最近の塊なのです。

これは、最近の塊ですがプラーク1mgあたりには何と10億個もの細菌が存在するといわれています。

ということは、ツマヨウジの先に目に見える程度のプラークをとると、そこにはおそらく数百億個の細菌がくっついていることになります。

プラークの話をする時によくでてくる言葉に 

                 「 バイオフィルム 」

があります。

これはヌルヌルした気質(菌体外多糖と粘液層)と水のあるところに形成されます。

身近な例としては、台所の排水口に見られる 「 ヌメリ 」があげられます。

この 「 バイオフィルム 」 は口の中でも形成されます。

プラークとも似ていますが、ちょっと違うのは

   “ バイオフィルムは最近どうしが情報を伝達し合いながら生きている ”

という点です。

プラークとバイオフィルムには、ちょっとした定義の違いはありますが

     「 デンタルプラークは口腔内に形成されるバイオフィルム 」

ともいわれています。

なので、広い意味では、プラークもバイオフィルムも同じもの、といえます ^^



※ この記事は 「 月刊 歯科衛生士 」 2015年 1月号 を参考に記載しています ^^
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.12.26, 22:16

ナイトガード使用時の注意点

患者さまが言っているマウスピースというものの中にも、実はいろいろなものがあります。

今回は、その中の 『 ナイトガード 』 について書きます。

このナイトガードだけでも目的には個人差があり、

・ 歯のすり減り防止

・ 前歯の差し歯治療後の保護

・ 顎の関節の疼痛緩和

・ 顎の筋肉の緊張緩和

・ 開口障害の治療

などがあります。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.12.04, 22:12

レーザー治療って?

レーザー治療とは、強いエネルギーを持った特殊な光を患部に照射して行う治療です。

組織の吸収された光が熱エネルギーに変化し、分子構造を破壊して患部に作用して治療効果をもたらします。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.11.01, 21:04

口腔領域の喫煙の影響!

喫煙と歯周病との関連はよく取り上げられるので、今回はそれ以外との関係について記載します。

1.口腔がん

2.インプラント義歯治療

3.歯肉メラニン色素沈着症

4.口臭

5.歯の喪失

などなど。。。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.10.31, 07:30

唾液が減ると・・・

お口がパサつくような感じがすると。。。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.10.03, 22:24

歯周病とタバコ

喫煙と歯科領域(歯や口の健康)との関わりってあまりピンとこないかもしれませんが、タバコを吸うのは口ですよね?

なので、喫煙の影響というのは歯周病だけにとどまらず、口腔がん、口臭、う蝕 ( むし歯 ) などでも大きな危険因子であることが近年積極的に報告されています。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.09.05, 23:49

噛むことの大切さ

咀嚼トレーニングで期待できる歯列成長促進と咬合適応力の向上!
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.08.31, 19:53

『 酸蝕歯 』 って?

           飲食物で歯が溶ける???
 
歯は酸に弱く、酸性度の強い飲食物に長く触れるほど溶けてしまうってご存知ですか?

歯はむし歯にならなくても、酸に触れる頻度が高まると化学反応を起こして分解され溶けてしまうのです。

少し前まで日本では、酸蝕歯っていうと工場の酸性ガスのなかで働く方の職業性、または歯が胃酸に触れる逆流性食道炎など、限られた人に起きる病気だと考えられてきました。

一方欧米では、かなり前から飲食物による酸蝕歯の問題が広く認知され、コーラなどの酸性度の強い飲料への警笛が鳴らされていました。

というのも、欧米では朝食にオレンジジュースを飲み、サラダにドレッシング、グレープフルーツなどもよく食べる習慣があります。肉や魚にはレモンを添え、コーラ・ワイン・カクテルなどを飲むといった具合に、もともと酸性度の強い飲食物を日常的に摂るからだったからだと思われます。

その一方、和食で酸性度の強い日常食といえば酢の物くらいで、歯が強い酸にふれる機会が比較的少なかったといえます。

ただ、現在では少し様相が変わってきて、欧米型の食生活が世代を超えて定着し、また酸性度の強い炭酸飲料やスポーツドリンクがいつでも手に入るようになりました。

酸性度の強い飲食物の消費にさらに拍車をかけているのが健康志向を背景とする習慣。。。

ビタミンC入りのドリンク剤や黒酢を飲む方もいます。またトクホだからと言って安心して酸性度の強い炭酸飲料を継続的に飲む方もいますが、継続的な摂取の習慣こそ酸蝕歯の最大のリスクなのです。

食の欧米化、そして清涼飲料水の普及に加え、ポン酢・梅干し・黒酢などを積極的に摂る健康法が浸透してきている日本でも、そろそろ本格的に酸蝕歯に注目し、警笛を鳴らすべき時がきているのでは?

いくらおいしく体によくても、歯がボロボロになってしまっては、食べる楽しみも健康の喜びも十分には味わえません!

食習慣の変化とともに、私たちの歯を取り囲む環境は変化していますので、生活習慣病の1つとして 

              『  酸蝕歯  』

にも注意していきましょう ^^

《 今日の記事は nico 2014年 7月号 を参考に記載しています 》
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.08.01, 21:46

よく噛むことで。。。

たった1本の歯が痛いだけで、

          「 食事ができない 」   「 食欲がわかない 」

といった経験をしたことがある人は少なくないと思います。

特に中高年になると、歯周病で歯が動くようになったり、歯を失うリスクが高くなったりします。

このような年代では、健康に気を付けながら食べたいものを食べるというよりも、歯の状態に合わせて食べやすい食品を選択してしまいがちで、それが習慣化してしまいます。

たとえば、歯を失うと野菜の摂取が減り、逆に炭水化物の摂取が増えることが示されています。

よく噛めない人と何でも噛める人では、ミネラルやたんぱく質などの摂取にも差異がみられます。

また、歯や口の健康が食生活にもたらす影響は、栄養素ばかりではなく、よく噛むという食べ方が摂取エネルギーにも影響するのです。

よく噛むということが満腹感の形成を促すことは古くから知られています。

食べ過ぎの原因の1つは

                  『  早食い  』

です。満腹を感じる前にたくさんのエネルギーを摂ってしまうのは、満腹情報として食行動調節に主要な役割を果たしている消化管の機械的刺激や吸収後の代謝産物などの情報が 「 早食い 」 で機能しなくなるからです。

この習慣化した 「 早食い 」 を是正するためには、食べ過ぎていることを本人が自覚することと、一口20~30回噛むことが大切であり毎食後にできたかどうかを体重測定とともに記録する方法が効果的とされています。

そして、

             「 一口量を少なく 」

             「 次々口の中に食べ物を入れない 」

             「 一口ごとに箸をおく 」

といった具体的な目標を本人が決めておき、それができたかどうかを記録することが有効です。

(  まさに早食いで太ってしまった自分には耳の痛い話しですが。。。 今ダイエット中なので早速実践してみたいです ^^   )

歯科治療を受けることによって口腔内の状態は改善します。

歯周病と同じく生活習慣病である糖尿病治療では、食事指導を受ける前に歯の健康状態をチェックし、何らかの症状ある場合には歯科治療を受けることが必要ですが、それだけで満足するのではなく、健康的な食べ方を身に付けることが重要です。

  ❝  歯の状態や食べ方が肥満の原因となり、この肥満こそが健康を損なう  ❞

のです。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.07.16, 23:54

咀嚼トレーニング

噛むことによってできること。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.06.26, 23:55

レントゲン撮影

何のため?
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.06.09, 22:25

糖尿病の患者さまへ ②

糖尿病のことをなんで歯医者さんが???

って思うかもしれませんが、このブログでも何回も記載してあるように歯科治療にとって全身疾患である糖尿病が不利な条件になってしまうということは、意外に知られていないのかもしれません。

普段私たちはお口のことは歯科で、体のことは医科で、つい分けて考えがちです。

なので、歯科治療に全身疾患の糖尿病が影響を与えると聞いても、ピンとこないかもしれません。

でも、実際には大いに関係あるのです。

傷が治りにくかったり、炎症を起こしやすい糖尿病の患者さまの場合、例えば歯を抜いたり、歯ぐきを切って治療したりする場合に治療の傷が治りにくく感染を起こしやすいため、健康な方の治療に比べて特別の配慮が必要になるのです。

また、血糖値をコントロールする治療を受けていなかったり、コントロールがうまくいっていない患者さまの場合、健康な方にとっては
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.06.02, 22:09

糖尿病の患者さまへ

糖尿病というのはやっかいな病気で、まったく痛くもかゆくもなく自覚症状ないのですが、一度慢性化すると、それからの人生ずっと付き合っていかざるを得ないのです。

自覚症状がないまま健康診断で引っかかって、糖尿病予備軍だとか、糖尿病にすでになっていることが判明しショックを受けた、という方が大半だと思います。

糖尿病になると、すり傷・切り傷が治りにくかったり、傷が化膿しやすくなったりします。

そのほか、

・ やけにのどが渇いて水分ばかり摂る

・ トイレに行くと尿がなんだか甘ったるいようなにおいがする

・ 体がなんとなく重くてしんどい

・ 近頃お腹がすいてよく食べるのにむしろ痩せてきた

などの兆候があります。 ^^

思い当たる方はなるべく早期の検査をおすすめいたします。
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.05.20, 21:16

歯を失うリスクと予防

歯周病は歯を支える歯根膜(しこんまく)と歯槽骨(しそうこつ)が破壊されていく疾患です。

ただ、重症化するまで症状は少なく放置されやすい傾向にありますが、実は成人の約8割の方がかかっているといわれています。

この歯周病は、糖尿病患者さんでは重症化しやすいことが分かってきています。

主な原因は、生体の感染防御能としてのマクロファージ機能や好中球の細菌貪食能が高血糖や虚血によって低下し、歯周病菌の増殖を制御できないことにあると考えられています。

重症化するということは、「 歯がぐらつき 」 最終的には 「 歯が抜ける 」 ことになります。

歯を失うと、食事が不自由になるだけではなく、表情や発音にも影響が及びます。

もちろん、歯を失う2大原因は “ むし歯 ” と “ 歯周病 ” が進行し重症化することなので、予防にはこれらの口腔疾患の予防が不可欠なのです。

歯科医院で定期的な検診、予防処置、保健指導などを受けている人の歯の喪失本数は、定期的に受信していない人より圧倒的に少ないことが分かっています。

歯周病も糖尿病も、初期の段階では自覚症状がすくないため要注意です。

お互いの疾患がリスクを上げるため、医科歯科連携が大切になります。

定期的な歯科受診は、歯を失うリスクという点からいうと、とても大事なことが分かると思います ^^
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)    

14.05.01, 23:26

根の治療はいつまで続く?

患者さまが歯科治療で疑問に思うことの1つに、まずこれがあると思います。

          『 根の治療が長くかかるな~??? 』

治療する歯が、今まで根の治療をしたことがなく根管内が感染していない場合は、炎症が落ち着くまでの回数も通常4~5回程度が多いです。

ただ、化膿して歯ぐきが腫れたりして感染してからの処置の場合は、毎回根管内をきれいにし、膿が早くなくなるような薬を入れますが、正直何回で終了とははっきり言えません!

以前薬をつめてある根管では、その堅く固まった薬をまず取り除かなければならないために、どうしても時間がかかるのです。

そのあとで、薬をしっかりすき間なくつめるために根管を拡大するのですが、複雑に曲がっていたりすると機械ですべて拡大することができず、手用器具で少しずつ拡大するために時間がかかるのです。

また前歯は根管数はだいたい1つですが、奥歯になると2つ~4つの根管数あるため、その根管数だけ2~4倍時間もかかるのです。

さらに、その方の状態でも回数変わりますが、同じ方でも極端に言えば、1本1本の歯の状態によっても回数は大きく変わりますので。。。

これが歯科医院への大きな不満の1つになっていることは分かっているのですが、これだけは何ともできないというかご理解いただきたいのです。

また治療が長期間になって痛みもないため、中断される場合もあると思いますが、次に痛みが出ると、また最初から治療費や治療期間が必要になるため無駄になります。

また最悪の場合は、抜歯になる可能性もあるので、せめて根の治療中だけは中断しないようにお願いいたします。 ^^
posted by 院長   歯にいい話(一般歯科)