ボランティア活動

2017年春に、宮崎地方局の土曜日夕方にミャンマーでのボランティア活動を3年間継続している歯科医師としてコーナーで紹介していただいた。

すると放送中、直後から色々な方が見て下さっていたみたいで嬉しかった^^

TVを見て下さった方々は、一様に「すごい!」「TVに出ていましたね!」などとの反応だったが、自分はあまり前に出る方ではないので?(笑)、TVに出ることが目的ではない。

広告費はHPのみで他の媒体での広告は一切お断りしている。

開業当初は看板も出していなかったほどだが、お近くの年配の方から「ここは何をしているところから分からない」とご指摘あったため、歯科医院名はできるだけ小さくても歯科と分かる看板だけ設置したほど(笑)

それだけに今回お話しいただいた時に快諾させていただいたのは、ミャンマーでのボランティア活動を取り上げていただくということだったから!

綺麗ごとに聞こえるかもしれないが、メディアにでるのも自分自身がボランティアをしていることをアピールする場ではなく、こういう環境が世界の中にはあることを気付いてほしかったから。。。

今、普通に歯磨きができる環境や歯医者さんに行ける環境が当たり前になっている日本。

ミャンマーでも地域差は大きいが、自分たちがボランティアに行く地域はほぼライフラインも十分ではない場所が多い。

それは1年間の患者さまの口腔内から撤去した金属を日本財団に寄付して、まだ教育するのに校舎が足りない学校などに日本財団が校舎を建設し、そこの学校の生徒たちを訪問するので、生活水準があまり高くない地域に必然的に行くことになる。

自分が寄付したものが、どこでどういう風に使われているかを知ることができるという点で、自分は日本財団の活動に賛同している。

校舎建設も100%出資するだけではなく、村などにも一部資金を調達していただき、その診査の結果を村長さんが本当に命がけで待っているということも今回伝え聞いた。

ただ出資するだけは簡単なこと!

校舎の建設が、そこまでの村を上げての大きなことだからこそ、自分たちの検診訪問時は村全体でのあれだけの大歓迎になるのだろう。。。

ミャンマーでの大歓迎は、自分が職業として選択した『 歯科医師 』冥利に尽きる!

今年は検診のリーダーとして参加させていただいたが、訪問した学校の生徒の言葉で一番嬉しかったのは、


『 こんな遠くまで日本の方、しかも歯科医師の先生たちが来てくれてとても嬉しいです。今、この瞬間もうれしくて泣いてしまいそうです。。。この嬉しいことを体験した自分が、今度大きくなったら他の国々に行って役に立てるようになりたいです! 』

ということを聞いた時。

聞きながら自然と涙があふれてきた。。。

日本で一般の歯科医師として、歯科医院の中で診療しているだけでは味わえない、本当に「求められている」ことを実感できる最高の瞬間を味わった者だからこそ、このボランティアに関わるリピーターが多いのだろう。

男性歯科医師の中では、自分が48歳で最年少という(笑)

歯磨きしたくてもライフラインがない環境では水道水も電気もない。夜になると暗いので、必然的に歯磨きしにくい環境なので習慣化も難しい。

また歯が痛くなっても歯医者の先生に診てもらったことがない方がほとんどで、痛くなった時には、歯に薬をつめて神経が死ぬのを待つだけ。。。そういう環境を目の当たりにすると、今の日本の状況がいかに恵まれているのか?

歯科医院での例を挙げると、

歯医者さんに行って予約時間を待たされるだけでイライラすることもあるだろうが、その歯医者さんは待たせている間、ゆっくり休憩して待たせている人などいないだろう。精一杯他の患者さんの治療にあたっているのではないだろうか?

予約外で行って診てもらえないこともあるかもしれない。でも、その間は予約を守って下さっている患者さまを優先的に治療するのは仕方ないのでは?

痛みが強いのになんですぐ診てくれないのか?という場合も、予約の患者さまがいらっしゃるので待つかもしれないが診ます、というところがほとんどではないだろうか?   etc.

人はどうしても恵まれている環境に置かれている時には、利己的になり自分中心で考えてしまい、何でも当たり前になっていて在り難さを忘れてしまっている。。。

もう一度気付いてほしい。

   当たり前のことなどなく、すべてのことに 「 在り難う 」という感謝する気持ちを。。。

最近特に 「 自分自身が変わろう 」 という意識を強く持っている。

その根底にあるのは、 

               『 相手は精一杯全力をだしている 』

という前提で物事を考えること。そうすると、相手のしていることに対して一呼吸置くことができる。

やはり、すべては自分自身の捉え方次第で、考え方や言動・行動も変わってくる。自分自身がまだまだなので、まずは自分から変わる行動をしていく!

みんなが利他的に 『 For you! 』 の精神で、お互いを思いやって考えていくことになると世の中も世知辛くなく、いい人間関係になっていくのではないかなぁ~と考える、少し歯科医師のボヤキも入ったつぶやき^^

自分のボランティアに対する考え方などを記載した過去ブログなども参考にしていただけると幸いです^^

TOOTH FAIRY


TOOTH FAIRY

  TOOTH  FAIRY   ( トゥース フェアリー )  という言葉聞いたことあります?

(  西洋では、乳歯が抜けたときに、抜けた乳歯を枕元に置いて眠ると夜中に歯の妖精  TOOTH FAIRY  がこっそりその歯をもらいに来て、お礼にコインやプレゼントと交換してくれると言い伝えられています。

子どもたちはこのプレゼントをとても楽しみに眠るという、サンタクロースのような存在です。

この儀式は、生えかわる永久歯が丈夫でありますようにという願いがこめられており、歯の大切さが昔から認識されていたことがわかりますね。  )

これは          "  歯の妖精  " という意味で、自分(歯科医師)ができる社会貢献の1つなのです。

簡単に言うと、役目を終えた
    『 撤去冠 』 (いわゆる患者さまの口腔内にあった外して不要になった銀歯など)
を寄付して、たくさんの子供たちを救うというものです。

この金属の中に含まれる金、銀、パラジウム、プラチナなどをリサイクルした資金で、
「 貧困や重い病気と闘う子供たちを支援するプロジェクト 」 です。

この活動によって集められた寄付金の使い道は、現在ミャンマーと日本の子供たちのために大きく3つのプロジェクトを行っています。

  1. 「 ミャンマー学校建設 」 プロジェクト
    ・・・勉強がしたいと願うミャンマーの子供たちに学校を建設
    ⇒ 現在までに10校建設
  2. 「 海の見える森 」 プロジェクト
    ・・・難病や重い病気と闘う子供たちとその家族を受け入れ、レスパイト(休息)を提供するための施設(小児ホスピス)を設立
    ⇒ 2013年夏オープン予定で現在改築準備中
  3. 「 チャイルド・ケモ・ハウス 」 プロジェクト
    ・・・小児ガン専用の化学療法ハウスの建設
    ⇒ 2013年春オープン予定で現在建設中

で2009年6月のプロジェクトスタートから4億円を超える支援があるそうです。

自分もこの考えに賛同し参加歯科医院として登録させていただいています。

詳しくは http://tooth-fairy.jp も参考にされてみてください!^^

院長の活動報告はこちら