熊本地震から1年。。。

     今朝は A.M.6:00~ 都城倫理法人会 のモーニングセミナー に参加!

今日は 「 熊本地震に遭遇して 」 というテーマで、郊外型の (株)山椒茶屋 の代表取締役 でもある 山下康徳さん の講話。

熊本~大分にある国道57号線沿いに大津店として5店舗目を出店していたが、昨年の熊本地震で被災されてほぼ全壊し、今まで15000台/日の交通量あったのがほぼOになり、通常ならばすぐ撤退を考えるところ。。。

それが、まずは 「 被災した社員の立場 」 を第一に考えて、被災後も見舞金だけでなく、給与を今まで通り支払うことを約束してまず安心させたこと。

そして撤退ではなく、2~3ヶ月後の7月1日をめどに再開することを決めて、復旧のために修復に働いてもらって仕事を与えたこと。

復旧に多大な費用がかかるにも関わらず。。。

そうするうちに工事現場の方々がお弁当を求めていたので、販売することに業態も少し変化させて、7~9月は結果的に売上は前年比ほぼ同じで、10月には45%アップしていたということ!

ここで、私利私欲で考えればすぐに撤退して国道の通行止め解除してから営業再開することを考える、という打算的な考え方になる。

そこを被災して苦しい社員のことを第一に考えたからこそ、結果がついてきたということ。

倫理の学びは数字(売上主義)ではない!

数字の裏は 心 の経営で、まわりまわってよくなるという考え方が大事!

うまくいっている時は 学び など必要ないが、うまくいかなくなりいざという時に、どういう判断ができるか?ということが経営には最も大事ということをきいて、本当にその通りだと考えた。

まさに自分の考える [ 理念経営 」 と 「 利他のこころ 」 をこれからも持ち続けようと再度決意した清々しい朝!