目標達成する技術

昨日の夜は、いつもの 

        「  ナポレオンヒル読書会  」

の場所での  

        「  アファメーション講座  」

を診療後に受講!

昨日は、平日の21:00~過ぎにも関わらず、30人近く集まり、懇親会まで楽しんだ。。。

この2つは、ここ都城で開催されるので、継続して学んで実践していく!

以下は ~~  自己イメージ編  ~~のまとめになるが、ここを見るだけではなく、実際会に参加してみるとイイかもですね^^

1.自分自身の可能性を狭めてしまっているのは自分自身の考えだ!

・・・今までの過去の自分からできるかどうかを判断しているので、パラダイムシフトが必要!

・・・いかに良いイメージを「自己イメージ」にすることかが大切!

・・・つねに「エフィカシー(自己肯定感)」を高くもつ!

2.人は自分が信じた信念に従った情報しか取り入れない!

・・・ネガティブな意見ではなく、前向きで建設的な意見を取り入れることが重要!

3.大きく3つに分けられた人間の脳の機能を理解する!

・・・「意識的な思考」・「潜在意識(無意識)」・「創造的潜在意識(無意識)」の3つ!

● 意識的な思考 ⇒ 「認知」「照合」「評価」「判断」があり、過去の記憶の中のリアリティの評価が変われば、判断自体を変えることができる!

● 潜在意識(無意識) ⇒ 自分が考えること、言うこと、察すること、感じること、自分について想像すること、さらに経験することへの感情的反応と態度のすべてを記録する。

● 創造的潜在意識(無意識) ⇒ ある判断に基づいて行動するとき、脳の中に「真実」として記憶しているものと一致した行動を無意識のうちに取ろうとする。

※ 目標達成しようとする時には、過去の記憶の蓄積と照合して判断するので、判断する前に照合する記憶を「 目標達成に適したもの 」に変えてしまえばよい!

4.「潜在意識」「創造的潜在意識」の働きを理解する!

・・・「潜在意識」はとても賢いが、「リアリティー」によってプログラムされた通りに働いてしまう。

・・・「創造的潜在意識」は起こったことに対して「良い」「悪い」の評価はせず、自分らしいと信じているもの、自分自身のリアリティと合致しているか否かを認識し、オートマティックに訂正しようとする!なので、自分らしいと信じているリアリティをより良いもの、より高いものにすればいいということになる。

5.「情動記憶」の働きを理解する!

・・・「情動記憶(感情とセットになっている記憶)」はとても強く、「創造的潜在意識」が何らかの判断をする際に照合しやすい記憶で、無意識のうちに楽しかったり、うれしかったり、誇らしかったりするものを選ぶ。

・・・すでに身につけてしまっている好まない判断基準を修正することは「アファメーション」によって修正が可能となる。

・・・「アファメーション」とは、未来のゴールを文章にしたもので、これを事あるごとに口にしたり、イメージを頭の中で可視化したりすることによって、過去の情動記憶を書き換えようというもの。

6.信念の作られ方を理解し、信念の修正の仕方をマスターする!

・・・信念は後から身につくものなので、有益な信念を作り上げることが可能となる。

・・・信念は思考によってつくられるが、その思考は「言葉」「映像」「感情」の3つの軸によって作られる。

・・・この3つの軸に影響を与える(=信念に影響を与える)概念に「セルフトーク(自己対話)」がある。

※ マイナスのセルフトークはできるだけしない方がよいが、失敗した時には「一度だけ」しっかりと受け止め、その上で「自分らしくない」と否定しさえすればよい!

7.自尊心を持つ!

・・・ほめられたりした時などに、あまり卑下してしまうと自尊心も低くなるので、「ありがとう!」の言葉で受け止める!

・・・インサイドアウト=主体的自分で自分自身から変わる!

8.コンフォートゾーンを広げる!

・・・「コンフォートゾーン」とは「慣れ親しんだ場所」のことで、ここににいると安心して快適な気持ちになるということ。

※ このコンフォートゾーンから外れて緊張状態になると、実力があっても結果を出せなくなるので、結果を出すべき本番前になじみのないものを慣れ親しんだものに変えておけばよい。
またそうした実際に慣れ親しんでしまうという方法の他に想像力を駆使するいう方法があるが、日々イメージトレーニングが必要!

9.未来は考え方しだい!

・・・未来を頭の中で映像化すると、現実化する確率が上がる。これは、潜在意識がその映像と認知とを照合して現実として捉え、そこへ向かうような判断を下すことになるから。

・・・思考の軸は「言葉」「映像」「感情」の3つだったが、この中でも「映像」の力が最も強いので、望む未来や起こるべき未来を頭の中で映像化する習慣をすることは、目標達成や夢実現のためには重要!

※ 「すべてのものは2度つくられる」 ⇒ 「知的創造」と「物的創造」があり、まずは頭でイメージしないことには実現しない!ということ。

※ 「アファメーション」が有効だが、自分の望みが叶った状態から逆算した時に、現在当然実現しているべき状態をイメージして映像化する!

10.アファメーションを書いてみる!

・・・自分が信じ込めるものであれば、何でもOK!

● 個人的・・・「私は」「自分は」という主語を使う

● 現在進行形・・・もうすでに達成しているイメージで、未来の出来事を現在進行形で書く。

※ 「自分は~~の努力をした、だから~~できる」という表現にすると矛盾がない!

● 達成を示す・・・すでに達成されている様子を書く

● 比較をしない

◎ 動作を表す言葉や感情を表す言葉を使ったり数値化したりすると、より良いアファメーションとなる。

11.ビジュアライゼーションを活用する!

・・・自分が目標達成している場面を客観的に見るのではなく、その場面の中にいて実際に何かをしているのを感じる必要がある。

※ R(現実)=I(イメージ・思考)xV(ワクワク・ドキドキ感)

12.すべては自由意志で行う!

・・・「 have to 」(~しなければならない)を意識的に「 want to 」(楽しんで~したい)と考えることで、パフォーマンスがグッと上がる!