理念経営

1週間前の福岡でのセミナーまとめ!

( ※1時間半遅刻だったので、1時間程度の内容まとめ!)
_ 。 _ 。 _ 。 _ 。 _ 。 _ 。 _ 。 

 
理念経営とは?・・・

理念を中心に据えて利益を目指す経営であり、理念と利益、すなわち、

       『 理と利の統合 』(道と経済の融合)

を目指す経営である。

・ 目標に焦点をあてた経営は、商品偽装や耐震問題など「 売れさえすればよい 」というふうに考えて、誤った経営につながっていく・・・X

・ 目的を軸に据えた経営は、理念を中心に据えて利益を目指す経営であり、『 理と利の統合 』を目指す経営である・・・〇

アチーブメントピラミッド( 戦略的目標達成および理念経営実現に向けたフレームワーク )でいうと、

(1).経営理念や

(2).経営ビジョンという目的を遂げるために

(3).戦略的な目標設定をして、

④.それを計画化し

⑤.日々実践していく

ことが重要。

『 一貫性 』 をもってやっていくことにより 『 適正利潤 』 が生まれ、 『 長期繁栄 』 していく。

・ 目先の利益で意思決定しないこと!

ex). 例えば、売り上げ編重よりも顧客数の伸びをみて、結果重視ではなくどれだけ社会貢献しているか?というプロセスが大切である。

・ 理念 を考える時に、創業者の思いを 対社員・対顧客・対社会など に対してそれぞれ考えて 「 企業 」 と 「 社員 」 がともに成功(勝つ)する経営のことであり、社員が自己表現できる仕組みつくりが必要である。

・ セルフカウンセリングでの

「 私は何を求めているのか? 」

「 私にとって一番大切なものは何か? 」

「 私が本当に求めているものは何か? 」

で、主語を 「 社員・顧客・取引先・社会 」 などに変えて考えてみる。

ドラッカーの 「 あなたは何によって覚えられたいのか? 」

という問いを50歳になって明確に答えられないようではダメ!

※ 理念経営に必要な 3つ のこと 

1.人的資源の獲得

⇒ 「新卒は使えない!」は間違った思い込みで、何も知らないのは当たり前で、新卒に対するマネージメントが間違っているだけである。

それよりも、逆に中途採用でよい人を見つける方が難しい・・・

2.人的資源の動機付け

⇒ 会社に対する帰属意識をもってもらうために、「 働かされている 」ではなく、「 働きたい 」という仕組みを作る

3.人的資源の育成

⇒ これには「 教育 」と「 仕組み 」の両輪が必要!

◎ よって採用の段階で、 価値観 と 能力 が一致する人財を採用できる仕組みつくりが大切!

・・・最初は能力がある人のみを求めて採用しがちだが、どちらかというと価値観が合う人の方がよい(ただし価値観のみ合う人というのもよくない!)

◎ また事業継承する時には、

・誰が一番 人間力(優しさ、思いやり)があるか?

・誰が一番 責任能力 (すべてにおいて自分で責任をとれる) が高いか?

も考える。

経営者の根底となる 理念(会社組織の存在理由・経営方針) や ビジョン といった 目的 を軸とした戦略的な 目標設定 をしてそれを 計画化 し、日々の実践 を行い、さらに改善しながら実践していくことを心掛ける!