ボランティアにかける想い

自分がFBに記載した内容を 日本財団 Tooth Fairy の小村さんがまとめて下さったみたいです・・・

本当に ボランティア をしたい! と言うだけだったころに、

   『 じゃあ、具体的にはどういうことをしたいのか? 』

という質問があり、そのころはそこから先は、言葉がつまって何も言えなかったのを覚えています。

その時の 道幸武久さん のアドバイスで実際の未来像を具体的に書き出してみると、本当にいろいろなことが前に進みだしました。

・マイホームを建てたい → 昨年末実現

・歯科医師として海外研修に行きたい → 昨年のペンシルバニア大学

                    今年のハーバード大学 

・社会貢献したい → 歯科撤去冠の寄付

           歯科医師のためのミャンマーボランティアツアー

           小児糖尿病患者さんのキャンプでの保健指導

※ いずれも Tooth Fairy さん主催の 歯科医師 にしかできないボランティア活動で、最後のキャンプは中止になったり、打ち合わせの段階での断念などありましたが・・・(笑)

と大きな目標はすべて達成できました^^

もちろん、口で言うだけではなかなか実現しません!

目標を立てたら、まず期限を決める。

次は、その目標を期限内に達成するためには何が必要か?を小さなことまで落とし込んで考える。

さらに、そのためにはどういう行動をとらなければならないか?を考える

最終的に行動にうつす!

ここまでして、目標への強い想いを継続して持ち、その指針に沿った行動をとれば、必ず 「 いつかは 」 目標は達成できます。

最初に立てた目標の期限までに達成できなかったとしても、何もしていない時よりは必ず成長しているので、その 『 経験 』 が次の機会に役立ちます。

人には欲求として 「 貢献したい! 」 というものもあるようです。

もちろん、それまでには仕事や家庭がしっかり機能していないといけませんが・・・

その欲求を満たすには、自分自身が持っているキャリアなどを生かすことから始めるといいのかもしれません。

自分は 歯科医師 だったので、ここがスタートになりましたが、これからは広い視野を持って自分自身の出来る範囲で、社会貢献を何らかの形で継続していきます!!!^^

それにしても、写真に写っている方は 「 プロレスラー? 」 というツッコミが、今にも聞こえてきそうな体型でスイマセン(笑)











~   ここからはFB/Tooth Fairyさんの投稿のシェアです  ~




【 メッセージ TOOTH FAIRYの現場から 】

TOOTH FAIRY参加歯科医院、患者様、子どもたち、子どもたちの家族、医療・福祉関係者、他支援者の声をご紹介します。
今回は、ミャンマーボランティアツアーに2度ご参加いただいた、宮崎県の葉清貴先生のメッセージです。
ボランティア参加に迷われている方、必見です!

====================

社会貢献したい!そう考える方は多いと思いますが実際細かく落とし込んでいかないと時間だけが過ぎてしまいます・・・。

ミャンマーへのボランティアの場合、期間、自分の場合は医院を休診する覚悟も必要です。
自分も以前は、時間ができるようになったら・・・代診の先生が見つかったら・・・などと考えていました。
でも、そういう時には具体的に実現できるレベルまでまとまっていないので、なかなか実現しません!
期間、場所、方法など具体的に考えていけば、自然とそういう情報はたくさん入ってきます。

ちなみに、当医院では患者さまから外した金属を、TOOTH FAIRYにすべて寄付して、寄付により建設した学校で歯科健診のボランティアに行ってきました。

自分のボランティアの行動指針は、まず寄付したりボランティアしたりすることによって、誰にどういう使われ方をして貢献できるのか?
またそれを実際確認できるのか?ということを基準にしています。
これからも自分の出来る範囲で国際的だけではなく、いろいろなことで社会貢献していきます。

これからもさまざまなボランティア活動を継続していきます!!!

葉清貴先生(ハートデンタルクリニック/宮崎県)