椿の花

今朝、医院に着いて待合室に入ると椿の花が一輪落ちていた。

花の中でも、枯れてシワシワに萎れても枝にずっとついているのもあるが、椿は完全に咲ききった状態で散る・・・

風情があるといえば、それまでだが究極のはかなさ!

でも一番勢いがある状態で散るという潔さも持ち合わせていることを知った・・・

散った一輪でも、なんとか活かすには???

そう、水の中に少しつけておくと診療後でも、まだ鮮やかさはある。

適材適所で人は輝けるし、引き際は人それぞれ・・・

他人がとやかくいう問題でもないのだろう。

いずれにしても後悔のないように、精一杯人生を楽しみたい。

それには自分を信じて前へ前へ道を切り開くのみ! ^^