~ 自分で考える ~

診療後は、衛生士学校の 講義。

まだ夏休みだけど、この前の台風で休講になった分で90分講義の8回中の6回目。。。。

この衛生士学校の講師も学校が新設されてからなので7年目。

自分は2年生に 『 X線写真読影法 』 という授業( いわゆるレントゲン写真の読み取り方 )をしているのですが、学生の年齢が娘の年齢に毎年毎年近くなってきている! ^^

今日は最後の方では、

  「 就職するときの考え方 」

  「 先生方に質問するときの聞き方 」

などを熱く語っていました。

授業中では、まだ資格も持っていない学生なので厳しく接するなどもなく、授業の内容もより実践で役立つこと、を中心に話しています。

(実際当医院で働くことになった場合は少し厳しいことも言いますが。。。^^)

今日の 『 質問の仕方 』 では自分だけに適用されるのかもしれませんが、100%回答をゆだねる質問、

( たとえば、

「こういう方から予約のTELなんですけどどこに予約入れればいいでしょうか?」

などという聞き方。。。 )

はなかなかよろしくない!

自分の考えでは、

「 ~の症状でのご予約ご希望の方からのTELなんですけど、~時だと他の方の治療内容から考えると大丈夫だと思うのですけど、どうでしょうか? 」

という自分の考え方も述べた上での意見を伺う、という考え方を持ってほしい。

また何事も『 逆算の考え方 』ができると計画性のある行動が自ずと決まり、トラブルなどがあった場合でも、その時から新たな逆算の考え方をすれば、すぐに修正をかけることができる、というもの。

これには、なかなか共感できない方もいらっしゃるとは思います。

さらに、自分の行動指針では昔からあって当たり前の考えだとは思うのですが、

「相手の立場に立って物事を考えて、自分が発する言葉には責任を持って言う!」

ということ。

(この場合の相手とは、患者様だったり、スタッフ間などさまざまですが。。。)

最近はその場しのぎで適当に言う方も多く見受けられ、こちらの質問の仕方によっては180度考えを変える方も!

最近の毎朝の朝礼では、自分(院長)の行動の基本となる考え方を共有するようにしています。

月2回のミーティングではスタッフ主導で1時間のうち自分が参加するのは締めの15分程度ですが、これからもさらなる進化を続けます ^^