こんな症状の時は???

突然ですが、こんな症状ありませんか???

①. 口をあけようとすると耳の近くが痛い!

②. 顎を動かす時に音がなる!

③. あまり大きく口があかない

④. その他頭痛などのさまざまな症状


もし心当たりがあるなら     『  顎関節症  』     の可能性があります。

この 『 顎関節症 』 とは、通常お口の開閉、咀嚼(そしゃく)、発音時に

顎関節(上あごと下あごのつなぎを構成している軟組織・あごの骨・筋肉をふくむ総称)

に痛みや音が鳴るなどの不快症状を伴う状態で、何らかの原因が生じて異常をきたすのですが、その原因としてはいくつかありそれらが積み重なってある限界を超えたときに発症する・・・と考えられています。

ただし、なりやすい人やなりにくい人がいて

     くいしばりや歯ぎしり、偏咀嚼(いわゆる片咬み)

などの生活習慣の中の要因の積み重ねが

        その人の限界を超えた時

に発症するのです。

他の原因となる生活習慣としては

   ・ ストレス 

(筋肉を緊張させてくいしばりを起こしたり、夜間の歯ぎしりを促したりする)
   
   ・ 悪い噛みあわせ 

(咀嚼筋やブラキシズムの原因として関連している)

   ・ 顎や筋肉に負担をかける癖や習慣 

(うつぶせ寝、頬杖をつく癖、顎の下に電話を挟む、猫背の姿勢など・・・)

などが挙げられます。

では、どこに気を付ければよいのか?という点は具体的に書くと

   ・ 固い物やガムを噛む事が多い人は、しばらく意識して止めてみる。

   ・ 歯をくいしばるクセのある人も気をつけて止めるように努力する。

   ・ 片方の歯だけで咬む癖はすぐに止める。
  
   ・ 寝姿(うつぶせ寝や横向きを直す。

   ・ 猫背のクセを直す。

   ・ 偏った姿勢を直す。

これらに気を付けたとしても、いったん顎関節症の症状が出てしまうと専門的な診断と治療が必要になるため、かかりつけの歯科医院を受診しましょう! ^^

(※ 今回の内容は 「 都城歯科医師会 」 のリーフレットを参考に記載しています。)