~最後の別れ~

先日の2日、父が亡くなり最後の別れに鹿児島に行っていたため臨時休診とさせていただきました。

その日の朝に、姉から連絡あり朝から意識がないとのことで。

2日の午後2時ごろに亡くなったのですが、つい10日前には家族4人で都城から転院した病院へお見舞いに行ったところでした。

その前は鹿児島のセミナーの帰りに1人でお見舞いへ行っていたのですが、確かに行く度にだんだん元気がなくなっていっていました。

最近ではご飯もあまり食べなくなっていたとのこと。

ところで、昨日の診療後にお通夜へ行くために鹿児島へ。

すでに兄や姉も来ていて。

自分は8人兄弟の一番下なので、一番上の姉とは18歳離れていて、兄は1人だけの姉6人。

 ( 自分の性格から一人っ子か長男に思われるのですが。。。)

こんな時しかそろうこともない年齢になりましたが、お通夜や葬式(家族葬)と言ってもみんなそろうため昔話などで楽しく過ごそうということで、夜中まで話していました。

翌日はさすがに泣かないと思っていましたが、送るときの献花や火葬直前では自然と涙が。。。

今までの父親との思い出がたくさんあり、最後の16年間は都城で一緒にはいませんでしたが、育ててくれてありがとう・・・と感謝の気持ちでいっぱいです。

自分は兄と15歳離れているため、待ち望んだ男の子だったと聞いています。

それで、自分が小学3年生で剣道を始めたときには、とても喜んでいたことなどなど。

いろんな思いありますが、これからはゆっくり休んで下さい、という言葉が一番の気持ちです。