PTA講演会

先月はいろいろあったにも関わらず、時間なくて書けなかったため少しずつ。。。

11月17日(木)の夜は長女の中学校と次女の小学校のPTA合同講演会が公民館であり夫婦で行ってきました。

講師の方はフリーアナウンサーの 坂井 淳子さんで
 
 『 言葉コミュニケーション   ~言葉の力~ 』

という演題。

受付でも結構多くの方々がいらっしゃってて、お父さんの方々もたくさんいるんだろうな~と思っていたのですが、ほとんどが役員の方々。

でもそんなことも気にせず ^^

内容をまとめると

1.自分からあいさつする!(このときも相手の名前をつける、立ち止まるなども重要)

2.相手があいさつしたときに気持ちよくあいさつを返す

3.相手の目を見て話す(うなずくことも大事)

4.相手の話しを横取りしない(相手の話しが終わるのを待ってうなずく)

5.何事もTPOをわきまえる(言葉だけでなく、服装・小物、マナーなども)

というもの。

この内容は中学校ではお昼に生徒たちにもお話ししたそうで、基本的なことだけど自分にはできていないことも多く考えさせられるものでした。(家庭でも、職場でも)

1.に関しても相手はあいさつしないんだ。。。と思うことはあってもそこまでで終わっていましたが、それ以来そう思っても自分からのあいさつを心がけることに変えていっています。

2・も自分のその日の気分に左右されることなく常に意識して。。。

特によく注意されるのは4.で自分は聞いているつもりでもよく人の話しから自分の話に変わっているらしく注意されることもしばしば。

また「 ごめんなさい 」という言葉を添えることによって相手の気持ちを考えたきちんと理由を言える言葉になるが、これがないとただの言い訳にしか聞こえないということもなるほどと感心しました。

5.ではこれからの子供たちのステージは世界なので、世界でははしの持ち方も含めた食事のマナーは特に重要ということも食事中に相手に不快感を与えないように少しずつ意識しています。(今までは食事中の音はあまり意識していなかったので。。。)

最近はいろいろな本を読む機会もあり、よく出てくることが

          『 言葉の重要性 』

自分の口からでてくる言葉の持つ力を意識しつつ、家庭(奥さん、子供たちと)や職場(スタッフや患者さまと)でのコミュニケーションに生かせれば、と再認識した次第でした。

その前の週末は小学校の授業参観とバザーなどが一緒になった毎年恒例の行事もあり、子供たちとの授業参観ではエコクラフトのバッグ作りで悪戦苦闘!

だいたい授業参観は平日にあるためなかなか出席できないので、1年に一回のこの日は日曜日にあるため出席するようにしています。

昨年は陶器つくりだったので力になれたのですが、今年は奥さん方の方が得意な分野?

周りのお母さん方に助けてもらいながら次女と一緒に何とかしているところへ、バザーの係りの仕事を終えた妻が来てくれて無事作品完成!

よく手作りの作品展などでみているものですが、実際作ってみると5段のものでも結構大変!と改めて感じることに。

この日もセミナーもあったのですが、子供と触れ合える時間も少ないのと次女はまだ一緒にいることを望んでくれるのでこちらの行事優先で。(長女の年代になると父親も煙たがれるのでなついてきてくれている貴重な時間確保のため?^^)