涙もろくなった???

昨日は朝から、今ではベストセラーになっている“ホームレス中学生”を読んでいたのをやっと読み終えました。

これは知っている方も多いと思いますが、お笑いの“麒麟”の
田村さんが書いたもので、自分はめちゃめちゃお笑いが好きで、この方がテレビでこれのエピソードを話すたびに大笑いしていました。で本になったと聞いて、すぐ見てみたくなり3日くらいで読みました。

笑いの要素も多いのですが、田村さんの亡くなったお母さんに関しての思いや、1番苦しいときに助けてくれた近所のおばちゃんの西村さんが亡くなった時の、死を認めたくないという気持ちに感動しました。

本の最後に記載してあるお母さんへの言葉などでもほろっときます。

で、それを読み終えてすぐに今度は妻が借りてきていたビデオの“涙そうそう”(妻夫木聡さんと長澤まさみさん主演)を見て、また泣けてきました。
これが、最初はなんとなく見ていたのですが、途中から異母兄妹の兄の妹に対する献身的な姿に本当に感動していたら、その兄も最後には若くして亡くなってしまうのです。
そして、その後の亡くなってからの妹の成人式に、着物とともに手紙が送られてきて、その手紙でまたほろっと来ました。

それから公園に家族で行って、買い物も済ませてから、久しぶりに夕飯を作って食べていると感動した日は涙腺が弱くなっているのか、またまた感動してしまうんですね~。

なんと“鉄腕ダッシュ”のダッシュ村で最初の頃からいた小さい“八木橋”という名前のヤギが段々弱っていってとうとう亡くなってしまう所(人間でいう60歳過ぎくらいとか)で、以前のものすごい笑顔の場面が回想シーンで出てくるのですが、そこでも結構きました。

で、最後が“動物奇想天外”の中で犬の安楽死の場面が最後にあって、今日1日だけで命と向き合って考えるのがこんなに多い日も今までは無かったのでは?って思うくらいでした。

忙しい中で久しぶりにテレビや本を読む時間を取ったのですが、やはりこういう時間も必要なんだと思いました。

なんか不思議で有意義な1日でした。。。